キャッシングやローンを利用する際「担保」という言葉を聞いたことはありませんか?
「担保」とは、将来生じるかもしれない不利益に対してそれを補うことを保証すること、または保証するものです。

キャッシングの担保とは?担保の種類を紹介

保証人 担保の種類としては物的担保と人的担保がありますが、金銭債務に関していうと人的担保として「保証人」が立てられるというケースがよく見られます。

また、保証人には通常の「保証人」と「連帯保証人」がありますが、違いの意味を即座に明確に答えられる人はほとんどいないのではないでしょうか。

特に変わらないと思ったら大間違い。
この両者では責任の度合いが大きく異なります

まず通常の「保証人」とは、お金を借りた人=債務者が返済不能になった時に代わりに返済する義務を負っている人のこと。
「連帯保証人」よりは比較的責任が軽く位置づけられています。

具体的には主債務者に請求をしてからでないと、保証人に債務の履行を求める事はできないようになっています。
これを催告の抗弁権と言います。

主債務者に債務の履行を請求し、債務者が履行してくれないという状況になってから初めて保証人への債務の履行を請求する事が可能になります。

これに加えて財産の差押えなどを行う際にも、主債務者に対して先に行わなければなりません。

それだけで債務の弁済に充てるのに足りない場合には、保証人の財産を差し押さえる事が可能になります。
これを検索の抗弁権と言います。

こういった通常の「保証人」対して「連帯保証人」とは、債務者と同じ義務を負う人のこと。
「連帯保証人」の場合は、責任の度合いが比較的重く位置づけられています。

通常の「保証人」とは異なり、催告の抗弁権と検索の抗弁権がありません
債務の履行期が到来していようとも、最初から連帯保証人に債務の返済を求める事が可能になります。

さらに財産の差押えを行う場合に関しても、最初から連帯保証人の財産を差し押さえる事が可能です。
「連帯保証人」の方が債務者には有利なので「保証人」より「連帯保証人」を立てるという契約の方が多く見られます。

債権者に弁済した分に関しては、主債務者に求償できるという点で「保証人」でも「連帯保証人」でも共通しています。

簡単に言ってしまうと…
保証人」=債務者が返済不能になった時に返済しなければならない。
連帯保証人」=債務者が返済不能にならなくても返済しなければならない。 ということになります。

保証人や連帯保証人だけはなりたくない!と思っていても、人生の中ではならざるを得ない場面もあると思います。
(例)子供の奨学金、キャッシング、親しい友人の借金など。

お金 奨学金といっても返済義務があるものは立派な借金です。

保証人や連帯保証人になると本人とともに返済の義務を負うことになります。
このように、どうしても保証人や連帯保証人にならなくてはいけない場合、金額に注意することが大事です。

保証人や連帯保証人になると決めたからには、その借金を自分が背負うという覚悟の上で承諾してください。

万が一債務者が返済不能になった場合、自分で返済できる金額の範囲内のみの保証人や連帯保証人になるようにしましょう。


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事