» » 取引時間と通貨ペアの関係

取引時間と通貨ペアの関係
このページで分かること

みなさんはどういった時間帯に取引を行っていますか?
仕事の休憩中や帰宅後、主婦の方は家事の合間にささっとしていたりと、それぞれの都合でトレードを楽しんでいるかと思います。

ちなみに株投資を行う場合、直接取引をできる時間帯は平日の朝9時〜11時30分までの「前場」とお昼休みを挟んだ12時30分〜15時までの「後場」となっています。

しかしFXの場合はなんと24時間!取引が可能となっているのです!

FX会社によっては土日にトレードできない場合もあるのですが、ほとんどの場合は月曜日(早朝)〜土曜(早朝)まで取引が可能で、クリスマスや元旦を除いてマーケットは開いています。

詳しく説明するとひとつの市場が24時間ずっと動いているというわけではなく、世界の様々な市場が時差の関係で常にどこかで動いているからという理由で「24時間」と表しています。

FXは24時間営業の巨大な市場ですが、いつも活発に取引が行われているわけではありません。
通貨ペアによる違いであったり、時間帯による違いもあります。
今回は、その「違い」について詳しく説明します。

時間帯ごとに変動する通貨ペアは異なる?

冒頭でもあったようにFXは24時間取引が可能というのが特徴的ですが、通貨ペアによって為替が活発に変動する時間帯があります。
為替市場は株のように取引所というものが存在するわけではないので、都市名・地域名で呼ばれ、ロンドン市場、ニューヨーク市場、東京市場がFX界の3大市場といわれています。

通貨ペアによって変動する時間帯の違いについてご説明する前に、まず市場がオープンする国の順番とその流れを理解しておきましょう。

市場オープンの時間帯
最初に開く市場はニュージーランド市場です。
そしてすぐ後にオーストラリア→日本→香港と続きます。
これらの市場をアジア市場と呼びます。

アジア市場が終わる頃、ヨーロッパ市場→ロンドン市場とオープンが続き、この2つの市場が後半に差し掛かるころ、最後に米国市場がオープンします。

そして米国市場がクローズを迎える頃、またニュージーランド市場がオープンします。
FXではこのサイクルで、月曜(早朝)から土曜(早朝)まで繰り返されていきます。

時間帯

このように地域ごとに市場オープンの時間帯が異なることによって、通貨ペアの変動が活発になる時間にも影響が出ているというわけなのです。

下記は、主要な3通貨ペアの時間別平均変動率です。
時間帯別平均変動率とは、通貨ペアごとで変動した時間帯の平均を表したものです。
計算方法は、過去21営業日の一時間足(始値・高値・安値・終値)を利用して、 高値-安値(変動幅)を始値にて割って算出します。

▼USD/JPY(米ドル/円) USD/JPY(米ドル/円)

▼EUR/JPY(ユーロ/円) EUR/JPY(ユーロ/円)

▼AUD/JPY(豪ドル/円) AUD/JPY(豪ドル/円) (※画像、計算方法ともにセントラル短資FXより)

どの時間帯でトレードするかを決める場合、どの時間帯でどの通貨ペアが活発に取引されるのか
(どの時間帯が変動が活発なのか)を知っておく必要があります。
手持ち通貨のベストタイミングを狙って、取引ができるとよいでしょう。

夏時間と冬時間

夏と冬 市場のオープン時間について説明しましたが、それぞれの市場が日本時間の何時にあたるかというと季節によって異なります。
米国などは夏時間(サマータイム)制を採用しています。
毎年3月の第2日曜日〜11月の第1日曜日までを夏時間(サマータイム)、それ以外を標準時間(冬時間)と設定しています。

夏時間・冬時間

米国が夏時間だと取引時間が変更されたり経済指標の発表時間が前倒しになったりします。
これにより経済指標やニューヨークの株式市場が1時間早くなりますので注意が必要です。

変更事項 冬時間 夏時間
米国雇用統計 22時30分 21時30分
米国株式市場開始時間 23時30分 22時30分
NYオプションカット 0時00分 23時00分
※NYオプションカット=通貨オプションの権利行使の最終締め切り時間のこと
※通貨オプション=事前に設定された期間や期日に、その価格で買う権利、または売る権利を売買する取引のこと

この夏時間(サマータイム)制ですが、導入しているのは米国だけではありません。
ヨーロッパやオセアニア地域も夏時間(サマータイム)制が導入されており、夏時間は以下の通りです。
※オセアニア地域は南半球の為、日本と季節が逆になります。
(オセアニア地域=オーストラリア、ニュージーランドなど)

国名 夏時間
ヨーロッパ 3月最終日曜日〜10月最終日曜日
オーストラリア 10月第1日曜日〜翌年4月第1日曜日
ニュージーランド 9月最終日曜日〜翌年4月第1日曜日

FX会社の取引時間
夏時間に移行されると、FX会社の取引時間も変更になります。
大手のFX会社のシステムの取引時間は、下記のように変更されます。

FX会社 夏時間(サマータイム) 冬時間(標準)
GMOクリック証券 月曜日午前7時00分〜土曜日午前5時50分 月曜日午前7時00分〜土曜日午前6時50分
DMM FX 月曜日午前7時00分〜土曜午前6時00分 月曜日午前7時00分〜土曜午前7時00分
みんなのFX 月曜日午前7時00分〜土曜日午前5時50分 月曜日午前7時00分〜土曜日午前6時50分
SBI FXトレード 月曜日午前7時00分〜土曜日午前5時30分 月曜日午前7時00分〜土曜日午前6時30分
外為オンライン 月曜日午前7時00分〜土曜日午前5時55分 月曜日午前7時00分〜土曜日午前6時55分
YJFX! 月曜日午前7時00分〜土曜日午前5時50分 月曜日午前7時00分〜土曜日午前6時50分
FXプライム byGMO 月曜日午前7時00分〜土曜日午前5時50分 月曜日午前7時00分〜土曜日午前6時50分
ヒロセ通商(LION FX) 月曜日午前6時00分〜土曜日午前5時00分 月曜日午前7時00分〜土曜日午前6時00分
外為ジャパン 月曜日午前7時00分〜土曜日午前5時50分 月曜日午前7時00分〜土曜日午前6時50分
インヴァスト証券
(シストレ24)
月曜日午前6時10分〜土曜日午前5時50分 月曜日午前7時10分〜土曜日午前6時50分

