» » MT4インジケーター追加方法

MT4徹底攻略ガイド

もくじ

インジケーターとは

メタトレーダー(MT4)の特徴として、「インジケーターが豊富で使いやすい」「インジケーター追加してを自分好みにカスタマイズできる」などと、メタトレーダー(MT4)利用者はインジケーターの魅力についてこのように語ることが多いです。

MT4を導入したばかり初心者からしたら、何の事やらサッパリ・・・といった感じですよね。
このページでは、メタトレーダー(MT4)のインジケーターについて詳しく説明します。

MT4インジケーター追加手順

メタトレーダー(MT4)のインジケーターとは、チャート上にテクニカル指標を表示するプログラムのことです。

現在ご自身のパソコンにインストールしたメタトレーダー(MT4)に入っているインジケーターを見たい時は、ナビゲーターウィンドウを画面に表示するとインジケーターを一覧にして見ることができます。

そこから使いたいインジケーターを選んでチャート上にドラッグすると、インジケーターのプロパティ画面が開き、パラメータを設定して「OK」を押すと、チャートにインジケーターが表示される。という流れになります。

ザッと文章だけで説明しても、初心者にとっては結構難しく感じるかと思います。
(あっ、一回やり方を覚えちゃえば結構簡単に追加出来るので安心してください〜)

また、インジケーターは外部からダウンロードしてきてそれを追加するというやり方もあるので、下記ではダウンロードからのインジケーター追加方法を詳しく解説していきますね!

インジケーターの追加&表示

FXトレーダーにとって必需品ともいえるメタトレーダー(MT4)ですが、インジケーターを追加していくとより一層使いやすくなるのは言うまでもありません。 上級者トレーダーともなると様々な指標を追加しており、さらにはそのプログラムを自らカスタムしていく人もいるくらいです。

ボリンジャーバンドや移動平均線、RSI、MACDなどのメジャーなインジケーターは、最近のメタトレーダー(MT4)なら標準でセットされていますが、インストールした初期の状態では数はそれほど多くありません。。。物足りないなと思った方は、インジケーターの追加をしてみましょう。

インジケーターは有料のものと無料のもの、それぞれたくさんあります。
WEBで探すことが出来、無料インジケーターも多く配布されていますので、必要な物はどんどん追加しましょう。

インジケーター追加の手順としては次の通りです。

【1】使いたいインジケーターを探す

【2】自分のパソコンにインジケーターをダウンロードする

【3】インジケーターのファイルを「Indicators」フォルダへ入れる(インストール)

【4】メタトレーダー(MT4)を起動してインストールされたことを確認する

【2】自分のパソコンにインジケーターをダウンロードする」というところまではパッとできそうですが、「【3】インジケーターのファイルを「Indicators」フォルダへ入れる(インストール)」というところから難しそうな予感。。。

では早速解説していきましょ〜。

MT4インジケーター追加手順 【1】使いたいインジケーターを探す

外部から追加するインジケーターは、「○○○.mq4」や「○○○.ex4」といったようなファイル形式で提供されています。
「MT4_インジケーター」などとWEB検索をすると多くのページがヒットするので、その中で配布されているものをインストールします。


【2】自分のパソコンにインジケーターをダウンロードする

WEB検索を今回は、初心者がまず練習として入れることの多い「JPN_Time_Sub.mq4」という、チャート内の時間を日本時間表示にするインジケーターをダウンロードします。

このファイルはとってもシンプルです。
メタトレーダー(MT4)をインストールしてチャートを起動すると、表示される時間が海外表記になっている場合があります。※FX会社によって表記方法は異なります

ご自身がインストールしたメタトレーダー(MT4)が海外表記になってしまっていて、「日本時間じゃないと見にくい・・・」という方は、ぜひ一番最初にダウンロードしてみてください。

ダウンロードは、指標の名前でWEB検索した時にヒットしたページで配布されている物をインストールする、で大丈夫です!

