キャッシングATMに対応している人気サービスを徹底比較

パソコンやスマホからではなく、コンビニなどに設置されているATMでキャッシングを利用したい方もいるのではないでしょうか。

今回は、ATMでキャッシングを利用したい方向けにキャッシングATMに対応したサービスを比較・紹介します。
それぞれのサービスがどのコンビニATMに対応しているのか、提携先はどのくらいあるのかなど、比較しました。

キャッシングATMを利用したい方はぜひ参考にしてください。

ATMでできるキャッシングサービスとはどんなもの?

ATMキャッシングサービスとはキャッシング会社のATMや提携先金融機関、コンビニなどのATMから現金を借入できるサービスです。

店舗窓口やインターネットで申し込むことで、カードが自宅に郵送されてきます。
ATMでキャッシングする際にはそのカードを利用して行います。

キャッシング会社や契約方法によってはカードレスの契約方法もあります。
カードレスは便利ですが、ATMでキャッシングを利用する可能性があるならば、カードは作っておいた方が良いでしょう。

キャッシングATMに対応しているサービス

近年ではインターネットやスマホアプリからキャッシングできる会社が増えています。
選択肢が増えた現在でも、ATMからキャッシングできる会社は多くあります。

提携しているATMも多く、会社によっては自社のATMのほか、提携金融機関やコンビニのATMで借入られる場合もあります。

コンビニATMは遅い時間までやっていることも多く、急に現金が必要になった時でも借りられるのがメリットです。

ここでは大手キャッシング会社の中から、ATMキャッシングサービスを行っている会社をご紹介します。

SMBCモビット
SMBCモビットのサイトへ ・「振込キャッシング」と「提携ATMキャッシング」の2通りから選べる
・全国の銀行やコンビニなどの提携ATMが利用できる
SMBCモビットでは2通りの借入方法がありますが、今すぐ現金が欲しい場合は提携ATM利用が便利です。
全国の銀行やコンビニなどにある提携ATMを利用すれば、すぐに現金化できます。
営業時間などは設置場所によって異なるので、利用の際に確認が必要です。
また提携先によっては1回あたりの利用金額が制限されます。
そのため利用金額によっては複数回に分けての操作が必要になる場合もあります。
主な提携先
出金・入金共に可能 入金のみ可能
・三井住友銀行(ATM手数料無料)
・三菱UFJ銀行
・セブン銀行
・イオン銀行
・プロミス
・第三銀行
・福岡銀行
・親和銀行
・熊本銀行
・ローソン銀行
・SAISON CARD
・Famiポート ・Loppi
上記の端末で手続きを行ったあと、店舗レジにて支払いを行います。
またゆうちょ銀行や地方銀行でも取引が可能です。
詳細は公式ホームページにて確認できます。
プロミス
プロミスのサイトへ ・プロミスATMや提携ATMからの借入が可能
・提携ATMにはプロミスのステッカーが貼ってある
・プロミスATMと三井住友銀行ATMでの取引には利用手数料がかからない
プロミスは、プロミスカードを使用して全国のプロミスATMや提携金融機関ATMから借入が可能です。
プロミスATMと三井住友銀行ATM以外は手数料がかかります。
借入時に発生した手数料は次回の返済時に清算し、返済時に発生した手数料は返済を合わせて清算します。
主な提携先
・三井住友銀行
・ゆうちょ銀行
・セブン銀行
・ローソン銀行
・Enet
提携ATM利用手数料
取引金額 入金 出金
1万円以下 110円 110円
1万円超 220円 220円
ゆうちょ銀行での借入・返済にはWeb明細登録が必要です。
プロミスレディースキャッシング
プロミスレディースキャッシングのサイトへ ・プロミスATMや提携ATMから借入が可能
・専用コールセンターがあり、女性オペレーターが対応
プロミスレディースキャッシングは、プロミスが提供する女性のためのカードローンです。
女性専用ダイヤルが用意されており、女性オペレーターが申し込みや取引の相談にのってくれます。
利用できるATMはプロミスと同様です。
楽天銀行スーパーローン
楽天銀行スーパーローンのサイトへ ・提携CDやATMからのキャッシングが可能
・取引可能なCDやATMは全国約10万台
楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行が提供するカードローンです。
提携金融機関ではカードローン借入時のATM手数料が無料です。
出金額の累計金額は、全額もしくは一部入金した場合でも利用限度額と同額までなので注意が必要です。
主な提携先
借入・返済が可能な提携先 記提携金融機関では借入時のATM利用手数料が無料。
・みずほ銀行
・Enet
・セブン銀行
・ローソン銀行
・イオン銀行
・三井住友銀行
・東京スター銀行
・北都銀行
・PatSat
・栃木銀行
・愛知銀行
・名古屋銀行
・高知銀行
・富山銀行
・大光銀行
・きらぼし銀行
上記以外にもATM利用手数料が有料の提携金融機関ATMがあります。
有料の提携ATM利用手数料
取引金額 入金 出金
1万円以下 108円 108円
1万円超 216円 216円
返済時にカードを利用して提携ATMで入金した場合、ATM入金手数料は無料です。
返済は千円単位ですが、一部提携先店舗によっては1円単位での返済も可能です。

