» » 一目均衡表【いちもくきんこうひょう】

一目均衡表【いちもくきんこうひょう】

一目均衡表は、ペンネーム:一目山人(いちもくさんじん)氏が長い年月をかけて開発した純国産のテクニカル指標です。 時間軸と相場のバランスを重視して視覚的に捉えることが出来るとされており、海外のファンドマネージャーまでも支持する、テクニカル分析法になります。

一目均衡表は、著者である一目山人の名の一部を取ったことと、相場の行き着くところは「一目瞭然(ひと目で見てわかる)」である、ということからこの名前がつけられました。

現在では、ローソク足と並ぶ世界中のトレーダーから日本の優れた相場の分析方法として知られており、「Ichimoku Kinko Hyo」または「Ichimoku」と呼ばれて使用されています。

下記の画像が一目均衡表です。
百聞は一見にしかず!ということで、まずは一目均衡表を見てください。

▼ドル/円・4時間足(一目均衡表) 一目均衡表 (DMM FXより)

上の図を見るといろいろな線が引いてあって「一体ひと目で何がわかるの?」と感じる人もいるかと思いますが、ひと目で理解するよりも先に、描かれている線についての説明しておきますね。

一目均衡表でつかう線の種類と書き方

一目均衡表は、ローソク足と合わせた5本の線を描くことによって作られます。この構成する5本の線は以下の計算式によって算出されます。
※(カッコ内)は、チャート上の線の色を表しています。
DMM FXでは、この線の色を「設定」で変えることが出来ます。

・基準線(赤線)
当日を含め、過去26日間の高値と安値の中値の
計算式:(26日間の最高値+26日間の最安値)÷2

・転換線(黄色)
その日を含め、過去9日間の高値と安値の中値
計算式:(9日間の最高値+9日間の最安値)÷2

・先行スパン1(グレー線)
基準線と転換線の中値を26日先行して記入する
計算式:(基準線+転換線)÷2

・先行スパン2(青線)
当日を含め過去52日間の高値と安値の中値を26日先行して記入する
計算式:(52日間の最高値+52日間の最安値)÷2

・遅行スパン(黄緑)
当日の終値を26日遡って記入する
計算式:当日の終値を26日遅行させたもの

過去の日数は当日を含み、遅行スパン以外は終値ではなく実際の最高値、最安値を利用します。
また、現在では一般的にどのような期間の足でも利用していますが、一目山人ご本人は日足のみで利用すべきチャートと言っています。

一目均衡表の基本とされる設定値は、転換線「9」・基準線「26」・先行スパン「52」の【9・26・52】の設定を使う事が最も一般的とされています。

雲って何?

次に、一目均衡表の中で線よりも目に付きやすい「」と呼ばれる部分。
この最も有名である「雲」について解説していきます。
この「雲」は、過去・現在を未来にスライドさせてその影響を見るという、一目均衡表独自の考え方に基づいて表されるものです。

▼ドル/円・4時間足(雲) 雲 (DMM FXより)

日足チャートでは、上記でも説明したように、
●「当日の基準線+転換線」÷2を当日を含め26日先行して記入したもの=「先行スパン1」
●「過去52日間の高値と安値」÷2を当日を含め26日先行して記入したもの=「先行スパン2」
と記載されるようになっており、「先行スパン1」と「先行スパン2」で囲まれた部分が「雲」と呼ばれるものになります。

「雲」の見方は、思ったよりとても簡単です。
ローソク足が「雲」より上部にあれば上昇トレンド、下部にあれば下降トレンドだろうと言われています。
そして、ローソク足が「雲」に突入した時は、トレンドの転換ポイント目安とされており、ローソク足が雲を下から上に突き抜けると上昇サイン(買サイン)で、上から下に突き抜ければ下落サイン(売サイン)ということになります。

▼ドル/円・4時間足(雲サイン) 雲 (DMM FXより)

また「雲」の厚さにも見方があり、為替相場の「レジスタンスライン(抵抗線)」として強さを表しており、その雲が厚ければ厚い程、為替相場の反転が難しいとされています。


一目均衡表の基本的な使い方

「基準線」
基準線は中期のトレンドを示す線とされており、上向きの基準線の場合は上昇トレンド、下向きの基準線の場合は下落トレンドを表しています。

保合い(相場がほとんど変動しない状態)では「ダマシ」が入ることもありますが、この基準線に素直に従った場合、大きな波動にタイミング良く値幅の大きいところが高確率で取ることが可能となります。
(※タイミング次第なので、確実とは言えません)

「転換線」
転換線は基準線とぶつかる(交わる)ことで相場の転換ポイントを表わします。
この線が基準線の上にあれば「買い」ポイント、逆に下にあれば「売り」ポイントです。
「先行スパン1」と「先行スパン2」の2本の線で抵抗帯の「雲」が作られ、どちらかに抜ければ完全な方向転換となります。

★基準線と転換線の関係
転換線が基準線の下から上へ突き抜ける(Gクロス)状態を「好転」、逆に転換線が基準線の上から下へ突き抜ける(Dクロス)を「逆転」と呼んでいます。

「好転」とは=買い転換(上昇トレンド発生)
「逆転」とは=売り転換(下落トレンド発生)

ただし、Gクロスとなっていても、基準線が上向きの状態でなければ「好転」とはなりません。
同じように、下向きになっていなければ「逆転」とはなりません。

「抵抗帯(雲)」
上記の「曇って何?」でもご説明しましたが、雲の上でローソク足が動いている場合は為替相場が強い(上昇傾向)と判断し、下に位置している場合は弱い(下降傾向)と判断されます。

抵抗帯といったの名前の通り、雲が厚い場合は過去相場の影響が強く、相場の転換には日数が必要です。
雲が薄い場合は影響がさほど無いので抜けやすく、転換しやすいといえます。

「遅行線」
遅行線は「売」or「買」のタイミングを見計る場合に見ます。
遅行線が相場を抜いた場合を「好転(買)」、逆に下回った場合を「逆転(売り)」としています。

関連するおすすめのページ

・基準線・転換線
一目均衡表の5本線のうちの、主要となる2本の線である【基準線・転換線】について、さらに詳しく解説しています。
基本的な部分を理解して、どんどんテクニカル分析に活用していきましょう。

・FXで50万円から1,000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー
田畑昇人さんも使っている一目均衡表!実際に使用しているFX会社のチャート画面もご紹介。
1,000万円を稼ぐことができた理由や、他にどのような手法をしているのかなどをインタビュー形式でご紹介しています!

当サイトからおすすめするFX会社