キャッシングサービスと銀行カードローンの違いを分かりやすく解説

キャッシングサービスと銀行のカードローンはどちらも現金を借入できるサービスです。
ではこの2つはどう違うのでしょうか。

今回は消費者金融で行われるキャッシングサービスと銀行のカードローンの違いについてご紹介します。

キャッシングとカードローンとの違いとは

キャッシングとカードローンとの違い
参照: 三井住友VISAカード「キャッシングとカードローン、違いを理解して上手に借入をしよう」より

キャッシングと銀行カードローンはどちらも現金を借りるサービスです。
どちらもカードを使って借入を行うので、明確な違いが良く分かっていない方も多いのではないでしょうか。

キャッシングとカードローンの違いについて解説する上で、まず言葉の意味を整理します。

キャッシングは「現金を借りられるサービスの総称」という意味があります。
そしてキャッシングの中に、「カード付帯サービスのキャッシング」と「カードローン」が含まれています。

つまりキャッシングとカードローンの違いは、借入れ手段や金利などが違うだけで、どちらも現金を借入れられるキャッシングサービスです。

「キャッシング」は、クレジットカード会社が提供するサービスで、クレジットカードに付帯しているキャッシング機能を使って借入や返済を行います。

ただ消費者金融などのカードローンも「キャッシングサービス」という名称にしていたり、「キャッシングサービス専用のカードローンとそのサービス」のことを指すなど、明確に分けていない会社もあります。

カード付帯サービスのキャッシング
カード付帯サービスのキャッシングとは買い物などで利用できるクレジットカードに、現金を借入れるキャッシング機能がついたカード。
クレジットカード会社が提供するサービスで、クレジットカードに付帯しているキャッシング機能を使って借入や返済を行います。
カードローン
カードローンは現金の借入に特化した、キャッシング専用の借入サービスのこと。
カードローンを提供する会社と契約し、利用可能な枠内で現金を借入れます。

キャッシングとカードローンとの金利の違い

キャッシングとカードローンとの金利の違い
参照: 三井住友VISAカード「キャッシングとカードローン、違いを理解して上手に借入をしよう」より

それではカード付帯サービスの「キャッシング」と「カードローン」の違いについて見ていきましょう。

カード付帯サービスの「キャッシング」

クレジットカードは1枚のカードで、買物も現金の借入もできる手軽さが人気です。
キャッシング機能を利用したい時は、大手カード会社のクレジットカードなら、全国の銀行やコンビニ、郵便局のATMで銀行のキャッシュカードとほぼ同じ感覚で利用でき、海外で利用もできます。

金融機関の営業時間外やカードが利用できないお店などでお金が必要になった時に便利なサービスです。
返済は一括返済方式や、リボルビング払い(リボ払い)などが適用されます。
リボルビング払いには、いくつかの返済方法があり、返済の仕方はカード会社によって異なります。

一般的に借入の限度額は数十万円までと、カードローンと比べるとそこまで多額ではなく、金利も高めに設定される傾向があります。

現金の借入専用「カードローン」

カードローンは、借入専用として利用できるものです。
カード会社や消費者金融業者、銀行など、多くの会社から色んなカードローンが提供されています。

ATMでの借入だけでなく、指定した金融機関口座にお金を振り込んでもらう借り方もできます。
限度額の範囲内であれば、何度でも借入れでき、限度額は数十万円から数百万円と高額に設定されています。

返済方法は、月々の支払い期日に銀行口座から一定額が引き落とされるリボルビング払いが適用されます。
このほか、ボーナスなどの臨時収入があったときには、繰上返済出来るところもあります。

こちらはカード付帯サービスのキャッシングと比較すると、金利は低めです。

銀行と消費者金融とでは何が違う?

同じカードローン(キャッシング)を取り扱っている銀行と消費者金融業者。
消費者金融業者の代表的なところでは、プロミス、アコム、アイフルなどが挙げられますが、 銀行と消費者金融業者にはどのような違いがあるのでしょうか。

銀行系カードローン
銀行などの金融機関が提供しているカードローンです。
都市銀行・地方銀行・ネット銀行などが取り扱っています。
銀行系カードローンは信販系や消費者金融と違い、総量規制の対象とならないのが一番の特徴です。
そのためすでに総量規制を超えている方、また専業主婦の方など定期的な収入のない方が銀行系カードローンを選ぶことが多いとされています。
消費者金融系カードローン
消費者金融が発行しているカードローンのことです。
消費者金融とは、個人に対して小口融資を行う業者のことを指します。
消費者金融系は、ローンサービス独自の提供に特化しています。
アイフルやプロミスなどは消費者金融に含まれます。
信販系カードローン
信販会社やクレジットカード会社が取り扱っているカードローンは、信販系と呼ばれることがあります。
信販系カードローンは、クレジットカード会社や信販会社がそれぞれ手掛ける独自のサービスが付いていることもあります。