ATMキャッシングサービスのメリットとデメリット

キャッシング会社はATMでの借入・返済のほか、インターネット取引、口座振替、店頭窓口などさまざまな方法を用意しています。

それぞれに一長一短があるので、どれを選んで良いのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
特に初めてキャッシングを利用する方は不安なことも多いと思います。

その中でATMでのキャッシングサービスは、キャッシング会社のATMのほか、提携金融機関ATMでの利用も可能なので利便性も高いのが特徴です。

ここではATMでのキャッシングを利用するメリットやデメリットにはどんなものが考えられるのかご紹介します。

ATMを利用したキャッシングのメリット

・土日や深夜でも借入・返済できる
コンビニATMは、土曜日や日曜日、深夜でも借入・返済などの利用ができます。
そのため、平日は忙しくどうしても返済に行けないという方や今すぐお金が必要という方でも、利用しやすいのが特長です。
・場所によっては手数料がいらない
キャッシング会社のATMや一部の提携金融機関のATMでは、手数料無料で取引できる場合があります。
土日や深夜でも無料で取引できるので、平日や昼間に焦ってATMに行く必要がありません。
・全国に取引場所がある
コンビニや提携金融機関のATMを含めれば、全国に数多くの取引場所があります。
そのため「どこで取引すればいいのだろう」「早く借りたい(返したい)けれど店舗が近くに無い」ということが起こりにくくなっています。

ATMを利用したキャッシングのデメリット

・カードが必要
ATMでの取引はキャッシング会社から発行されるキャッシュカードを利用して行います。
そのため取引を考えている際にはカードを持ち歩く必要があり、忘れてしまった場合は取引できません。
・会社によっては来店が必要
インターネットでの取引の場合、Web上で申し込みと取引が完了することが多いです。
しかしATMでの取引の場合、会社によっては来店が必要な場合もあります。
・返済計画が相談できない
初めてキャッシングを利用する場合など、借入や返済計画に関しての相談がしたい人も多いのではないでしょうか。
しかしATMでの利用の場合、ATMだけで完結するというメリットはありますが、返済や借入に関しての相談はできません。

カードを入れてさっと取引したい人におすすめ

ATMでのキャッシングは、キャッシングカードを入れるだけで借入や返済ができます。
そのため複雑な操作はしたくない、近くのATMでさっと借入と返済を済ませたいという方に向いています。

コンビニなどの提携ATMを含めれば、全国に数多くのATMが存在しますので「取引したいのに近くにATMが無くて困る」という事態は起きにくくなっています。

またキャッシング会社によっては、手数料無料の提携ATMがあるため、手数料のことを気にせずに取引ができます。

キャッシングカードを使って素早く取引がしたい、近くに提携ATMがたくさんある、土日や深夜でも取引ができる方法を探しているという方は、ATMでのキャッシングを利用してみてはいかがでしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事