» FX用語集 » ボリンジャーバンド【Bollinger Bands】

ボリンジャーバンド【Bollinger Bands】

ボリンジャーバンドは、「価格変動の大枠がこのバンドの中に収まる」という統計学を応用して作られた、トレンド系指標の中で最も有名なのテクニカル分析のひとつです。

決して、民族楽器を専門とした音楽バンド♪ とかではありません←

1980年頃にアメリカの投資家ジョン・ボリンジャー (John Bollinger)氏が考案したテクニカル手法で、主に相場の上限と下限を知るのに使用され、売買のタイミングを決めるのに役立ちます。

統計学の「標準偏差」という考え方を用いることで、「相場の変動率」が出せる仕組みになっています。
・・・上記のように、難しそうな言葉を並べると難易度が高そうに見えますが、実際はパッと見て様々な情報が得られる、初心者に優しい分析方法のひとつだと言えます。

ボリンジャーバンドの見方・使い方

ボリンジャーバンドのベースとなるのは移動平均線です。
これを基準線としてそこから上下に線が加えられ、見た目はバンドのような形状となります。

下記の画像のように、中央には移動平均線(ミドルライン)、それを挟むようにして上下に±1、±2、±3σ(シグマ)ラインが引かれます。

【移動平均線=青】
【±1σ=赤】
【±2σ=黄色】
【±3σ=黄緑】

ボリンジャーバンド (GMOクリック証券(FXネオ)「はっちゅう君」より)

これらの7本のラインとローソク足の位置関係に着目するのが、ボリンジャーバンド分析の基本となり、中央の25日移動平均線を中心にして、標準偏差分を加算・減算した値で求めていきます。

標準偏差「σ(シグマ)」を使用して、中央の移動平均線から1本上の線を1σ線(赤)、その上の2本目は2σ線(黄色)、さらにその上の3本目は3σ(黄緑)。

移動平均線から1本下を-1σ線(赤)、2本下は-2σ線(黄色)、さらにその3本下は-3σ線(黄緑)と呼ばれます。

統計学では±1σの間に収まる確率は68.3%、±2σであれば95.5%の確率で収まるといわれ、±2σの線の外に飛び出す確率は4.5%(100%-95.5%)しかないのです。

確率

見方をかえると、

・±2σを突き出す確率は4.5% → めったに無い
・±3σを突き出す確率は0.3% → 超異常事態!!

±2σ線から外に飛び出す確率は4.5%なので、上の線にタッチしたら強い上昇トレンドなので「買いサイン」、下の線にタッチしたら強い下降トレンドなので「売りサイン」と見るのがボリンジャーバンドの一般的な使い方です。

使い方? 使い方?

使い方? 使い方?

ラインを突き抜けることがあったら、95.5%の確率で上下のバンドで収まるのにも関わらず、それ程の勢いがあるんだ!と考えられますね。

★計算式
標準偏差:σ(シグマ)
σ=√(期間×期間内の終値の2乗の合計-期間内の終値の合計の2乗) ÷ (期間 ×(期間-1))

±1σライン・・・移動平均線の数値±標準偏差
±2σライン・・・移動平均線の数値±2×標準偏差
±3σライン・・・移動平均線の数値±3×標準偏差

標準偏差というのは、簡単に言うとデータがどのように分布しているかを示すもの・・・といった感じでしょうか。

ボリンジャーバンドの使い方として、考案者であるジョン・ボリンジャー氏が提案した順張りでの使い方と、短期トレード重視の投資家により良く使用される逆張りでの使い方もあります。

●順張りでボリンジャーバンドを使う
順張りでのボリンジャーバンドの使い方の基本として、「エクスパンション」と「バンドウォーク」を利用した使い方が基本となります。

下記の画像をご覧ください。
順張り

まず、白い丸印で囲まれた部分については、、ボリンジャーバンドがだんだんと収縮していき、そこからまた広がろうとしていることが確認できます。
このように、ボリンジャーバンドが広がり出す事を「エクスパンション(=拡大)」と呼び、レンジ相場から値幅の上昇が見られ始め、そこからトレンドが起きる前兆を表しています。

