» » 移動平均線をマスターしてFX取引

移動平均線をマスターしてFX取引
このページで分かること

日々の生活において、タイミングが良いと上手くいくことは多いですよね。
FX取引を行うにあたってもタイミングは非常に重要となります。

FXでいうタイミングとは、売買のタイミングのことを指します。
売買タイミングを図るために知っておくべき指標として、「移動平均線」というものがあります。

値動きの流れを知るための指標のことを「テクニカル指標」といいますが、その中で最もポピュラーな指標のひとつが移動平均線です。

これから取引をしていくのであれば、その移動平均線の意味を理解して、使用方法も正しく習得しておく必要があります。

このページを読み終えた頃には、移動平均線についての理解は完璧になっていると思います!

移動平均線とは

チャート ほとんどの会社のチャートには、ローソク足や棒グラフのほかに、折れ線で描かれたグラフがあると思います。
この折れ線が「移動平均線」と呼ばれるものです。

移動平均線とは、過去にさかのぼり一定期間の終値の平均値を出して、そのレートを線で表したものを言います。

為替レートはバラつきが出ることが多いので、そういったデータの平均を出し数値を連続表示することで方向性を把握することが可能となります。

簡単にいうと、移動平均線は過去の平均を教えてくれるものということになります。
一目見るだけでトレンドが確認できるので、テクニカル分析の基本中の基本ということになりますね。

移動平均線はそれぞれの期間における終値の平均値となりますので、移動平均線の計算期間が
短ければ短いほど、現在の値動きへの影響は大きくなります。

逆に、平均する期間を長くすれば現在の為替レート変動への影響が小さくなりますので、平均線の動きは緩やかとなります。

移動平均線を理解するためには、移動平均線がどのように作成されるのかを知っておきましょう!

ここでは日足の移動平均線である『5日の移動平均線』の作成方法を説明します。
ひとつでも移動平均線の作成の仕方を覚えてしまえば、あとはその応用となりますので
「結構簡単だった!」と思えるようにもなります。

移動平均線の作成方法

移動平均線のチャートにおいて、日足(ひあし=1日ごとのローソク足)の場合は5日、25日、75日
という期間で作成されるのが一般的です。

この期間は、5日=1週間、25日=1ヶ月、75日=3ヶ月ということを意味しており、5日を短期、
25日を中期、75日を長期の移動平均線と呼びます。

≪5日移動平均線≫
直近5日間の終値の平均値を1日ずつずらし、その数値を連続表示して作成された線のことです。

(例)7営業日分の終値が下記の数値だった場合
1日=100円/2日=105円/3日=110円/4日=115円/5日=120円/6日=125円/7日=130円

1日目の100円から5日目の120円までの数値の平均値を算出すると、110円になります。
5日間の平均値110円を5日目に点として配置、移動平均線のスタート地点が作成されます。

手順?

次に、2日目の105円から6日目の125円までの終値の平均値を算出すると、115円になります。
これを6日目に点として配置して、スタート地点である平均値110円と繋げると一本の線ができます。

手順?

このように作成方法を1日ずらして作業していくと移動平均線が作成される仕組みとなります。

作成方法をご説明しましたが、ほとんどの会社ではコンピュータが自動で計算して作成してくれるので、自分で作成する必要はありません。
しかし、どうやって作成されているのかを知ることはとっても大事なので、覚えておきましょう。

移動平均線の使い方

移動平均線は、1日の終値が更新されるとローソク足とともに変化しながら移動していきます。
では実際にどのように活用していけば良いのでしょうか?

チャートには、一般的に短期と長期の2本の移動平均線が表示されています。
FX取引にどう生かせば良いのかというと分かりやすいのは「トレンドの確認」です。
一目でトレンドがわかるので、初心者にも見やすいかと思います。

短期的な為替レートの流れを見る場合は短期の移動平均線を利用し、長期的な為替レートの流れを見る場合は長期の移動平均線を利用します。

移動平均線はFX初心者にわかりやすい分析方法で売買のタイミングを判断できる方法の1つ。
移動平均線を終値が上回ったら『買いシグナル』、下回ったら『売りシグナル』です。

買いのシグナルと売りのシグナル

移動平均線の種類

確認 移動平均線にはいくつかの種類があり、「移動平均線の作成方法」でも説明した日足で作成されるもの、週足(しゅうあし=1週間の値動きのローソク足)で作成されたものがあります。

日足の場合5日(1週間)、25日(1ヶ月)、75日(3ヶ月)期間で作成されることが多く、週足は13週(3ヶ月)、26週(6ヶ月)、57週(1年程度)が一般的に利用されます。

平均線 線の内容 利用目的
5日移動平均線 直近5日間の終値の平均値を算出 短期的な為替レートの変動を図るため
25日移動平均線 直近25日間の終値の平均値を算出 約1ヶ月の為替レートの流れの確認。
スイングトレードなどでも使用可能
(※スイングトレード=数日間で売買を済ませる短期売買のトレード方法)
75日移動平均線 直近75日間の終値の平均値を算出 25日移動平均線とのクロス確認で為替レートの流れがどう変動するか確認
13週移動平均線 直近13週間の終値の平均値を算出 日足とは異なり、週足チャート上で閲覧可能。
翌日の移動平均線は1日手前にずらした13週間のデータの平均を計算
26週移動平均線 直近26週間の終値の平均値を算出 平均線が右肩上がりの時は上昇トレンド
57週移動平均線 直近57週間の終値の平均値を算出 ほぼ1年間の平均線なので、長期トレード向き

