HOME > 在宅ワークとは

在宅ワークとは

在宅ワークは大きく分けて2種類あり、前提として雇用関係となる場合とならない場合とに分かれます。雇用関係にある場合は社員でありながらもパソコンやインターネットを通じて自宅でも仕事をするというケースであり、基本的には正社員もしくは準社員といった労働者が、会社ではなく自宅で職務を行うことを指します。雇用関係に無い場合は、業務委託や請負といった契約となり、あくまで単発の案件に対してのみ対価と労働が発生することを指します。いずれにしても、自宅にて職務をこなすこと全般を意味する言葉です。

インターネットが普及したことで、非常に幅の広い業務がオフィスにいなくても行えるようになったことから、在宅ワークの可能性は大幅に広がりました。データの作成やメールのやり取りも行えるため、実務をこなすうえでは多くの業務において特に問題は無いのです。企業にとっても新たな雇用形態と労働力の発掘が魅力的であり、積極的な取り組みが見て取れます。しかしやはり打ち合わせや多くの人が関わる仕事内容に関しては、対面して関係を築くことも重要であるため、業種としてはデータ作成やクリエイティブな業務といったジャンルに限定されているのも事実です。在宅ワークという言葉は自宅で仕事をすること全般を指し、その中に様々ジャンルに分かれた雇用形態や仕事内容が存在するということになります。

近年の通信技術の進歩により、労働環境はあらゆる業界において様変わりしました。在宅ワークの台頭は、その代表的な変化の一つと言えるでしょう。現在ではインターネットを通じてどこでも仕事を受発注できるような環境が整っていることから、正社員であっても会社に通勤する必要が無い場合もあるほどです。時間や場所を選ばないこの雇用システムは、仕事というものの概念を新たにし、次世代的な生産環境を作り出したのです。今後も在宅ワークの定義は広がりを続け、時代の変化に合った労働環境の代名詞となるでしょう。

次の記事>>

Menu

Service

▲このページのトップへ
アクセス解析