» » よく分かるチャート、ローソク足の読み方

よく分かるチャート、ローソク足の読み方
このページで分かること

FX取引で重要なことと言えば、売買のタイミングですよね。
このタイミングは適当に決めているわけではなく、多くのトレーダーはチャートを見てしっかりと分析を行なってから取引をしています。
勿論分析していても自分の予想とは逆の方向に為替レートが動くこともありますが、取引を行なう上で1つの目安として利用されています。

そもそもチャートとはどういったものなのでしょうか?
FXで取引をするのであれば、しっかりと意味を理解しておく必要があります。

チャートとは

チャートとは過去の為替レートの値動きを「価格・時間」を軸としてグラフにしたもので口座開設をしたFX会社のホームページは勿論、WEBインストール版、スマホやタブレット端末等のアプリなどで見ることができます。

為替レートの動きをグラフ化したチャートを使って見ることで、ひと目で値動きが把握できます。
そのデータをもとに今後の値動きを予測して、取引のタイミングを決めていく・・・。
これが、基本的な「テクニカル分析」のひとつとなります。

FXで取引を行なうにあたってチャートは売買のタイミングが読み取れる大事なツール。
どのFX会社の取引ツールにも必ずあるもので、基本的な表示形式は「ローソク足」「バーチャート」「折れ線足」の3種類となっています。 3種類のチャート (外為オンラインより)

FX会社のチャートツールは初期設定の段階で「ローソク足」が設定されていることが多いので、まずFXチャートの基本とも言える「ローソク足チャート」の見方について説明したいと思います。

ローソク足とは

ローソク足とは一定期間(日、週、月など)の為替レートの動きを、白色と黒色の真ん中に棒を通した「ローソク足」の連続を表にしたものになります。
(FX会社によっては白色&黒色ではないところもありますが、必ず2色で表示されています。
ここでは、基本的な白色&黒色で説明しています。)

この形が「ローソク」に似ていることと、その形から為替レートがどんな動きをしたのか(足あと)がわかることから、「ローソク足」という名前がつけられるようになりました。 ローソク

ローソク足は100年以上前に日本で開発されてから、世界に広まったと言われています。
世界中の投資家の間では「キャンドル・スティック」と呼ばれ、現在も多くの方に利用されています。

ローソク足は一見シンプルですが、実に多くの情報が含まれています。
ひとつのローソク足の形から、一定期間(日、週、月など)の始値(はじめね)、終値(おわりね)、高値(たかね)、安値(やすね)の、4つの情報がひと目でわかるようになっています。

「始値」=一定期間の中で最初に取引された価格のこと
「終値」=一定期間の中で最後に取引された価格のこと
「高値」=一定期間の取引で最も高い価格のこと
「安値」=一定期間の取引で最も安い価格のこと

それぞれ使用する目的が異なるので、しっかり理解しておきましょう!
チャートでは、1日の値動きを1本のローソク足で表すことを「日足(ひあし)」、月単位で表す
「月足(つきあし)」、年単位で表す「年足(ねんあし)」、分単位の時間で表す「分足(ふんあし)」等があります。

例えば、分足のチャートは1分間という短い時間の為替の変動を表したものとなりますので、デイトレードをされる方はよく見られていると思います。 分足チャート (DMM FXより)

ローソク足には、大きく分けると「陽線(ようせん)」と「陰線(いんせん)」の2種類があります。

陽線」=始値よりも終値が高かった場合のローソク足のこと
陰線」=始値よりも終値が安かった場合のローソク足のこと

そして、始値や終値から上下に伸びた線を「ヒゲ」、中央部分を「実体」といいます。
ローソク足の特徴

「四角と棒の記号だけじゃ、何がなんだかわからない!」という方もいるかと思います。
読み方を一度覚えてしまえばとっても単純なので、見やすく感じますよ!

下記は、チャートのイメージ図によって作られた「陽線」と「陰線」のローソク足です。

最終的に値上がりしたパターン例
110円で新規買いをしたらここが「始値」となります。
レートが変動して最終的に「始値」より高い値段(120円)で売れたらそこが「終値」となり、
「陽線のローソク足」が作成されます。
また、チャート上で一番安かったポイントを「安値」、一番高かったポイントを「高値」と言います。 最終的に値上がりしたパターン

最終的に値下がりしたパターン例
120円で新規買いをしたらここが「始値」となります。
レートが変動して最終的に「始値」より安い値段(110円)で売れたらそこが「終値」となり、
「陰線のローソク足」が作成されます。
チャート上で一番安かったポイントを「安値」、一番高かったポイントを「高値」と言います。 最終的に値下がりしたパターン

このように、レートに変化があるとローソク足は上下に変動していくので、トレンドが一目両全で確認できるのです。 一目瞭然

ローソク足の種類

ローソク足が「陽線」と「陰線」の2種類に分けられるとお伝えしましたが、それをさらに細かく分類することができます。
どこを見て分けられるかというと、ヒゲの有無やヒゲの長さ、実体の長さ等によって判別されます。

細かく分類されたローソク足の種類は数多くありますが、ここではチャート上でよく見るローソク足の種類を説明します。
ある程度パターンも決まっていますので、見分けられるようにしておくと便利ですよ。

↑坊主(陽線) 坊主(陽線)
始値から終値まで一気に上昇したことを示しています。
この後も上昇トレンドが期待出来、底値で坊主(陽線)が出た場合は、買い時とされています。

↓坊主(陰線) 坊主(陰線)
始値から終値まで一気に下降したことを示しており、この後も大きく下降する可能性があります。
天井圏で坊主(陰線)が出た場合は、売り時とされています。