WEBページで「JPN_Time_Sub.mq4」のファイルがあるページを表示したら、そのインジケーターのリンクをクリックすると、下記のような良くわからないページが開いてしまう場合がありますので、その画面を開いてしまったら閉じちゃってください。

MT4インジケーター追加手順

インジケーターをダウンロードする際は、そのリンク先を一度パソコンに保存します。
リンクの上で右クリックすると、Internet Explorerであれば「対象をファイルに保存」、
Google ChromeやFirefoxであれば「名前を付けてリンク先を保存」という項目がありますのでこちらをクリック。

MT4インジケーター追加手順

すると「名前をつけて保存」のポップアップが表示されてファイルの保存先を聞かれるので、ダウンロードしたインジケーター専用の自分がわかりやすいフォルダを事前に作っておき、そこにダウンロードしていくと把握しやすいのでおすすめです。

今回は「MT4インジケーターDL」というフォルダを作って、デスクトップに配置したものを使用します。

MT4インジケーター追加手順

これでいったん自分のパソコンにインジケーターがダウンロードできました!

【3】インジケーターのファイルを「Indicators」フォルダへ入れる(インストール)

MT4インジケーターDL」に「JPN_Time_Sub.mq4」ファイルが入っていることを確認します。

MT4インジケーター追加手順

確認ができたら、このファイルをMT4の「Indicators」フォルダへ入れます。
この作業が「インストール」ということになります。

MT4インジケーター追加手順

※「Indicators」の場所

「Indicators」というデータフォルダの場所は、メタトレーダー(MT4)画面の左上にある「ファイル」から「データフォルダを開く」を選択。

すると、下記のようなメニューが表示されるので、そこにある「MQL4」フォルダをクリック。

MT4インジケーター追加手順

その先に「Indicators」というデータフォルダがあります!

MT4インジケーター追加手順

【4】メタトレーダー(MT4)にインストールされたことを確認する

メタトレーダー(MT4)を起動します。
この時、ナビゲーターウィンドウを表示してインジケーターを反映させる作業をするので、ナビゲーターウィンドウは表示させておきましょう。
※「Ctrl」キー+「N」キーで簡単に表示できます。

まず、「Indicators」フォルダに入れたファイルを確認するために、下記の手順で更新を行います。

更新手順

?「ナビゲーターウィンドウ」の「罫線分析ツール」上で右クリック→?「更新」を左クリック

MT4インジケーター追加手順

更新を終えたら、ナビゲーターウィンドウの中の「罫線分析ツール」の「」をクリックします。
するとしまわれてたインジケーターが表示されるので、先ほどダウンロードした「JPN_Time_Sub」ファイルを一覧から見つけ出し、そのファイルをドラッグ&ドロップして入れましょう。

MT4インジケーター追加手順

インジケーター表示前にパラメーターの設定画面が開かれるので、そちらの設定を行えばインジケーターのインストールは完了します!

MT4インジケーター追加手順

チャート上に日本時間が表示されたことが確認できたと思います。
この手順を覚えて、便利なインジケーターをお好きなだけ追加しちゃいましょう!

インジケーターの削除

いろいろとインジケーターを表示しすぎちゃった時や、間違えて希望のものとは別のインジケーターを選んじゃった時の、インジケーターを削除する方法をご説明します。

下記のチャートにはボリンジャーバンドとMACDが表示されていますが、例として、この中のMACDを削除したいと思います。

MT4インジケーター追加手順

まず、画面上部のツールバーから「チャート」をクリックします。
出てきたメニューの中から「表示中の罫線分析ツール」を選ぶと、現在表示中の指標が一覧で表示されます。

MT4インジケーター追加手順

ここで削除したい指標をクリックして選択状態になったら、右側にある「削除」ボタンを押します。
するとチャートからMACDが消えたことが確認できます。

MT4インジケーター追加手順

「表示中の罫線分析ツール」を出すには、他にも方法があります。

・チャートの上で右クリックをしてメニューを出す方法。

・ショートカットキーを利用する方法。→「Ctrl」キー+「I」キー

その後の操作方法は、上記で説明したものと同じです。

サブウィンドウの削除

他にも、サブウィンドウを消すだけの簡単な方法があります。

削除したいサブウィンドウの指標の上で右クリックをします。
そこで表示されたメニューの中から「サブウィンドウを削除」を選択してください。
すると、パッと消えました!これも操作的にはとっても簡単ですね。

MT4インジケーター追加手順

あまりにも分析ツールでごちゃごちゃしすぎてしまうなら、削除して見やすいチャートを作成していきましょう。

便利なインジケーターの紹介

個人的に普段から使っていて、使いやすいな〜と思うインジケーターをご紹介します。
それは、FXトレード・フィナンシャルの「FXTF-Calendar」です!

