業界最高水準のポイント還元率でお小遣いが稼げるi2iポイント

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンって一体何が違うんだろう?

キャッシングとカードローンの違い キャッシングとカードローンの違いを聞かれて、正確に説明できる方は多くないと思います。

希望している金額が借りられるのならどうでも良いことかもしれませんが、キャッシングとカードローンの違いって何だろうと気になることはないでしょうか。

どちらも「カードを使ってお金を借りる」という、同じような意味で使われることも多いのですが、元々の意味にはちょっとした違いがあります。


キャッシングとは?~小口の短期融資(一括払い)~
カードローンとは? キャッシングとは、 cash (現金)を引き出すことです。

つまり、お金を ATM やキャッシュディスペンサーから引き出すことを意味します。
最近では分割払いやリボ払いなどができるところも見るようになりましたが、、
もともとのキャッシングの返済方法は翌月一括払いのみでした。


カードローンとは?~大口融資もあり(リボ払い)~
カードローンとは? ローン( loan )とは、そもそも資金の貸付行為を意味していて、
ある程度まとまった金額を借りることが多いものです。

そのため、ローンは一括ではなくリボ払いが一般的で、長期間かけて返済していく方式が多いです。


簡単に分けてしまうと、小口融資か大口融資かということによって、返済方法が変わるということが大きな違いではないしょうか。

キャッシングとカードローンの金利の差
キャッシングとカードローンの金利の差 カードローンの金利は借入額が大きいほど低金利となり、借入額が少なくなると金利も高くなります。
それでも金利は、キャッシングより高くなることはありません。

キャッシングをリボ払いで返済するという方法もありますが、金利のことを考えるとあまり賢い利用ではないと言えます。

カードローンは多額のため、長期返済を前提にした金利設定をしていますが、
借りる→返す→借りる…などと続けていくと、金利負担は増えていく一方なので、注意したいところです。

なお、審査基準においてキャッシングとカードローンでは、カードローンのほうが厳しいとされています。

カードローンは借入れ額が大きいということもありますが、基本的に銀行が出しているローンは金利が低く設定されている、といった理由があるからです。

業者側からすると貸し倒れリスクも想定されているため、金利が高いほど審査は甘いと考えてよいでしょう。


逆に金利が低いということは、確実に返済してくれる人を選ぶということになりますので、じっくり審査されます。

金利が安いキャッシングサービスの案内と特徴

新生銀行カードローン レイク(銀行系)

新生銀行カードローン レイクの詳細
実質年率 無利息期間 審査時間 借入限度額 手数料・年会費等
4.5%~18.0% 30日間 即日
※ご要望に添えない場合も御座います。
500万円 無料
金利4.5%~18.0%、最高500万円まで融資可能。迅速な審査を行い、通過すると即日利用も可能です。
総量規制の対象外なので、年収による借入制限はありません。
提携ATMの手数料無料。

プロミス(消費者金融)

プロミスの詳細
実質年率 無利息期間 審査時間 借入限度額 手数料・年会費等
4.5%~17.8% 30日
※メール登録とweb明細利用登録必要
最短30分
※ご要望に添えない場合も御座います。
1~500万円 不要
金利4.5%~17.8%、最高500万円まで融資可能。迅速な審査を行い、通過すると即日利用も可能です。
借入総額が年収の3分の1までに制限されます(総量規制)。
三井住友銀行ATMの手数料無料。
イーネット、ローソン、セブン銀行の各ATMで利用可能だが、手数料が掛かる。

(消費者金融)

の詳細
実質年率 無利息期間 審査時間 借入限度額 手数料・年会費等
金利3.0%~18.0%、最高800万円まで融資可能。迅速な審査を行い、通過すると即日利用も可能です。
振込での借入れの振込手数料はアコムが負担。
提携ATMを利用した場合、利用手数料が掛かる。
コンビニATMを利用した際など負担する手数料
取引額 借入額 返済時
1万円以下 108円 108円
1万円超 216円 216円
キャッシングとローンの使い分け

では、キャッシングとローンはどのようにして使い分けたら良いのでしょうか。
急いでお金を必要としている」「借入れが小額の予定」なら、キャッシングが便利です。

金利がカードローンよりやや高めにはなりますが、借入額がわずかで短期で返済できそうなら、簡単審査でスピーディに借りられるキャッシングの方が便利といえるでしょう。

それに対して、「ある程度まとまった資金が必要」「わずかな金利差にもこだわりたい」のなら、ローンを選んだ方がいいでしょう。
銀行系カードローンは、ローンでありながら使い道が自由な点が特徴的です。
ただし、借入れるには職業や年収などに条件がついていることもあるので、あらかじめ確認しておくことが大事になってきます。

いずれも、返済可能な範囲で借り入れることが基本的な条件になってきますので、計画的に利用するようにしましょう。

ページのTOPへ戻る

日本全国のキャッシング
店舗・ATM検索

  • キャッシング店舗・ATM検索

SNS

facebookシェアボタン twitterシェアボタン Google+いいねボタン