キャッシング審査に必要なものは?最短で審査が出来るキャッシング会社を比較!

審査が最短で出来るキャッシング会社を徹底比較!

キャッシングサービスは、お金が足りなくて困ったときに非常に便利なサービスであり、いざという時に大変心強いです!
しかし、残念ながらすべての人が利用できるといった確実性はありません。

キャッシング業者としても、ビジネスでキャッシングを行っています。

銀行などのローンとは違って、キャッシングは無担保・保証人無しでお金を融資できるものですから、キャッシング業者としては、しっかりと返済できるであろう人にしか貸してくれません。

その判断をするのが、申込み後に行われる「審査」というものです。

キャッシングを利用したことがない方にとっては、審査に必要なものは何なのか、どんな審査が行われるのか、不安がいっぱいで気になるところですよね。

ここでは、そんな初心者さんが安心して申し込みが行えるように審査についてご説明していきます。

キャッシング申し込み時に必要な書類

審査の合否判定については、各キャッシング業者により独自の機銃があるのですが、
基本的に必要になる書類はほとんど同じものになります。

①申込書
②運転免許証または本人確認書類
③収入証明書類

mibun証明写真 ①申込書
審査には、基本となる申込書が必要です。
融資を申請するための書類であり、各金融機関の窓口や無人の自動契約機なら近くに用意してあるものに記入して下さい。

インターネット申し込みを利用するのであれば記入フォームがありますので、そこから入力しましょう。

②運転免許証または本人確認書類
次に、運転免許証をご用意してください。

運転免許証を持っていないという方は、本人確認書類として健康保険証、パスポート、在留カード、特別永住者証明書(外国人登録証明書)をご用意ください。

いずれも有効期限内または現在有効なものであることが重要!

※「氏名」「生年月日」「現住所」が記載されているもの。
∟本人確認書類に記載の住所が、現住所と異なる場合
現住所が記載されている、以下のいずれかの書類(原本)の準備が必要。
・公共料金の領収書(都市ガス・電気・水道・固定電話・NHK)
・住民票の写し
・印鑑証明書
※いずれも発行日から6ヵ月以内のものに限ります。


③収入証明書類
キャッシング業者の多くは、契約したい額が50万円を超える場合「収入を証明する書類」が必要になります。
以下のいずれかの書類(一番最新のもの)を準備しておきましょう。
・源泉徴収票
・給与明細
・確定申告書
給与明細の場合、直近2ヶ月分の明細に1年分の賞与明細が必要になることが一般的といえます。
ただ業者によって必要な書類が決まっている事もあるので、事前に確認しておきましょう。

信用情報とは?

個人写真 よく「キャッシングやカードローンを利用すると、信用情報に傷がつくから利用しない方がいい」といった話を聞くことがありますが、本当のところはどうなのでしょうか。

そもそも、信用情報って一体何?
と、具体的な内容を理解していない方も多いと思います。

信用情報は、正確には「個人信用情報」といって、個人に関する支払い情報や属性情報のことです。


【支払い情報】
個人のローン、クレジットカード利用に関する情報です。
具体的には、現在のローンやクレジットカードの契約内容、また、現在利用中or過去に利用していたローンや
クレジットカードの利用状況、返済状況(延滞の記録など)。
債務整理をしたことがある場合は、その内容。
公共料金、携帯電話機種代金(割賦)などの支払い状況などのことを指します。
【属性情報】
住所、氏名、年齢、電話番号、勤務先、年収などの情報です。
※支払い情報と属性情報は一緒に記録されています。

個人信用情報」は銀行などや各金融機関では管理されず「信用情報機関」という機関で管理されています。

私たちがクレジットカードを作ったりローンを組んだり返済したりした情報は、銀行や金融機関が
信用情報機関」に登録し、記録されているのです。

キャッシングを利用すると信用情報に傷がつくのか?

信用情報の傷とは、ローン、クレジットなどで長期延滞をしたり、自己破産等の債務整理をしたり、代位弁済(保証会社の返済)を行った時に記録される「事故情報」のことです。

信用情報に傷があると、ローンの審査やキャッシングの審査に落ちることもあるかと思いますが、この可能性があるのは延滞や債務整理などをした人のことで、キャッシングを利用するだけで、傷が付くことはないので、ご安心ください。

審査が早いオススメのキャッシング会社

お金を借りたいと思うのは、大体が慌てていてり急いでいる時ではないでしょうか。
そんな時、待ち時間が少なくスムーズに審査結果が出たら助かりますよね。

以下の金融機関は、審査時間が早くオススメの会社になります。

審査時間が早いキャッシングサービス
プロミス 最短30分
※ご要望に添えない場合も御座います。

平日14時までにWEB契約完了が必要です。
アイフル 即日も可※ご要望に添えない場合も御座います。
審査結果はでメールまたは電話での連絡。
審査状況によっては、審査結果の回答が翌日以降になる場合があります。
最短即日借入OK。
SMBCモビット 即日
※ご要望に添えない場合も御座います。

14時50分までに振込手続きが完了すれば、即日振込融資が可能です。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

ご紹介したキャッシング会社の全てが、最短30分で審査結果が出ます

申し込みの時間帯にもよりますが、午前中~14時までに手続きが完了すれば、即日振り込み融資が可能なところが多いです。

また、お試しで診断(簡易診断)をしてくれるので、自分が借り入れを出来る状況なのか確認することができます。

審査時間に関しては各社のほとんどが変わらないので、金利や限度額、無利息機関があるのかなども含め、
検討すると良いでしょう。

最短審査!おすすめのキャッシングサービス

プロミス

プロミスの詳細
担保・保証人 即日融資 無利息期間
最短即日融資有 30日
※メール登録とweb明細利用登録必要
審査時間 実質年率 借入限度額
最短30分
※ご要望に添えない場合も御座います。
4.5%~17.8% 1~500万円

最短30分審査!平日14時までに契約完了すれば即日振込融資も可能です!
更にメールアドレス登録とweb明細利用登録で初回30日間無利息OK!
主婦や学生、アルバイトでも安定した収入があれば申込可能なので便利です♪

SMBCモビット

SMBCモビットの詳細
担保・保証人 即日融資 無利息期間
-
審査時間 実質年率 借入限度額
即日
※ご要望に添えない場合も御座います。
3.0%~18.0% 1~800万円

申込から借り入れまでWEB完結申込で完了するので電話や郵便物がなくて便利!
10秒簡易審査で融資可能かすぐわかる!手続き完了後は最短3分(※)で振り込み融資も可能!
パート・アルバイト・自営業の人でも安定した収入がある方なら利用出来るので使える幅が広いです!
※口座への入金が完了する日時は金融機関により異なる。(金融機関によっては24時間入金可能)

アイフル

アイフルの詳細
担保・保証人 即日融資 無利息期間
不要 可能性有 最大30日間
審査時間 実質年率 借入限度額
即日も可※ご要望に添えない場合も御座います。 3.0~18.0% 1万円~800万円

基本的に、審査回答時間内で申告内容に虚偽や記入ミスなどもなく、在籍確認も問題なく取れれば最短即日に審査を終える事は可能です。
また、人気のあるサービスは、申込み者の多い時期・時間帯に申込を行うとうまく繋がらない可能性もあるので、注意しましょう。
アイフルには融資可能かどうかを無料で診断できる「1秒診断」もあるので、事前に調べておくと良いかと思います。

ページのTOPへ戻る

キャッシング体験ブログ

SNS

facebookシェアボタン twitterシェアボタン Google+いいねボタン