消費者金融と銀行系カードローンの違いを徹底比較

カードローン(キャッシング)を取り扱う消費者金融、それから銀行との一大きな違いは金利です。

一般的に消費者金融よりも銀行系カードローンの方が金利は少なく設定されています(下記表参照)。
そのため利息の負担を抑えるなら、銀行系カードローンを選んだ方が得といえます。

ただし一部の消費者金融では、一定期間無利息になるサービスを行っています。
そのため少額の場合は、無利息サービスを使える消費者金融の場合がお得な場合もあります。

金利一覧表
消費者金融 金利(実質年率) 借入限度額
アイフル 3.0~18.0% ~800万円
SuLaLi(アイフル) 18.0% ~10万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% ~800万円
プロミス 4.5%~17.8% ~500万円
プロミスレディースキャッシング 4.5%~17.8% ~500万円
レイクALSA 4.5%~18.0% ~500万円
銀行 金利(実質年率) 借入限度額
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 10〜800万円
auじぶん銀行 1.48%~3.5%(通常) 1万円~800万円

消費者金融と銀行、総量規制や借入限度額についても知る

総量規制や借入限度額についても知っておく 消費者金融と銀行には「総量規制」が適用されるかされないかが大きな違いとしてあります。

総量規制とは貸金業法によって定められており、以下のルールが適用されます。

・年収の3分の1まで
年収などを基準とし、その3分の1を超える貸付は原則禁止されています。
これは1社だけでなく、複数社から借りた場合でも適用されます。

つまり、年収300万円の方の場合、A社から80万円を借りていると、B社では20万円までしか借入できません。
そのため借入限度額が800万に設定されていたとしても、年収の3分の1を満たしていなければ借りることができません。

・収入証明書類の提出が必要
消費者金融では、一定額を超える貸付には収入証明書類の提出が義務付けられています。
ただし銀行でも、収入証明書類の提出を求めるところは多いです。
総量規制は消費者金融など「貸金業者」として登録されている業者のみに適用されます。

そのため銀行などは総量規制の対象外です。
ただし銀行なども審査がありますので、必ず消費者金融よりも借りられるとは限りません。

審査の基準は各社独自で設けている

カードローンやキャッシングを利用する際には、各社が設けている審査基準をクリアする必要があります。
審査基準は統一されているものではなく、各社の基準によって行われています。

この基準は公開されていないため、利用者はどんな審査があるのか知ることはできません。
基本的に、審査は以下のようなことを確認するといわれています。

  • 申込者に安定した収入があり、返済能力があるか
  • 年収、勤続年数、雇用形態などの属性の確認
  • 過去に返済を滞納したことはないか
  • 多重債務など信用情報に傷はないか

一般的に金利が低い分、銀行系カードローンの方が審査は厳しめといわれています。

銀行系カードローンの方が審査時間は長い

審査スピードについても違いがあります。
銀行は最短でも翌日の融資になることが多いですが、消費者金融では「即日融資」をウリにしているところも多いです。

これは銀行系カードローンの新規申込者に対し、警視庁のデータベース照合が義務付けられたためです。
これによって反社会的勢力とのつながりがないのか確認します。
そのためすぐに現金が必要という方は、消費者金融の方が向いているといえるでしょう。

ブランドイメージや信頼度の高さ

「お金を借りる」という行為の性質上、人は信頼性の高い会社を利用しようとします。
そのため、信頼度の高い銀行を利用しようとする人は多いです。

全国銀行協会が発表した資料によると、銀行カードローンを選んだ理由として「銀行なら安心だから」が一位となっています。
参照: 全国銀行協会「銀行カードローンに関する消費者意識調査に関する報告」(2020年3月31日)

