HOME > クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは

通信技術の発達により就業環境は大きく変わりましたが、クラウドソーシングはその代表的な産物の一つです。これはネットを通じて不特定多数の人に業務を委託する、一種のアウトソーシングの発展形で、すべてのやり取りをネット上で完結してしまう雇用形態です。語源としては、群衆(crowd)と業務委託(sourcing)が合わさったものです。

基本的には業務の案件単位での委託が主で、雇用者と労働者の間には一般の雇用契約を結ぶことはありません。特定の仕事を請け負う人を募集し、無事納品されれば対価を支払うということで、それ以後は新たな仕事が発生しない限り雇用者と労働者は何ら関係がないということです。雇用と労働というものをきわめて短略化そして効率化した形であり、新たな雇用形態として今後の広がりが期待できます。

これにより、各地に拡散している技術者と特定の技術を求める雇用者とが、非常に広範囲に結びつく環境が出来上がりました。企業にとっては、従来の日雇いアルバイトやパートといったものよりもはるかに柔軟な労働力の確保が可能となり、労働者にとっては仕事をするうえでわずらわしい契約手続きや各種の就業規則を完全に省略し、自分の可能な範囲で仕事を選ぶことができるようになりました。両者にとって非常に大きなメリットとなるクラウドソーシングは、変わりゆく雇用形態が向かう先の、一つの到達点といっても過言ではありません。

業務の内容は非常に幅が広く、簡単なテキスト入力作業から、単発のデザインやウェブ構築作業といった専門分野まで非常に幅が広いのです。ネットを通じて行える作業であれば、どんなものでもクラウドソーシングで受発注を行うことができます。最近では特に大容量のデータのやり取りも個人宅からできる環境が整っているため、編集作業や画像の加工といったより専門的な分野へと広がっています。
 
クラウドソーシングにより、委託と請負の関係はより効率よく結び付けられるようになりました。今後の雇用形態を語る上では欠かせない存在となっていくことは、間違いないでしょう。

<<前の記事

Menu

Service

▲このページのトップへ
アクセス解析