こうして比較して見てみると、オープン時間が早まったりクローズ時間が1時間後ろ倒しになるといった変更が多いようです。

また夏時間へ移行によって起こる取引時間の変更により、システムメンテナンスに時間帯が変わることもあります。
決済したいときにシステムメンテナンス中なんてことにならないように、保有口座のFX会社のホームページ等でチェックしておきたいですね。

こういった時間制度を把握しておかないと、変動が一番盛り上がっている時を見逃してしまうことになります。
FXにおいて時間は1分1秒が重要となってくるので、夏時間と冬時間の1時間の違いは大きなものと言えるでしょう。

取引が活発な時間帯とそうではない時間帯

FX取引おいて、トレードが活発になる時間帯というものが存在します。
値動きが活発になる時間帯、値動きが加速しやすい時間帯などをあらかじめ把握しておき、取引時間を選択するようにしましょう。

主要通貨ペアでは1日に3回ほど大きく変動する時間帯があります。
その時間帯というのが、「東京」「ロンドン」「ニューヨーク」の3つの市場が始まる時間帯です。

ご存じのように、FXの為替市場は24時間営業していますが、時間によってボラティリティの高い時間帯と、そうではない時間帯というのがあります。
通貨ペアによってもボラティリティの高い時間帯とそうではない時間帯というのがあり、こちらも要チェックです!

※ボラティリティ=価格の変動率のこと。
値幅や価格変動と言うこともあります。

★東京市場
活発な時間:9時〜18時/そうでない時間:19時〜4時

ボラティリティの高めの通貨ペア=USD/JPY、GBP/JPY、GBP/CHFなど
ボラティリティが低めの通貨ペア=AUD/JPY、NZD/USD、EUR/USDなど

SBI FXトレード 米ドル/円のスプレッドが狭い!
なんと言っても米ドル/円のスプレッドの狭さは業界最狭!
その他通貨ペアのスプレッドも低く設定されているので、コストはなるべくかけたくない方にピッタリです。
また、1通貨から取引可能なので少ない証拠金でFXを始めることが可能です!

★ロンドン市場
活発な時間:16時〜2時/そうでない時間:2時〜12時

ボラティリティの高めの通貨ペア=USD/CHF、GBP/CHF、GBP/JPY、GBP/USDなど
ボラティリティが低めの通貨ペア=AUD/JPY、AUD/USD、EUR/CHFなど

セントラル短資FX 豊富な通貨ペア数でさまざまな取引を!
取り扱いペア数が豊富なのが特徴のセントラル短資FX。
取引ツールのひとつである「クイックチャート・トレードプラス」は、チャート分析・取引などをスピーディーに管理できるので、時間帯に合わせてリアルタイム集中トレードをしたい方にオススメ!

★ニューヨーク市場
活発な時間:22時〜7時/そうでない時間:8時〜17時

ボラティリティの高めの通貨ペア=USD/CHF、GBP/USD、GBP/JPY、GBP/CHFなど
ボラティリティが低めの通貨ペア=USD/JPY、AUD/JPY、AUD/USDなど

DMM FX 外出先でもリアルタイムトレードを!
業界最大手のDMM FXは、スマホ画面でも見やすい取引ツールを提供。
チャートも細かく色別でわかりやすく表示されているので、初心者にもオススメです。
取引が活発な時間帯に帰宅できなくても、スマホを使って外出先でサッと注文・確認したいときにも便利です。

とりあえず、この3大市場の各時間帯は頭に入れておいたほうが良いですね!

時間帯によって大きな違いがあるということはお分かりいただけたでしょうか?
FXでお得に賢く取引をしたいのならば、時間帯も味方につけてしまいましょう!

本ウェブサイトで提供している無料情報は、情報の提供を目的としています。
投資、その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。
トレード方法や銘柄の選択、売買価格等投資の最終決定は、ご自身の判断で行ってください。

FXジャンル別ランキング

初心者人気No.1
No1 まったく新しいFX取引
GMOクリック証券
No2 取引ツールが使いやすい
DMM FX
No3 進化した魅力!
外為どっとコム
スプレッドNo.1
No1 ドル/円 0.27銭原則固定
SBI FXトレード
No2 ドル/円 0.3銭原則固定
GMOクリック証券
No3 ドル/円 0.3銭原則固定
DMM FX
取引システムNo.1
No1 年間取引高No,1が物語る
外為オンライン
No2 初心者でも扱いやすい!
DMM FX
No3 Ajaxの取引画面は必見!
みんなのFX
スワップ金利No.1
No1 金利 米ドル円:5円
GMOクリック証券
No2 金利 米ドル円:3円
SBI FXトレード
No3 金利 米ドル円:3円
YJFX!(外貨ex)
口座数No.1
No1 口座数:55万口座
DMM FX
No3 口座数:44万口座突破!
外為どっとコム
No2 口座数:40万口座
外為ジャパンFX
シストレNo.1
No1 圧倒的なストラテジー数!
インヴァスト証券シストレ24
No2 ストラテジーパックが使える
FXプライム byGMO
No3 エコトレFXが使える
ひまわり証券