↑大陽線(だいようせん) 大陽線(だいようせん)
実体が長く、価格が大きく変化したことを示しています。
上下にヒゲが出ているものの非常に強気な足で、底値で大陽線が出た場合はこの後も上昇の可能性は大です。

↓大陰線(だいいんせん) 大陰線(だいいんせん)
実体が長く、価格が大きく変化したことを示しています。
上下にヒゲが出ているものの非常に弱気な足で、天井圏で大陰線が出た場合はこの後も下降し続ける可能性があります。

↑小陽線(しょうようせん) 小陽線(しょうようせん)
実体が短く、値動きはあったものの大きな変化が無かったことを示しています。
買いと売りのバランスが均等ですが、値を上げているので上昇傾向ということを表しています。

↓小陰線(しょういんせん) 小陰線(しょういんせん)
実体が短く、値動きはあったものの大きな変化が無かったことを示しています。
下降傾向があり、迷いの状態を示す足。 上下のヒゲが長いほど相場が転換する可能性は高いです。

↑上影陽線(うえかげようせん) 上影陽線(うえかげようせん)
下ヒゲが無いか、上ヒゲよりも短い陽線です。
一旦上がったものの、最終的には落ちて、始値よりは高いものの下がって終えた足です。

↓上影陰線(うえかげいんせん) 上影陰線(うえかげいんせん)
下ヒゲが無いか、上ヒゲよりも短い陰線です。
上影陽線よりもさらに弱く、上がったものの、その後は下がり、始値を割った水準に下げて終わった足です。

↑下影陽線(したかげようせん) 下影陽線(したかげようせん)
上ヒゲが無いか、下ヒゲよりも短い陽線です。
下ヒゲが長いので下降気味だったものの、価格が上がってきたことを示しています。
底値で下影陽線が出た場合は、この後も上昇の可能性があります。

↓下影陰線(したかげいんせん) 下影陰線(したかげいんせん)
上ヒゲが無いか、下ヒゲよりも短い陰線です。
価格は下がったけれど、戻そうと試みるも始値に届かないという反発の弱さを表します。

↑トンボ トンボ
実体がなく下ヒゲが長いローソク足。 一旦は売りこまれたものの、戻したことを表しています。
しかしそこから上昇トレンドに転換しやすくなります。

↓トウバ トウバ
実体がなく下ヒゲがないローソク足。 寄り付き後、買い上がったものの勢いが続かなかったことを表しています。
トレンドのピークで現れると、その後は下降傾向にあります。

↑↓十字線(じゅうじせん)=寄引同事線 十字線(じゅうじせん)=寄引同事線
始値と終値の値が同じで、買いと売りの勢いが均等になっている線です。
上昇から下降、下降から上昇への転換期となります。

ローソク足チャートの種類

ローソク足のチャートの形状は色々あり、特徴も様々です。
その中でも代表的なパターンがいくつかあり、その動きから分析のヒントを読み取ることができます。

中でも「ダブルトップ」と「ダブルボトム」はローソク足チャート界(?)では有名なので、名前くらいは聞いたことがあるかもしれませんね。
この2つのチャートパターンは、2点型の頂上と、2点型の底を表しています。

▽ダブルトップ
ダブルトップは、以下のような形のパターンです。 ダブルトップ アルファベットの「M」のような形をしているのがわかりますでしょうか?

▽ダブルボトム
ダブルボトムは、ダブルトップの逆パターンです。 ダブルボトム これは、アルファベットの「W」の形・・・に見えますよね!

上記のチャートパターンのように、毎回キレイに形が出るわけではありません。
崩れ気味の「ダブルトップ(M形)」や「ダブルボトム(W形)」になることもあります。

このようなチャートが表れる時とは、主にトレンドの転換が起こる時に出現するので
トレンド転換のサイン」という風にも言われています。
しかし、出現したからと言って必ずトレンドが転換する!というわけではなく、トレンドが転換する可能性が高いんだなぁ〜くらいに考えを止めておくことが重要です。
あとは自分がこうであろうという可能性が高いほうに賭けましょう。
だめなら損切りをするばいいのです。

こういったパターンがあるということを覚えておくだけでも、FX取引の勝率UPへと繋がっていくでしょう。

本ウェブサイトで提供している無料情報は、情報の提供を目的としています。
投資、その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。
トレード方法や銘柄の選択、売買価格等投資の最終決定は、ご自身の判断で行ってください。

FXジャンル別ランキング

初心者人気No.1
No1 まったく新しいFX取引
GMOクリック証券
No2 取引ツールが使いやすい
DMM FX
No3 進化した魅力!
外為どっとコム
スプレッドNo.1
No1 ドル/円 0.27銭原則固定
SBI FXトレード
No2 ドル/円 0.3銭原則固定
GMOクリック証券
No3 ドル/円 0.3銭原則固定
DMM FX
取引システムNo.1
No1 年間取引高No,1が物語る
外為オンライン
No2 初心者でも扱いやすい!
DMM FX
No3 Ajaxの取引画面は必見!
みんなのFX
スワップ金利No.1
No1 金利 米ドル円:5円
GMOクリック証券
No2 金利 米ドル円:3円
SBI FXトレード
No3 金利 米ドル円:3円
YJFX!(外貨ex)
口座数No.1
No1 口座数:50万口座
DMM FX
No3 口座数:43万口座突破!
外為どっとコム
No2 口座数:40万口座
外為ジャパンFX
シストレNo.1
No1 圧倒的なストラテジー数!
インヴァスト証券シストレ24
No2 ストラテジーパックが使える
FXプライム byGMO
No3 エコトレFXが使える
ひまわり証券