次に、白い四角で囲まれた部分については、ボリンジャーバンドの+1σと+2σの間に挟まれるように価格(ローソク足)が上昇している事が確認できますよね。
ボリンジャーバンドに吸い寄せられるように価格(ローソク足)が上昇or下降することを「バンドウォーク」と呼び、トレンドが発生している事を表しています。

バンドウォークは、上昇トレンド時はプラスのシグマラインに、下降トレンド時はマイナスのシグマラインに吸い寄せられるように価格が動きますが、主に±1σと±2σの間で推移してトレンドが発生している事を示すことが多いです。

このように、ボリンジャーバンドの「エクスパンション」と「バンドウォーク」を確認後、トレンド方向への取引をする事がボリンジャーバンドにおける順張りでの使い方です。

●逆張りでボリンジャーバンドを使う
逆張りでの使い方としては、先ほどご説明したボリンジャーバンド内での価格が収まる可能性を用いた手法となります。

下記の画像をご覧ください。
分かりやすいように、ボリンジャーバンドの±1σを表示せず、±2σのみを表示しています。

逆張り

ボリンジャーバンドで逆張りを行うポイントとしては、±2σライン内に価格の推移が収まる可能性が95.5%あるので、逆に±2σラインを突き抜けた価格は「売られすぎ」や「買われすぎ」の状態となり、ボリンジャーバンド内に再び収束すると考える事から始まります。

つまり、画像内の赤い丸印が売買ポイントなります。

逆張りを行う時のポイントとして、上記の「順張りでの使い方」でご紹介した「エクスパンション」というものがありますが、その「エクスパンション」が発生していない事と言う条件を足す事で精度が上がるのではないかとと考えられています。

つまり、レンジ相場の値動きの中で逆張りを行う事になります。
また、必ず為替レートが反転したのを確認した後に行うと言うのも、重要なポイントとなります。

逆張りでの取引は経験と集中力が必要とされる取引なので、FX初心者の方は注意が必要となります。

ボリンジャーバンドの特徴

ボリンジャーバンドはリスクの範囲を示すもので、為替相場はそのバンド内で推移することが原則となります。
為替相場がボリンジャーバンドを抜けていく時は、前提条件として大きな変化があったり、突発的な経済に関わる何かがある時でしょう。

ポイント ボリンジャーバンドの収縮状態が長く続き、その後に価格がバンドを突き抜けると、トレンド転換の可能性が高いと言われています
そのボリンジャーバンド自体がトレンドの役目となり、上値抵抗線や・下値支持線を示しています。

ボリンジャーバンドは、市場参加者のポジション状態を意味します。
トレンドが一方向に傾けば、参加者の心理状態はだんだんと不安になります。
その場合、上昇していれば利食いが大きくなり、下降していれば安値買いが多くなります。

結果的にそのトレンドは徐々に弱まっていき、ボリンジャーバンドの収縮が発生します。
こういったことがボリンジャーバンドの特徴と言えるでしょう。

ボリンジャーバンドの注意点

注意点としては2つあります。

?上記でも説明したボリンジャ-バンドの各シグマライン内に収まる確率(%)を信じ過ぎることは、為替予測を誤る原因となってしまいます。
標準偏差の数値は、ある一定の移動平均線によって算出されたもので、限定された過去データを元にしているので、今後の価格がそれによって決まるわけではありません。

?価格の推移が一定のレンジ幅で変動している場合、バンドの上部分を「売りシグナル」、下部分を「買いシグナル」として利用するのが一般的とされています。
しかし、価格の推移が一定のレンジ相場から抜けた場合、バンドの上部分を「買いシグナル」、下部分を「売りシグネル」として考えられます。

つまり、為替相場の動向によって「順張り」と「逆張り」が逆となるので、トレンドを把握して、間違えないようにすることが大切です。

当サイトがオススメするFX会社