» » 投資家の心理を利用したチャートの読み方

投資家の心理を利用したチャートの読み方
このページで分かること

チャートは投資家の心理状態を映す鏡

チャートというのは奥が深いもので、様々な種類のチャートがあります。
意外と誰も意識していないことですが、為替相場のチャートは機械的に作られているわけではなく、
FX取引をしている人々の心理(群衆心理)によって形が作られていきます。

例えばチャートが暴落する時、取引中の人々は自分のポジションがどうなってしまうのか恐怖にかられている状態にあるので、含み益のポジションを持っている人は急いで利食いをして、含み損のポジションを持っている人は、急いで損切りします。

含み益=まだ売買を確定させていない状態での利益
含み損=まだ売買を確定させていない状態での損失

恐怖 利益は確実に欲しいという欲とこれ以上損を出したくない恐怖が、一瞬にして下落相場のチャートを作り出してしまうのです。

初心者にある例を出すと取引を始めて「自分が買うと価格が下がる」もしくは「自分が売ると価格が上がる」という心理を経験したことがある人は、多くいるのではないでしょうか?

あるいは、今でもよくこの経験するよって人もとても多いです。
まさに『失敗の例』なんですけどね。

このようにチャートは無意味に作られているのではなく、人々の心理状態を鏡で映したような動きで作られているということを理解しておかなければなりません。
その上でテクニカル分析などを行なって、戦略やシナリオを立ててトレードしているんですね。

恐怖心理を示す「VIX指数」とは?

「VIX指数」のVIX(ビックス)とは、英語で「ボラティリティ・インデックス(Volatility Index)」を指し、
その略称のことです。
S&P500を対象とするオプション取引の値幅を元に算出され、投資家たちの心理を示すデータとして利用されています。

≪S&P500ってなに?≫
アメリカの投資情報会社である「スタンダード・アンド・プアーズ社」がNASDAQ、ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所に上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出している株価指数のこと。

この指数は時価総額加重平均型株価指数で、つまり

(対象銘柄の時価総額合計)÷(一時点での時価総額合計)

という計算式で出します。
S&P500の表記単位はポイントで、値動きの単位は0.01ポイントとなっています。

VIX指数は、相場が下落して投資家の警戒感(恐怖感)が高まると数値が上がります。
この数値が高ければ高いほど、投資家が今後の相場の動きに不透明感を持っているとされます。

通常10〜20程度の数値だと言われることが多いですが、2008年に起きたリーマンショック後の傾向は、14〜24くらいで推移しているようです。

価格暴落時には30〜40といった数値に上がり、投資家の心理状態は下記のようになります。
・30を超える→今後の相場の先行きが不安な状態
・40を超える→不安が非常に増してパニック状態
こういったことから投資家達の感情を反映する「恐怖指数」とも呼ばれています。

ちなみに2008年のリーマンショック後から、VIX指数は80を超えるまで上昇しました。
40を超えるだけでもパニック状態なのに、80だなんて・・・。
市場全体が恐怖の極みに達していた状況にあったと言えるでしょう。

過去のVIX指数

過去の歴史的な相場の変動において、記録的VIX指数は以下の通りです。

日付 出来事 VIX指数
1993年12月 史上最低数値の9.31を記録 9.31
1997年10月 アジア通貨危機(アジア各国の急激な通貨下落現象) 38.2
1998年10月 ロシアデフォルト(ロシア通貨危機の流れLTCM破綻) 45.74
2001年9月 米同時多発テロ後の混乱(9月11〜16日は株式市場が休場) 43.74
2002年8月 ワールドコム破綻(エンロン不正会計事件) 45.08
2003年3月 リーマンブラザーズ破綻 31.7
AIG国有化 30.3
米下院で金融安定化法案が否決 46.72
2008年10月 リーマンショック過去最高数値を記録 81.17
2010年5月 ギリシャ(PIGS)の国債懸念、19日ドイツ空売り規制導入など 45.79
2011年8月 6日のS&Pが米国債を格下げを受けダウ634ドル安 48

※下記は、2001年〜2015年までのVIX指数を日足で表したチャートです。 VIX指数チャート (chartparkより)

経済指標の影響を確認

「経済指標」といっても、種類は様々です。
FXの場合、通貨を発行している国ごとで独自の経済指標を公表しているため最初は何を見れば良いのかわからない方が多いのではないでしょうか。

経済指標とは、それぞれの国の経済状況・金融政策・景気状況などを数値化した指標のことですが、
その経済指標は全てを正確に表していない場合もあります。
しかし経済指標の情報のみで取引を行う人もいるくらいなのでFXでの経済指標は大きな情報と言えるでしょう。

