業界最高水準のポイント還元率でお小遣いが稼げるi2iポイント

おまとめローンを使うのに最適なのは?

キャッシングを利用していると「おまとめローン」というキーワードーを目にすることは多いのではないでしょうか?
通常のキャッシングの利用ではあまり馴染みのないおまとめローンですが、複数の会社からキャッシングを利用している方は知っておいたほうが返済が楽になったり、お得になったりします。

そもそもおまとめローンって?

大口ローンとは? まずおまとめローンってなに?ていう方も多いかもしれません。
おまとめローンというのは複数の業者からの借金(キャッシング)を借り換えによって1本化する方法のことです。
多重債務に悩んでいる方や債務整理をおこなう際に利用することが主となります。

おまとめローン比較

ひとくちにおまとめローンと言っても会社によって借入金額や返済方法などが異なります。
ここでは当サイトでも人気のアコムプロミスアイフルモビットの4つの会社のおまとめローンの情報について比較してみましょう。

キャッシング会社毎のおまとめローン比較
会社名 サービス名 借入限度額 実質年率 返済回数 返済方法 融資までの日数
プロミス※ おまとめローン 1万~500万円 4.5~17.8% 1~120回 元利金等返済 最短当日
アイフル※ おまとめMAX 1万~300万円 12.0~15.0% 最長120回 元利金等返済 最短当日
モビット※ 商品名なし 最大800万円 3.0~18.0% 借入後残高スライド
元利定額返済方式
最短当日

※フリーキャッシングの公式ページへリンクします。

おまとめローンを利用するメリット/デメリット

まとめてローンはお得なメリットがたくさんありますが、利用する時に気をつけないといけない注意もいくつかあります。
複数から借り入れを行っていても、まとめないほうがお得だということもありえます。
ここではおまとめローンをおこなう時のメリット注意した方がいい点(デメリット)を比較して、本当におまとめローンが必要かどうかを再確認してみましょう。

メリット
1.金利を下げることが可能

複数の消費者金融からお金を借りる時、一般的な上限の金利は18.0%程が一般的です。
しかし、1社から100万円以上の借り入れを行う場合は15.0%までその金利を下げることが出来ます。細かく、多数の金融会社から借りている場合はまとめることによって金利を下げてお得に利用できることがあります。
おまとめローンを利用する際には今の手数料をそれぞれの会社で借りている金額を確認して、比べてみましょう!

2.返済日を統一することが出来る

複数の業者を利用している場合には業者によって返済日が異なる場合がございます。
家計の管理が苦しかったり、慌ただしい場合は返済日をうっかり忘れてしまう場合もあります。
おまとめローンによって返済日を統一すれば煩わしい管理などがなくなり、精神的にも楽になります。

3.毎月の返済額を下げることが可能

おまとめローンを利用することによって毎月の返済金額を少なくすることが可能です。
利用する方の多くが毎月の返済額が多く、生活が苦しくなりおまとめローンを申し込む方が多いです。

金利下げ そういったことに対して便宜を図れるよう、おまとめローンの返済期間は通常のキャッシングよりも長めに設定されています。
金額が同じで返済期間が長くなるということは、1月に返済する金額が減って日々の生活の負担を減らすことが出来ます。
ここで注意しないといけないのが1ヶ月の返済金額が減ったとしてもトータルの返済金額が減るわけではないのでお金を使っても大丈夫というわけではないことです。

4.総返済金額を少なくすることが可能になる場合がある

1.と関連しているのですが、金利が軽減される、振り込みのための手数料を一元化して安くする等の要素が重なってトータルでの返済金額が減ることがあります。
細かく積み重なる振込手数料なども一元化して無駄な出費を抑えることができるので、多額のキャッシングを抱えている人だけでなく、長期間にわたって返済プランを立てている人も総返済額を減らすチャンスがあります。

こうしてみると何が何でもおまとめローンにして一括にした方がいい!と考えてしまう人も居ますが、そうではありません!
次のデメリットの可能性も含まれているということを念頭に置きながら考えてみましょう。

デメリット
1.返済総額が増えることがある

金利上げ メリットのところで金利の説明をしましたが、おまとめローンを利用する前の金利が15.0%、おまとめローン利用後の金利も15.0%とします。
おまとめローンを利用することによって月々の返済金額を減らして、返済期間を伸ばすことにすると返済額と金利は今までと変わらず、返済期間だけ伸びているので伸びた返済期間の分だけ余分に金利を払うことになってしまいます。

