» FX用語集 » 5・10日【ごとうび】

5・10日【ごとうび】

5の倍数の日にドル買い需要が高まるといわれている日のこと。
(5日・10日・15日・20日・25日・月末)

25日の後は30日かと思ったかもしれませんが、月末日を指します。
よって、28日であろうが31日であろうが月末日ならば「ごとうび」になります。
逆に30日は月末日が30日である場合のみ該当するので少しややこしいです。

いずれも、15日〆の翌月末日払いとか、末日〆の翌々月10日払いなど、この日に決済を行う企業が多いことからこう呼ばれるようになりました。

みなさんの身近なもので言うとお給料とかがそれにあたりますね。
経理関係のお仕事をしている人や金融関係の方は「知っていて当たり前」なことかもしれませんが、知らない人って結構いるんです。

FXではどんな影響があるのか

日本時間の朝9時55分頃に仲値※が発表されます。
輸入企業のドル資金調達の注文が入るため、よく言われているのが東京市場のオープン9時〜仲値発表後の10時頃までドル通貨の値が上昇傾向にあるということ。

仲値が決まったら、手数料を上乗せして売値と買値を決めます。
銀行がそれを公に発表するのは午前10時と決まっているので、仲値発表後はドル売りの動きとなります。

また、全ての変動要因が「ドル資金調達」に関連するわけではないので、必ず上記のような動きになると断言できるわけではありません。

※仲値(なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨取引時の基準レートです。

下記は「ごとうび」のAM9時〜10時の為替チャートです。
約1時間の間、レートは上昇しています。

▼ドル/円・ローソク5分足【2015年6月15日AM9時〜10時】 ごとうび (チャート画像元:DMMFXより)