業界最高水準のポイント還元率でお小遣いが稼げるi2iポイント

事業・経営者向けキャッシング比較

事業・経営者向けにオススメしたいキャッシングサービスを徹底比較!

悩む男性 キャッシングというと、生活をする上で厳しい時や急な出費があるのに期限までに用意できない時など、個人的に事情がある時に借りるものというイメージではないでしょうか。

しかし、どんな会社員よりも事業者・経営者の方がお金を必要とすることがあります。

店舗の売り上げがなかなか伸びない時など、経営する費用としてどうしてもお金を借りたい時にキャッシングできたら助かりますよね。

しかし、事業者・経営者は将来の保証がない分、借り入れをしにくいともいえます。
また、銀行系のキャッシングの中には「事業性の資金には使えません」などと明記してあるフリーローンがあり、一般の借り入れとは区別されているのです。


万歳!男性 そんな中、消費者金融系のキャッシングには事業者向けの商品が用意されている事があり、事業者・経営者の人達が利用できるサービスがあります。

一般的なキャッシングと比較的すると金利は高めの設定にはなりますが、融資までのスピードと利用する上での便利さから、融通の利く借り入れができるでしょう。

事業者・経営者向けにさまざまなキャッシングサービスがあるといっても、調べ始めると意外にもたくさんの種類があることに気づきます。

以下は、数あるキャッシングの中でもオススメなキャッシングサービスです!


事業者・経営者向けにオススメのキャッシングサービス

モビット

モビットの詳細
即日融資 無利息期間 審査時間 借入限度額 実質年率
- 即日
※ご要望に添えない場合も御座います。
1~800万円 3.0%~18.0%
自営業者※OKで、1~800万円まで利用可能。
申し込み条件に、はっきりと「自営業者※も利用可能」と書いてあるのはモビットです。
モビットは限度額が他の業者の中でも比較的高い1~800万円まで設定しています。
また、三井住友銀行か東京三菱UFJ銀行の口座を持っているとWEBのみで契約が完結する「PC・スマートフォンからWEB完結」利用可能!素早い対応で、自営業者※も大助かりですね。
※安定した収入がある方

プロミス

プロミスの詳細
即日融資 無利息期間 審査時間 借入限度額 実質年率
最短即日融資 有 30日
※メール登録とweb明細利用登録必要
最短30分
※ご要望に添えない場合も御座います。
1~500万円 4.5%~17.8%
自営者カードローン」という名前のサービス。限度額300万円まで利用可能。
必要なときだからこそ、スピード審査で当日中の融資も可能となっています。
最高限度額や金利は個人向けローンと同一なので、分かりやすい事業者向けローンとして利用できます。

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクの詳細
即日融資 無利息期間 審査時間 借入限度額 実質年率
30日間 即日
※ご要望に添えない場合も御座います。
500万円 4.5%~18.0%
新生銀行カードローン レイクでは、自営業者OKで、限度額500万円まで利用可能。
個人向けローンとサービスは同じです。事業者向けローンとしても利用できるので便利です。
事業、経営者向けキャッシングの限度額、金利の比較

オススメキャッシング業者をご紹介しましたが、どうせなら融資額が多くて、金利も低いところが良いですよね。
今上げた上記4社の融資額と金利を比較してみました。

モビット プロミス 新生銀行カードローン レイク
1~800万 限度額300万 限度額500万
金利3.0%~18.0% 金利6.3%~17.8% 金利4.5%~18.0%

金額をより多く借り入れたいときは、モビット新生銀行カードローン レイクがオススメです。

金利に関しては金額によって変わりますが大きな差ではないようなので、実際に借り入れを予定している金額を
しっかりと決めから各社比較してみてください。

個人で利用する場合と自営業者で利用する場合とでは何が違うのか?

札束 そもそも事業者ローンって何?
という方のために、もう一度ご説明しておきます。

2010年に改正された総量規制により、原則年収の3分の1以上の借入ができなくなりました。

それによって、総量規制対象のキャッシングサービスでは借りたくても借りられなくなった人が多く出てしまい、銀行などの総量規制対象外のキャッシングの利用が増えたそうです。

総量規制対象外と言えば、銀行というイメージの方が多いかと思いますが、消費者金融や信販会社のキャッシングサービス中にも、総量規制の対象外になるサービスもあります。

それが、事業者向けのローンサービスです。


個人向けキャッシングでは融資の利用目的が制限されることはないのですが、事業者向けローンは事業者・経営者を
対象としたローンサービスなので、利用目的が事業に関係することでなければならないという制限があります。

手続きに関しては個人向けの時とあまり変わらないのですが、事業者向けローンでは契約時に事業を行なっていることが
わかる書類が必要となってきます。

事業を経営するには、何かと資金が必要になりますよね。
総量規制対象外の事業者向けローンなら、総量規制対象のキャッシングでは不可能だった融資額も可能になることがあるので、事業を行なっている方には特にオススメのキャッシングサービスといえるでしょう。

★個人向け融資
借入目的:自由(事業以外)
総量規制:規制対象(銀行のみ対象外)
審査の早さ:各社最短時間は異なるが、30分のところもあり。
借入限度額:会社によるが、300万~500万円のところが多い
担保・保証人の有無:無しのところもある
★事業者向け融資
借入目的:事業限定
総量規制:規制対象外
審査の早さ:スピード審査・融資が可能な会社も多くある。
借入限度額:会社によるが、個人向けよりも高く設定してあるところが多い
担保・保証人の有無:無しのところもある(当サイトでは無しの会社のみを紹介しています)

走る人 ローンの種類
事業者ローンは、大きく2種類に分けられます。
銀行系ノンバンク系といわれるものです。

銀行系ローンというと、比較的低金利の借入れが可能で返済期間も長めに設定されています。
しかし、審査が厳しくて借入れができるまでに時間(日数)がかかります。

また、必要書類という提出しなければいけないものも多いです。

ノンバンク系ローンは、多少金利は高めに設定されていますが、審査が素早いところと提出する書類も銀行系と比べると少ないので、急にお金が必要な場合には大変便利な会社と言えます。


最近はインターネットで申し込みができたりと、利用しやすい状況になってきています。

ただ、審査も通りやすく手軽に借入れができる分、計画的に利用しないと返済について苦しむことになりかねないので、
十分な注意が必要です。

どちらを選ぶかというのは個人の自由ですが、事前に業者のプランをしっかり調べておいたり、ご自身の状況に応じて
よく考えて賢く利用をすれば良いのではないでしょうか。

ページのTOPへ戻る

日本全国のキャッシング
店舗・ATM検索

  • キャッシング店舗・ATM検索

SNS

facebookシェアボタン twitterシェアボタン Google+いいねボタン