» » MT4チャートのカスタマイズと保存方法

MT4徹底攻略ガイド

もくじ

MT4チャートのカスタマイズ方法 メタトレーダー(MT4)では、様々なテクニカル指標を表示させて分析をすることが可能です。
FX取引をする上で分析は大切な作業のひとつです。その指標が自分にとって見やすいものだったら判断力もつきやすいのではないでしょうか。

特に、移動平均線やRSI等のよく使われるテクニカル指標は使う人それぞれの好みがあると思います。

期間は21日(中期線)の移動平均線がいい」という人や、「短期と長期をどちらも表示させたい」といった人など、好みはもちろん、その時の個人状況によっても変わってきます。

それぞれの好みを反映させるには、テクニカル指標それぞれの「プロパティー」を変更してみてください。 「プロパティー」でテクニカル指標に関する様々な設定を行うことができるので、みるみる内に自分好みの指標が完成します。

今回は移動平均線を例として、指標を表示させるところからパラメーターの変更、さらに表示させた指標やチャートのローソク足などの色を変更する方法までを詳しく解説していきますね。

テクニカル指標をチャートに表示させる

画面上部のツールバーにある「indicators」ボタンをクリックします。
するとプルダウンメニューが出てくるので、「トレンド」の「Moving Average」をクリックします。
※Moving Averageは、移動平均という意味です。

MT4チャートのカスタマイズ方法

「Moving Average」のプロパティーウィンドウが開きます。

MT4チャートのカスタマイズ方法

まずはこのまま「OK」をクリックして先に進みます。
そうすると、チャートの中に移動平均線が赤色で表示されました。

これが移動平均線の初期設定での表示です。

MT4チャートのカスタマイズ方法

チャートにテクニカル指標を表示させるには、「ナビゲーターウィンドウ」からの操作でも可能です。
と、その前に、ナビゲーターウィンドウの表示のさせ方についてちょっとおさらいしときますね。

初期画面だと左側に「ナビゲーターウィンドウ」が表示されていると思いますが、表示されていない場合は下記3つの方法からお好きなやり方を選んでください

▼ナビゲーターウィンドウの表示方法

?画面上部のツールバーにある「Navigator」ボタンをクリックする。

?ツールバーの「表示」から「ナビゲーター」をクリックしても表示する。

?「Ctrl」キー+「N」キーで表示させる。
→Navigator(ナビゲーター)の「N」と覚えてしまいましょう!

MT4チャートのカスタマイズ方法

「ナビゲーターウィンドウ」が表示されていなかった人も、これで完璧に表示できたと思うので、
テクニカル指標の表示手順に戻ります。

「ナビゲーターウィンドウ」の中の「罫線分析ツール」の左にある「+」をクリックするとテクニカル指標の一覧が表示されます。

この中の「Moving Average」をダブルクリックするか、チャートにドラッグ&ドロップすると、上記でも説明した「Moving Average」のプロパティーウィンドウが開きます。

MT4チャートのカスタマイズ方法

これで準備は完了です!

テクニカル指標のパラメーターを設定する

では次に、移動平均線の設定を変更してみましょう。
すでに表示されているテクニカル指標のプロパティを変更するには、表示済みのテクニカル指標の上をダブルクリックすると設定できます。

あるいは、チャート上で右クリックして「表示中の罫線分析ツール」から、変更したいテクニカル指標を選択してから「編集」をクリックすることで変更することができます。

すると、先ほどと同じ「Moving Average」のプロパティーウィンドウが開きます。

今回は、75日の単純移動平均線を黄色のラインで、少し太く表示してみましょう。

MT4チャートのカスタマイズ方法

「期間」の数字を「75」に変更します。
・・・75期間という設定になるので、1時間足の場合は75時間の移動平均線になります。

「表示移動」は「0」のままです。
・・・入力した数字だけ移動平均線が前後に移動する設定となります。

「移動平均の種別」は「Simple」を選択します。
・・・通常の単純移動平均(SMA)を表示させます。

その他移動平均の種別
Exponential 指数平滑移動平均(EMA)
Smoothed 平滑移動平均(SMMA)
Linear Weighted 線形加重移動平均(LWMA)

「適用価格」は「Close」を選択します。
・・・終値を使って平均値を計算するということです。
通常は「Close」を使いますが、高値や安値など終値以外の数値を使いたい場合は変更してみて下さい。

「スタイル」でラインの色をYellow(黄色)、太さは一段階太いものを選択します。
・・・ここで線の色を変更したり、線の種類を変更することもできます。

これで「OK」をクリックして下さい。

MT4チャートのカスタマイズ方法

設定した内容の移動平均線が反映されました。

複数の移動平均線を表示させる

では次に、複数の移動平均線を同じチャート上で確認したい時、複数の指標を追加する方法をご紹介します。

先ほど上記で表示させた75日移動平均線の他に、さらに100日移動平均を合わせて表示させてみましょう。 今度はピンクの破線で表示させるように設定します。

先ほどと同じ要領で、「ツールバー」または「ナビゲーターウィンドウ」から「Moving Average」をクリックして、「Moving Average」のプロパティーウィンドウを表示させます。

