キャッシングサービスを選ぶ際におさえておくべきポイントを紹介します!

キャッシングサービス選びで悩んでるなら注目して欲しいポイントまとめ

キャッシングサービスの選び方

お金を借りようと思った時、キャッシングのホームページなどの情報を事前に見てから選ぶ方が多いですよね。

キャッシングサービスといっても、銀行系、信販系、消費者金融など、たくさんの会社があります。

その中でも、無理せず自分の利用にピッタリ合ったキャッシングサービスを選びたいものですよね。

キャッシングサービスを選ぶ際のポイントについて紹介します。

キャッシングの特徴は担保・保証人が不要で、銀行融資に比べてみると審査機関が短く、必要な書類も少ないことが挙げられます。

お金を借りる時に何を重視したいか、自分のニーズをはっきりさせてから商品を選んでください。

キャッシング会社の金利について

18% 初めに気にする方が多いのが、各社の金利情報かと思います。

金利はキャッシングを提供する金融機関の種類によって大きく変わります。

一般的に利用が便利なほど金利は高くなっており、手間がかかってくるほど金利は低いです。

融資までに時間が掛かるのかどうかによるということは、つまり審査通過に関わってくるということになります。

多少なら審査に時間がかかっても金利が低ければいいか、あるいは多少金利が高くても早く資金を手にしたいかなど、目的などから優先順位は様々です。

急いでお金を借りたいと考えているのであれば、多少金利が高くなるのは目をつぶらなければなりません。

高所得者をターゲットとしている銀行は融資限度額も高額なことが多く、金利も低めに設定されています。

低いものでは3%台前半という銀行系キャッシングサービスもあり、注目されています。

逆に、高めの金利設定なのが消費者金融です。
審査の通過のしやすさと融資限度額の小ささと反比例するように、金利も高めに設定されており、18%くらいが一般的と言われています。

キャッシングの融資限度額について

次に注目したいのが融資限度額です。

これから利用しようと思った時に、上限の貸出額を検討することはあまり無いかもしれません。
急いで融資を受けたいときには、初回契約時の融資限度額の方を比較することが多いかと思います。

消費者金融ではは10~30万円程度からのスタートになります。

一方、銀行系では100万円程度からスタートとなります。

キャッシングの返済方法について

そして、返済方法もチェックしておくべきポイントです。

定額リボルビング方式残高スライド方式が一般的ですが、どちらか一方しか利用できないキャッシングサービスも中にはあります。

定額リボルビング方式とは

定額リボルビング方式は「元利定額リボルビング方式」「元金定額リボルビング方式」に分けられます。

元利定額リボルビング方式
指定した一定額を毎月払い、その中から利息を差引いた金額を元金に充当させるもの。

元金定額リボルビング方式
指定した一定額の元金にプラスし、その都度発生した利息を支払うもの。

残高スライド方式とは

毎月の借入残高に応じて返済額がスライドすることから、「残高スライド方式」と呼ばれています。

例で言うと借入残高が1万円以下の場合は返済額が千円、借入残高が2万円以下の場合は返済額が2千円というように、返済額が変更する方式となっています。

キャッシングのATMについて

ATMについて そして、利用できる提携ATMの数も、比べたいポイントのひとつです。

キャッシングサービス提携のATMには、必ずその会社のロゴやマークが書かれています。

コンビニによっては設置してあるATMの種類が違ってきます。

キャッシングサービスと必ずしも提携しているというわけではありませんので、自宅や職場に近い店舗で使えるものを選びたいところですね。


はじめての方にオススメ!安心キャッシングサービス

キャッシングサービスの中には、「○日間無利息」といったサービスがされていることもありますから、そういった情報は必ず調べておいたほうがいいでしょう。

初めてキャッシングを利用する方は特に注目してみてください。

プロミス

プロミスの詳細
担保・保証人 即日融資 無利息期間
最短即日融資有 30日
※メール登録とweb明細利用登録必要
審査時間 実質年率 借入限度額
最短30分
※ご要望に添えない場合も御座います。
4.5%~17.8% 1~500万円

テレビCMでもおなじみのプロミス!
初めて利用する方はメールアドレス登録とweb明細利用で30日間無利息サービスをプレゼント!!
初めてキャッシングを利用したいと考える人にはとてもオススメ。
SMBCグループの消費者金融なので信頼性も高いです。

キャッシングは個人の信用に基づく貸し付けであり、収入などによって信用度が低いとみなされてしまえば、商品によって借りられないケースもあるでしょう。

そうしたときはアルバイト可・主婦可など、一般に借りることが難しそうな属性の方向けのローンをピックアップして探してみると、自分に合ったキャッシングサービスが見つかると思います。

ページのTOPへ戻る

キャッシング体験ブログ

SNS

facebookシェアボタン twitterシェアボタン Google+いいねボタン