FX初心者向け!FXの主な注文機能にはどんなものがあるの?

FXの主な注文機能の説明

まず、ここで良く使われる【指値】という言葉の意味を理解しておきましょう!

簡単に表現すると…『値段を指定して、取引を行う注文方法のこと』
売買注文方法のひとつで、希望値段を指定する形のもの。

成行注文(2WAY注文)
注文時点で提示されている買値と売値確認し、その後の価格で売買する注文方法。
提示されたレートですぐ取引したい時に適していて、売りと買いの両方を確認しながら
注文するものになるので別名『2WAY注文』

トレール注文
為替相場の値動きに合わせて、逆指値の価格を上げたり下げたりする注文方法。
逆指値レートと実勢レートの値幅を指定できるので値動きを追えない場合や、
値動きに応じて逆指値レートを変更したい場合などに有効な注文方法です。
手持ちのポジションのリスク限定に多いに役立つ注文方法の一つです。

IFD注文(イフ・ダン注文)
2つの指値注文を同時に出し、1番目の注文成立後、自動的に2番目の注文が有効になる注文方法。
あらかじめ、買う(または売る)値段と売る(または買う)値段を決めたい場合に利用します。
この場合、1番目の注文が成立しなければ、第2注文も無効のままになります。
リスク回避と利益増超の両方を考えた注文方法です。

OCO注文(オー・シー・オー注文)
2つの指値注文を同時に出し、一方の注文が成立したら自動的にもう一方の注文が取り消される注文方法。
手持ちの通貨の価格が上昇した際の利益確定と、下落した際の損失限定の注文を同時に出すことができます。
IFD注文の逆と考えてもいいでしょう。

IFO(イフ・ダン・オーシーオー注文)
IFD注文と、OCO注文を組み合わせた注文方法。
あらかじめ新規注文の価格を指定すると同時に、利益確定と損失限定の決済注文を出すことが可能。
こうすることで、購入から決済まで自動的に行う事が出来ます。

期日指定注文
新規注文時に有効期限を定め、期限満了まで注文した条件で自動的に発注し続ける注文方法。
期間内に約定すればその時点で発注も終了、取引条件や環境、投資スタンスに合わせて期間を設定することが出来ます。

ホームに戻る

人気のコンテンツ一覧を見る

ページ先頭へ|運営者情報