MT4チャートのカスタマイズ方法

今度は期間を「100」、スタイルで「ピンク」と「破線」を選択します。
この時、線の太さを変更すると線の種類を変更することができなくなるので、一番細い線を選択してください。

これで「OK」をクリックします。

MT4チャートのカスタマイズ方法

これでチャートに黄色の75日移動平均線と、ピンクの破線の100日移動平均線が同じチャート上に表示されました。

メタトレーダー(MT4)では移動平均線だけでなく、様々なテクニカル指標を複数同時に表示することができますので、お好みの設定にチャートをカスタマイズしていってください。

チャート・ローソク足の色を変更する

MT4のチャートは、背景やローソク足などの色を見やすいように変更することができます。
ここでは、初期画面の黒背景チャートから、白背景のチャートに変更する方法と、ローソク足の色を変更する方法を解説します。

■チャート上の右クリックをするとメニューが開くので、「プロパティー」を選択します。
※「F8」キーをクリックするだけでプロパティーを開くことも可能です。

MT4チャートのカスタマイズ方法

■プロパティー開いたら「色の設定」タブを表示して、基本配色「Black On White」を選択します。(背景色の変更)
※「Black On White」=白背景に黒という意味です。

■次に上昇ローソク足を(Blue)、下降ローソク足を(Red)に変更します。(ローソク足の色変更)
※上昇バー、下降バーは、ローソク足の外側の枠線の色設定です。

■「OK」をクリックして確定します。

MT4チャートのカスタマイズ方法

※変更を反映したくないときは「キャンセル」をクリックします。
※やっぱり初期設定のままがいい時は「リセット」をクリックして元に戻してください。

MT4チャートのカスタマイズ方法

例えば背景色が白の場合、ラインも白だとラインが見えなくなってしまいます。
インジケーターやラインの色設定によっては背景色とかぶってしまって見づらくなることがある為、そのときはチャートの背景色を変えるか、ラインの色を変えるなどして対応してください。

わざと背景と同じ色にしてラインを消す(見えなくする)といった使い方も全然アリです。
都合に合わせてカスタマイズしてみてくださいね!

定型チャートとして保存する

上記でも解説してきたように、テクニカル指標の追加、バーの種類や色などを設定するのは便利ですが、毎回設定するのは正直面倒ですよね。

そんな時、このチャート設定を新しいチャートを開いた時すぐに自分好みの設定を反映させる方法があります。 下記では、チャートの設定をテンプレート化して保存しておく方法について説明しますね。

保存方法
まず、好みのチャートの設定ができている状態にできたら、上部メニューから「チャート」をクリックして、その中から「定型チャート」を選択し、「定型として保存」をクリックします。(?)
※ツールバーのアイコンをクリックしても選択できます。(?)

MT4チャートのカスタマイズ方法

「名前を付けて保存」ウィンドウが表示されますので、変更した設定に何でも良いので名前を付けて保存します。
※ここでは「テスト」というファイル名にして保存しておきます。

MT4チャートのカスタマイズ方法

これで定形チャートの保存が完了しました!

反映方法
上記「テスト」を読み込むことで、保存した設定を他のチャートにも反映させることができます。
(これは便利!)

下記の画像は、新しくチャートを立ち上げたところです。
初期設定:1時間足、バーチャート、基本配色「Green On Black」

MT4チャートのカスタマイズ方法

ツールバーのアイコンから、先ほど保存した「テスト」ファイルをクリックします。
すると、先ほど保存していた「テスト」の設定が反映されました。

MT4チャートのカスタマイズ方法

自分の使いやすい様に設定したら、チャート設定を保存しておきましょう。

★ちょいワザ★
保存名を「default」にしておくと、新規チャートを開くたびに初期設定として反映されるので、チャートを開くたびに設定を変更するのが面倒くさい!という方はこの設定をしておくといいですよ!

また、複数のチャート設定を名前を分けて保存することで、チャートの使い分けも可能となります。
是非活用してみてください。

▼下記のボタンから、関連するページヘ移動できます▼

≪ インジケーター追加 に戻る 次は ローソク足に5本と6本がある理由 ≫

FXジャンル別ランキング

初心者人気No.1
No1 まったく新しいFX取引
GMOクリック証券
No2 取引ツールが使いやすい
DMM FX
No3 進化した魅力!
外為どっとコム
スプレッドNo.1
No1 ドル/円 0.27銭原則固定
SBI FXトレード
No2 ドル/円 0.3銭原則固定
GMOクリック証券
No3 ドル/円 0.3銭原則固定
DMM FX
取引システムNo.1
No1 年間取引高No,1が物語る
外為オンライン
No2 初心者でも扱いやすい!
DMM FX
No3 Ajaxの取引画面は必見!
みんなのFX
スワップ金利No.1
No1 金利 米ドル円:5円
GMOクリック証券
No2 金利 米ドル円:3円
SBI FXトレード
No3 金利 米ドル円:3円
YJFX!(外貨ex)
口座数No.1
No1 口座数:55万口座
DMM FX
No3 口座数:44万口座突破!
外為どっとコム
No2 口座数:40万口座
外為ジャパンFX
シストレNo.1
No1 圧倒的なストラテジー数!
インヴァスト証券シストレ24
No2 ストラテジーパックが使える
FXプライム byGMO
No3 エコトレFXが使える
ひまわり証券