では、なぜ経済指標がFXに大きな影響を与えるのかというと、答えは簡単!
この経済指標の発表によって市場に動きが見られるからです。
指標の中でも、市場に影響力がある情報が常に重要な情報だということですね。

経済指標の見方

それぞれの国の経済状況・金融政策・景気状況など、さまざまな経済指標が発表される中で、
アメリカの「雇用統計」などは投資家に常に注目される指標です。

「雇用統計」とは、国内のある時点における労働者数や失業率についての統計のことで、毎月第一金曜日の21時半(サマータイム期間)または22時半(標準時間)に発表されます。

アメリカの経済は、GDP全体のうち8割が個人消費で占められているため、雇用情勢が景気に大きな影響を及ぼします。
そのため、雇用統計が注目を集めるのです。
(※GDP=国内総生産のことで、日本国内で1年間に新しく生み出された生産物やサービスの金額の総和を指す。)

経済新聞 日頃から経済指標に注目することで、為替市場の今後の動向などの予測をたてることが可能になります。
経済指標は、各FX会社の公式サイトにあるマーケット情報などでも見ることができます。
(※マーケット情報があっても「経済指標」がない場合もありますので、会社ごとに確認してください)

下記にFX会社の公式サイトに「経済指標」がある業者を紹介します。
画像上部に、TOPページからのクリック順を記載しています。
※画像はクリックで拡大出来ます。

GMOクリック証券(FXネオ)

GMOクリック証券 ?TOPページ→
?サービスガイド→
?FXネオ→
?経済カレンダー

DMM.com証券(DMM FX)

DMM FX ?TOPページ→
?マーケット情報→
?経済指標

外為オンライン

外為オンライン ?TOPページ→
?マーケット/動画→
?マーケットカレンダー

SBI FXトレード

SBI FXトレード ?TOPページ→
?マーケット情報→
?経済指標

※上記画像は、2015年5月現在のものです。

当サイトおすすめのFX会社

FX初心者・上級者関わらず、多く利用されているFX会社
GMOクリック証券
(FXネオ)
取引ツールも充実していて、画面の見やすさが人気の理由のひとつです。
取引システムの種類(インストール版など)も豊富で、色々選べるのも楽しい。
「DMM FXの口座を持っている」という人はかなり多い!
DMM.com証券
(DMM FX)
複数の口座を開設している中のひとつにDMM FXは必ずいるといってもいいくらいでは!?
それほど人気で、信頼のあるFX会社であるということは間違いなさそうです。
初心者でも簡単に使えるシンプルさは、余計なものがなく使いやすい
外為オンライン 公式サイトには、アナリストによるレポートなどのオリジナルコンテンツが盛りだくさん!
また、基礎から実践までしっかり学べることで人気のセミナーは、一度受けてみてはいかがでしょうか?
最短5分で口座開設ができてしまうスピーディーさが魅力
SBI FXトレード 経済指標はもちろん、その他様々な情報も公式サイトには掲載されており、トレードの参考になるものがたくさん!
大手だからこその情報量は本当に助かります!
本ウェブサイトで提供している無料情報は、情報の提供を目的としています。
投資、その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。
トレード方法や銘柄の選択、売買価格等投資の最終決定は、ご自身の判断で行ってください。

FXジャンル別ランキング

初心者人気No.1
No1 まったく新しいFX取引
GMOクリック証券
No2 取引ツールが使いやすい
DMM FX
No3 進化した魅力!
外為どっとコム
スプレッドNo.1
No1 ドル/円 0.27銭原則固定
SBI FXトレード
No2 ドル/円 0.3銭原則固定
GMOクリック証券
No3 ドル/円 0.3銭原則固定
DMM FX
取引システムNo.1
No1 年間取引高No,1が物語る
外為オンライン
No2 初心者でも扱いやすい!
DMM FX
No3 Ajaxの取引画面は必見!
みんなのFX
スワップ金利No.1
No1 金利 米ドル円:5円
GMOクリック証券
No2 金利 米ドル円:3円
SBI FXトレード
No3 金利 米ドル円:3円
YJFX!(外貨ex)
口座数No.1
No1 口座数:50万口座
DMM FX
No3 口座数:43万口座突破!
外為どっとコム
No2 口座数:40万口座
外為ジャパンFX
シストレNo.1
No1 圧倒的なストラテジー数!
インヴァスト証券シストレ24
No2 ストラテジーパックが使える
FXプライム byGMO
No3 エコトレFXが使える
ひまわり証券