2.審査が通りにくい

通常のキャッシング同様、おまとめローンにも審査があります。
しかも、おまとめローンは通常のキャッシングより必然的に金額も多くなり、審査が厳しくなってしまう事が多いです。
また、借入件数が多すぎたり、まとめるためのキャッシングの返済に遅延や滞納が見られた場合は更に審査が厳しくなります。
通常のキャッシングを借りる時でも前述のようなことがあると厳しくなる場合がありますが、おまとめローンだとそれ以上に厳しくなることが多いです。
特に銀行系のおまとめローンだと金利が低い分、細かいところまでチェックされることが多い傾向にあります。

3.再び多重債務に陥る例がある。

多重債務 これはおまとめローンを利用する人が陥りがちなミスです。
月々の返済額が減る、返済する会社が減ることによって、「借金が少なくなった」と錯覚を起こしてしまうことがあります。
上述のメリットで多少は下げることが出来ますがあくまで金利の話。根本的にお金を借りていることに代わりはなく、返済額が減っているわけではありません。
おまとめローンを利用した後に急に生活の水準を上げて、また新たにキャッシングを利用してしまうということもありますので、おまとめローンを利用しても借金が減ったという考えは持たないように注意しましょう。

おまとめローンを利用するタイミングとは

おまとめローンはいつ、どのタイミングで利用してもいいというものではありません。
メリット、デメリットの点でもいろいろとお伝えしましたが、おまとめローンを利用するにあたって利用した方がいいタイミングというものがあります。

1.三社以上からの借り入れを行っている時
2社からでもおまとめローンを利用できますが、金額が一社200万円や500万円といった大きな金額でもない限りおまとめローンにしたほうが金利などトータルでお金がかかってしまう場合があります。
三社以上からの借入で生活の圧迫を感じるようであればおまとめローンを利用することをオススメします。
計算 2.利用しているキャッシングの金利平均が15%を超えている場合かつ、合計借入金額が100万円を超える時
上記の場合は今すぐにでもおまとめローンを利用した方がいいでしょう。
100万円を超えると金利の上限が15%まで下がりますのでトータルでの返済金額が減ることになります。
逆にそれ以外の場合は複数から借りすぎて返済のプレッシャーが多くないかぎりはそのまま返済したほうが金額的にはお得になります。

いかがでしたでしょうか。
おまとめローンには便利な面がたくさんあり、金利を抑えることも出来ますが、下調べをしてから利用しないと、逆に損してしまうこともあります。
また、おまとめローンがあるからといってむやみに借り過ぎには注意しましょう!
審査に落ちることもありますのであくまでも万が一の時の手段にしておくのがいいでしょう。

プロミス

プロミスの詳細
即日融資 無利息期間 審査時間 借入限度額 実質年率
最短即日融資 有 30日
※メール登録とweb明細利用登録必要
最短30分
※ご要望に添えない場合も御座います。
1万~500万円 4.5~17.8%
他の会社でも借りているローンを一つにまとめることが出来るプロミスのローン!
追加の借り入れは出来ませんが、いくつもローンを抱えている方は1つにスッキリまとめることが出来るのでとても便利です!

アイフル

アイフルの詳細
即日融資 無利息期間 審査時間 借入限度額 実質年率
可能性有 最大30日間 即日も可※ご要望に添えない場合も御座います。 1万~500万円 12.0~15.0%
アイフルのおまとめローンは貸金業者からの借り入れをまとめたり、借り替えたりといったことが出来ます。
最大年率は15.0%と他より安く最高300万円まで利用出来て少額からの利用でも問題ありません!

モビット

モビットの詳細
即日融資 無利息期間 審査時間 借入限度額 実質年率
- 即日
※ご要望に添えない場合も御座います。
最大800万円 3.0~18.0%
モビットでは、おまとめローン※であっても申込から審査まで全てWEB上で済んでしまうのでお店に行く必要がなく、手軽に利用が出来ます。
また、お店に行く必要がないことから知人や家族にバレることなく利用が出来るのも嬉しい点です。
更に利用限度額が最高800万円までOKなので、利用出来る金額が高いのも人気の秘密です。
※おまとめローンという商品はありませんが限度額800万円の頼れるローン。資金使途が自由なのでおまとめ等幅広い使い方が可能です。

ページのTOPへ戻る

日本全国のキャッシング
店舗・ATM検索

  • キャッシング店舗・ATM検索

SNS

facebookシェアボタン twitterシェアボタン Google+いいねボタン