» FX用語集 » ピップス【Pips】

ピップス【Pips】

FXで表現する最小値幅単位の事で、為替が変動するときの最小値の事を1ピップスといいます。

この値は通貨ペアによって異なりますが、ドル円では0.01円、ユーロドルでは0.0001ドル、といった風に決まっています。

ピップス【Pips】

ピップス(Pips)とは、FXで表現する最小値幅単位の事です。

為替が変動するときの最小値の事を1ピップスといいます。
またピップスのことをポイントとも呼びます。「Pips」とは「Pip」の複数形です。

この値は通貨ペアによって異なりますが、ドル円では0.01円、ユーロドルでは0.0001ドル、といった風に決まっています。

通貨ペア例 1Pips
米ドル/円
ユーロ/円
英ポンド/円
豪ドル/円
NZドル/円
スイスフラン/円
加ドル/円
南アフリカランド/円
0.01円
通貨ペア例 1Pips
ユーロ/米ドル
ユーロ/米ドル
英ポンド/米ドル
豪ドル/米ドル
NZドル/米ドル
0.0001米ドル

【用語使用例とその意味】
先日、米ドル/円の買いで76.80円から76.90円の「10Pips」の値動きがあった
⇒「10Pips = 0.1円(10銭)」為替が動いたことをあらわします。
【例外・注意】

「米ドル/円」の場合、「1Pips」は「0.01円」であると説明しました。
この場合、FX取引の為替の表示では下記のように表示されるのですが、
FX取引の為替の表示

しかし利用するFX会社によっては、表示される桁数が以下のように表示される場合があります。 利用するFX会社によって表示される桁数が異なる

この場合には、小数点第3位の値については「0.1Pips」となります。
このように「0.1Pips」単位での取引を行える場合には、通常の10分の1単位での取引が可能ということになります。

このように表示されることで、為替の変化を細かな変動も確認ができるのでこれからFXをはじめる場合には、FXの世界での値動きをより強く時間できるのではないかと思います。
またデイトレやスキャルピングなどの短期売買での取引を行う場合には、いろいろとメリットがあります。

この場合「ユーロ/米ドル」などの、外貨同士の通貨ペアでの取引の場合には、
通常「0.0001米ドル」単位のものが「0.00001米ドル」の小数点5桁目での0.1Pipsの取引を行えることとなります。

【関連情報】

低スプレッド(pips)で取引可能!FX会社比較

ドル円 ドル/円スプレッド比較
GMOクリック証券(FXネオ) 0.3銭原則固定
※例外あり
SBI FXトレード 0.27銭
DMM.com証券(DMM FX) 0.3銭原則固定
※例外あり
外為ジャパンFX 0.3銭
※原則固定
ユーロ円 ユーロ/円スプレッド比較
GMOクリック証券(FXネオ) 0.6銭原則固定
SBI FXトレード 0.69銭
DMM.com証券(DMM FX) 0.6銭
外為ジャパンFX 0.7銭
豪ドル円 豪ドル円スプレッド比較
GMOクリック証券(FXネオ) 0.7銭 原則固定
SBI FXトレード 0.77銭
DMM.com証券(DMM FX) 0.8銭
外為ジャパンFX 0.8銭
ポンド円 ポンド円スプレッド比較
GMOクリック証券(FXネオ) 1.1銭 原則固定
SBI FXトレード 1.19銭
DMM.com証券(DMM FX) 1.1銭
外為ジャパンFX 1.2銭
ユーロ米ドル ユーロ米ドルスプレッド比較
GMOクリック証券(FXネオ) 0.5pips 原則固定
SBI FXトレード 0.59pips
DMM.com証券(DMM FX) 0.5pips
外為ジャパンFX 0.6pips

ページ上へ