このことから銀行系カードローンを選ぶ方は、金利の低さだけでなく信頼度の高さでも選んでいるということが分かります。

銀行と消費者金融の金利の決まり方と返済期間の限度

また返済期間も各社によってそれぞれ定められています。
一般的にカードローンは返済期間を定めて融資を受けるのではなく、「最低返済額」を決めて借入を行います。

この点が住宅ローンやオートローンとの大きな違いです。
返済期間や返済回数は各社によって異なります。

カードローンは毎月決まった額を、決まった日までに返済します。
もちろん一括で返済してもかまいません。

ただし最低返済額だけでは、利息があるのでなかなか借入残高は減りません。
そのため借入の際は最低返済額だけでなく、利息もしっかり計算しましょう。

金利は借入額によって決まる

利息は借入金額ごとに上限金利が決まっています。
そして金利は借入額によって決まります。
実際の借入額ではなく、借入枠なので注意しましょう。

各社が定めている返済方法は以下のようになります。

返済方法:約定日制:
利用者にとって毎月都合の良い日を返済日に指定する方法です。返済期日までの10日間が返済期間です。
口座振替を希望した場合は、返済日に自動で引き落とされます。

サイクル制:返済日の翌日から35日後が次回返済日となる方法です。
ただし返済期日の前であればいつでも返済できます。

返済期間・返済回数:借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)

最大金利で借りた際の利息計算:
アイフルの利息は1日の利息の計算は「利用残高×契約年率÷365日×利用日数」です。
アイフルの最大金利は18.0%なので、10万円を1ヶ月りた場合、
10万円×18.0%÷365日×1ヶ月なので利息は1,479円です。

SuLaLi(アイフル) はアイフルが提供する女性向けのカードローンです。

限度額が10万円と低く設定されているのが特徴です。
そのため金利は一律18.0%に設定されています。

返済方法や利息計算もアイフルと同様です。

返済回数及び返済期間:最長60回(5年)
ただし合理的な理由があると認められた場合は最長106回(8年10ヶ月)となっています。

最大金利で借りた際の利息計算:
SMBCモビットは、「借入残高×借入利率÷365日×返済期日以前利用日数」で計算します。
SMBCモビットの最大金利は、18.0%なので10万円を1ヶ月で返済する場合、
10万円×18.0%÷365日×1ヶ月となり、利息は1,79円です。

返済期日:プロミス では、5日、15日、25日、末日の中から、利用者の都合に合わせて選べます。

返済期間・返済回数:最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回

最大金利で借りた際の利息計算:
利息はご利用金額×借入利率÷365日×ご利用日数で計算されます。
プロミス の最大金利は17.8%なので、10万円を30日間利用した場合は、
10万円×17.8%÷365日×1ヶ月となり利息は1,463円です。

プロミスレディースキャッシング は、プロミスが提供する女性向けのカードローンです。
返済期日や返済期間・返済回数、最大金利で借りた際の利息はプロミスと同様です。

返済期日:返済日を指定できます。
返済期間・返済回数:最長8年・最大96回
(ただしカードローンは最長5年・1回~60回)

最大金利で借りた際の利息計算:
「利用金額×貸付利率÷365日」で計算します。 最大金利は18.0%なので10万円を30日で返済する場合、
10万円×18.0%÷365日×1ヶ月30日となり、利息は1,500479円です。

返済期日:口座からの自動振替の場合、1日、12日、20日、27日の中から選べます。

返済期間・返済回数:1年毎の自動更新

最大金利で借りた際の利息計算:
「借入残元金×利率÷365日×借入日数」で計算します。
最大金利は14.5%なので、10万円を1週間で返済すると、
10万円×14.5%÷365日×1ヶ月なので、利息は1,191円です。

場面によって消費者金融キャッシングと銀行系カードローンを使い分けよう

今回の記事では、キャッシングとカードローン、銀行と消費者金融の違いなどをご紹介しました。
どちらも現金を借入できるサービスですが、総量規制や審査の厳しさ、最大限度額や返済回数など様々な違いがあります。

急いでお金を必要としている」「借入れが小額の予定」なら、キャッシングが便利です。

金利がカードローンより高めにはなりますが、借入額がわずかで短期で返済できそうなら、簡単審査でスピーディに借りられるキャッシングの方が便利といえるでしょう。

それに対し「ある程度まとまった資金が必要」「わずかな金利差にもこだわりたい」のなら、銀行系カードローンを選んだ方がいいでしょう。

銀行系カードローンは、ローンでありながら使い道が自由な点が特徴的です。
ただし、借入れるには職業や年収などに条件がついていることもあるので、あらかじめ確認しておくことが大事になってきます。

いずれも、返済可能な範囲で借り入れることが基本的な条件になってきます。
自分にとってどちらが適しているのか考え借入を行いましょう。

また利息計算を行うことも大切です。
高額になればなるほど、金利による違いが大きくなってきます。

各サービスでは「返済シミュレーション」なども用意されていますので、借入前に確認しておくのもおすすめです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事