FXを始める上で一番大切な事は取引会社の選定です。サービス内容や取引システムは、各社ごとに違います。初心者の方は戸惑う事が多いのではないでしょうか。どのように選定をすればいいのかを分かり易く解説していますので是非、熟読して見て下さい!

スプレッドから見るFX

【スプレッドとは?】
一言で表すと『売値と買値の価格差』の事です。売値=「ビッドBID」(今あなたが売れる価格)、買値=「アスクASK」(今あなたが買える価格)となっています。 良く売値(ビッドBID)と買値(アスクASK)がどっちだっけ?となってしまう事があるので注意して下さい!ここでは、あなたが売ったり買ったりする場合です。
例えば118.00−118.04と提示された場合、スプレッドは0.04=4銭となります。

スプレッドの見方

もう少し分かり易くスプレッドに関して説明していきます。為替レートには買値と売値があり、これを2WAYプライスとも言います。この差額のスプレッドが、FX取引会社の実質の為替売買手数料になっています。
1米ドル=100円10銭〜15銭と提示されている場合に米ドルを買う場合は、1米ドルを100円15銭で買う事になります。そして、米ドルを円に戻す時には、100円10銭で売る事になります。
仮にドルを買ってすぐに売った場合、5銭の損失になります。この差額である5銭がスプレッドと言うことです。

【F社:スプレッド5銭、手数料が10銭の場合】

売値(ビッド)
米ドルを売る事が
出来るレート
買値(アスク)
米ドルを買う事が
出来るレート
通貨ペア
113.05 113.10 米ドル/日本円
売値(ビッド):あなたがドルを売れるレートは113円5銭
買値(アスク):あなたがドルを買えるレートは113円10銭

F社を利用し、113円10銭の米ドルを買った場合、取引手数料が10銭なので、『113円10銭 + 10銭』で113円20銭になり、売値(ビッド)が113円20銭以上にならなければ、元が取れません。
さらに売る場合も手数料がかかり、113円30銭以上でなければあなたに利益は生まれない事になります。

【X社:スプレッド40銭、手数料が10銭の場合】

売値(ビッド)
米ドルを売る事が
出来るレート
買値(アスク)
米ドルを買う事が
出来るレート
通貨ペア
113.05 113.45 米ドル/日本円
売値(ビッド):あなたがドルを売れるレートは113円5銭
買値(アスク):あなたがドルを買えるレートは113円45銭

F社を利用し、113円45銭の米ドルを買った場合、取引手数料が10銭なので、『113円45銭 + 10銭』で113円55銭になり、売値(ビッド)が113円55銭以上にならなければ、元が取れません。
さらに売る場合も手数料がかかり、113円65銭以上でなければあなたに利益は生まれない事になります。

上記を見ると分かる通り、スプレッドは小さい方があなたに利益が生まれます。スプレッド、手数料、スワップポイントは各FX業社の自由設定になるので、『値幅の小さい会社を選択する事=取引にかかるトータルコストを軽減』という事になります!!

スプレッドでオススメなFX

トレイダーズ証券は日本で初めてFXのオンライン取引をスタートした会社です。
FX業界最高水準の取引環境と充実したサポートで選ばれています。
安心・信頼のFXプライムは、充実した為替情報と安定したシステムが好評です。インターネット取引も一律0円。

ページトップに戻る