無料レンタルサーバー比較@i2i.jp

人気のVPSサーバーの仕組み

人気のVPSサーバーの仕組み
共用サーバーを特別なソフトで仮想化することによって、専用サーバーと同じくらいの機能を利用することが可能となります。

仮想化とは
物理的には存在しないものをソフトウェアを使用することによって存在しているように見せることを言います。

例えばQuadCoreメモリ4GBのCPUをDualCoreメモリ2GBを2台として利用しそのうち1台のOSをLinux、もう一つをwindowsという設定ができます。

QuadCoreメモリ4GB

往来ですと2台のサーバーを用意する場合は、サーバーを2台用意してサーバールームに運ぶ。ケーブルを接続して初期設定をする。でしたが仮想化の場合はすべてソフトウェアの管理画面上で行えるため物理的に動くことはありません。もしサーバーがフリーズしてしまって再起動が必要な場合も管理画面上で行えます。

物理的

サーバーは1台に付き処理能力が約20%前後と言われてます。この1台のサーバーを4つに分けて利用すれば1台のサーバーで80%まで利用できるということになり無駄がありません。

例えば会社で10台の物理サーバーを借りていているとしたら10台分のコストがかかるわけですが、これを5台のサーバーに減らすことができたらコストは半分で済むようになります。1台を仮想化して2つのサーバーに分けることができれば可能となります。要するに1台1OSの専用サーバーから1台2OSに切り替えることのできる仮想サーバーに乗り換えれば済むことになります。 円グラフ

専用サーバーとほとんど機能は変わらないのに驚きの低価格となってます。

管理画面上でのリモート操作
root権限により専用のブラウザ管理画面上において様々なことができます。
Webサーバの設定/複数ドメインの登録/cron設定/アクセス制限/メールアカウントの発行/FTPアカウントの発行 etc…

※OSの再インストールや再起動も管理画面上ですることが可能です。

VPSランキングををみる