それぞれの移動平均線を、ご自身の状況に合わせて確認してするようにしましょう。

ゴールデンクロスとデッドクロス

移動平均線についてWEBなどで調べてみると『ゴールデンクロス』や『デッドクロス』という言葉を目にしたことがある人も少なくないと思います。

ゴールデンクロスやデッドクロスはテクニカル分析の売買では有名な売買シグナルです。
(※売買シグナル=FX会社から提供される売買に関する情報のこと)

ゴールデンクロス
テクニカル分析を行うために使われる言葉で、「買いのシグナル」として知られています。
移動平均線など使用する際に見られるシグナルで、短期移動平均線が長期移動平均線を下から上へ突き上げる時点のこと。

ゴールデンクロス

デッドクロス
テクニカル分析を行うために使われる言葉で、「売りのシグナル」として知られています。
移動平均線など使用する際に見られるシグナルで、短期移動平均線が長期移動平均線を上から下へ突き抜ける時点のこと。

デッドクロス

上記は移動平均線の特性を利用して相場の方向性などの予測をする為のチャートパターンの1つ。
トレンドを意識した取引を行う上で基本的な売買シグナルといえます。

しかし、このチャートパターンには注意しなければならないことが2点あります。
1点目は、トレンドフォロー系指標の特徴とも言える遅効性です。
値動きの変動が指標に出されるまで遅いことがしばしばあるので、気をつけましょう。

2点目は全テクニカル分析に言えることですが、売買シグナルに「ダマシ」があることがあります。
ゴールデンクロスやデッドクロスは100%信頼できるものではなく、ゴールデンクロス後に下降したり、デッドクロス後に上昇するケースも珍しくものではありません。

ダマシを避けるために、他のテクニカル指標の売買シグナルも確認してみて、いくつか照らし合わせてみることもひとつの方法です。

ダマシ

移動平均線についてまとめると「トレンドを把握できる」「売買タイミングの目安にできる」
ことが挙げられるのでFXを始めたばかりの方は参考にしてみると良いでしょう。

まずは口座開設

1,000通貨から取引可能&手数料も無料!
外為ジャパン FX会社の中でも狭いスプレッドを提供している外為ジャパンは、低コストで始められると評判の会社のひとつです。
スマートフォンやタブレッド端末にも対応していて、どれも見やすい工夫がされているので、細かいチャートもしっかりと確認できます!
多機能のチャートから分析が可能です!
外為どっとコム
(外貨ネクストネオ)
1画面に必要な情報がまとめられているので、初心者でも見やすいツール画面となっています。
また、スピード重視の短期取引をしたい方に最適!多機能なチャート分析が行なえるため、情報収集もばっちりです。
口座を開設しておいて間違いない会社のひとつです!
ヒロセ通商
(LION FX)
取扱い通貨ペアは「50」と業界最多レベルです。
少ない資金から始められたり、トレンドがわかりやすいようにテクニカル分析の平均足を実装してくれるので、FX初心者には魅力的な会社です。
高金利のスワップポイントで人気!
セントラル短資FX 高金利通貨のスワップポイントが高いことから中〜長期トレードをする方にも人気があります。
無料配信の情報サイト『FXライブ!』や、チャートパターン予想の『みらいチャート』も提供しており、情報収集ツールも充実しています。
本ウェブサイトで提供している無料情報は、情報の提供を目的としています。
投資、その他の行動を勧誘する目的で運営しているものではありません。
トレード方法や銘柄の選択、売買価格等投資の最終決定は、ご自身の判断で行ってください。

FXジャンル別ランキング

初心者人気No.1
No1 まったく新しいFX取引
GMOクリック証券
No2 取引ツールが使いやすい
DMM FX
No3 進化した魅力!
外為どっとコム
スプレッドNo.1
No1 ドル/円 0.27銭原則固定
SBI FXトレード
No2 ドル/円 0.3銭原則固定
GMOクリック証券
No3 ドル/円 0.3銭原則固定
DMM FX
取引システムNo.1
No1 年間取引高No,1が物語る
外為オンライン
No2 初心者でも扱いやすい!
DMM FX
No3 Ajaxの取引画面は必見!
みんなのFX
スワップ金利No.1
No1 金利 米ドル円:5円
GMOクリック証券
No2 金利 米ドル円:3円
SBI FXトレード
No3 金利 米ドル円:3円
YJFX!(外貨ex)
口座数No.1
No1 口座数:55万口座
DMM FX
No3 口座数:44万口座突破!
外為どっとコム
No2 口座数:40万口座
外為ジャパンFX
シストレNo.1
No1 圧倒的なストラテジー数!
インヴァスト証券シストレ24
No2 ストラテジーパックが使える
FXプライム byGMO
No3 エコトレFXが使える
ひまわり証券