FXトレード・フィナンシャルのインジケーター追加手順 (FXトレード・フィナンシャルより)

「FXTF-Calendar」とは、チャート上に直近の経済指標の予定を表示して、それを見ながらトレードに活用していく便利なインジケーターです。

特徴

? 経済イベントの内容がサブウインドウで表示されるとともに、チャート上にも経済イベントの開始時刻を縦ラインで表示します。
※チャート上の縦ラインは非表示にもできます。

? 経済イベントの重要な順から、赤色(高)→黄色(中)→青色(低)でカラー表示されます。

? 経済イベントが終了しても24時間はラインが継続して表示されます。

2015年4月にバージョンアップして、さらに使いやすくなったインジケーター!
FXでトレードをする前には絶対に確認しておかなければならない経済指標。

その経済指標をチェックをしながら、MT4でチャートを見る・・・。

なんか、、、すごいデキる人っぽい!!!

まぁ、デキる人っぽくなれるかは置いといて・・・。
便利なのは確実なので、是非ダウンロード(無料)をおすすめします!

※口座開設をした方のみが、FXトレード・フィナンシャルのマイページからダウンロードできるインジケーターになります。

ダウンロード手順

まず、FXトレード・フィナンシャル公式サイトから会員専用ページの「マイページ」にログインしてください。

FXトレード・フィナンシャルのインジケーター追加手順 (FXトレード・フィナンシャルより)

ページ上部にある?「FXTF MT4」をクリックして、左側に表示される ?「オリジナルツール」のメニューをクリックしてください。 すると、オリジナルツールの一覧が表示されるので、?「FXTF-Calendar」をクリックしましょう。

FXトレード・フィナンシャルのインジケーター追加手順 (FXトレード・フィナンシャルより)

「FXTF-Calendar」の名称をクリックするとファイルダウンロードのページになりますので、ファイル「FXTF−Calendar.ex4」をダウンロードしてください。(右クリックでファイルを保存)

FXトレード・フィナンシャルのインジケーター追加手順 (FXトレード・フィナンシャルより)

インストール方法は上記と同様なので、説明を見ながらインストールしてみましょう!
インジケーターの追加&表示の方法を見る

インジケーターはとっても便利!

インジケーターはネット上の色々なところでダウンロード(有料・無料)が出来ます。

インジケーターは、ダウンロードしてきたものをそのまま使用するのはもちろん、自分で加工したり新しく作り出す事も可能です。 その為にはプログラミングが出来なければならないのですが、もともと入っている既存インジケーターのちょっとしたカスタマイズなら、基本を抑えるだけで十分に出来るようになります。

インジケーターの色変更、ポップアップメッセージやメールでシグナルを通知などの簡単なものレベルのプログラミングなら、習得にもそう時間は掛かりませんので、気になったらやってみて下さい。

使えるインジケーターの数も増えてくると、分析が楽しくなってきますよ。
ぜひ色々なインジケーターを探して、ご自分のメタトレーダー(MT4)に導入してくださいね!

▼下記のボタンから、関連するページヘ移動できます▼

次は チャートのカスタマイズと保存 ≫

FXジャンル別ランキング

初心者人気No.1
No1 まったく新しいFX取引
GMOクリック証券
No2 取引ツールが使いやすい
DMM FX
No3 進化した魅力!
外為どっとコム
スプレッドNo.1
No1 ドル/円 0.27銭原則固定
SBI FXトレード
No2 ドル/円 0.3銭原則固定
GMOクリック証券
No3 ドル/円 0.3銭原則固定
DMM FX
取引システムNo.1
No1 年間取引高No,1が物語る
外為オンライン
No2 初心者でも扱いやすい!
DMM FX
No3 Ajaxの取引画面は必見!
みんなのFX
スワップ金利No.1
No1 金利 米ドル円:5円
GMOクリック証券
No2 金利 米ドル円:3円
SBI FXトレード
No3 金利 米ドル円:3円
YJFX!(外貨ex)
口座数No.1
No1 口座数:55万口座
DMM FX
No3 口座数:44万口座突破!
外為どっとコム
No2 口座数:40万口座
外為ジャパンFX
シストレNo.1
No1 圧倒的なストラテジー数!
インヴァスト証券シストレ24
No2 ストラテジーパックが使える
FXプライム byGMO
No3 エコトレFXが使える
ひまわり証券