キャッシングの借入限度額はどこまで?キャッシング会社7社を比較

キャッシングを利用する際「一体どれくらいの金額が借りられるのだろうか」と思っている方は多いのではないでしょうか。
キャッシングの借入限度額はキャッシング会社によって異なります。
今回は大手キャッシング会社7社の借入限度額をご紹介します。

キャッシングの借入限度額とは?上限はどうやって決まっているの?

キャッシングはいざという時にお金を借り入れる方法として広く知られています。
しかし実は借りられる金額は人によって異なります。

いざという時に「思っていたより借りられなかった」とならないように、自分がどのくらい借りられるのか上限をしっかりと把握しておきましょう。

またキャッシングには「増額」という方法が存在します。
これは金融機関から信用を得ることで、キャッシングの上限を増額することです。

ここでは借入限度額が決まる仕組みと、増額の方法についてご紹介します。

キャッシングの借入限度額は人によって違う

キャッシング会社によって上限はやや異なりますが、人によって借入限度額は異なります。
これには「総量規制」が関係しています。

総量規制とは「貸金業者は利用者の年収の3分の1を超える金額を貸してはならない」という規制です。
ここでは貸金業法という法律によって決まっています。
つまり年収が300万円の方は100万円が限度額の上限となります。

これは複数の会社から借りている場合も適用されます。
最初の会社で50万借りていれば、他の会社では50万円しか借りられません。

金融機関ではキャッシングの審査をする際に、「信用情報機関」から利用者の信用情報を照会します。
その他の利用者は借り入れの状況について、嘘をついて申告することはできません。

金融機関から信用されれば増額の可能性もある

ただし総量規制よりも少ない限度額を示される場合もあります。
これは、金融機関が年収だけでなく勤務先や雇用形態など、利用者のさまざまな属性情報を分析するためです。
これによって利用者がどのくらいの返済能力を有しているのかが審査され、借入限度額が決定されます。

もし限度額が総量規制よりも低かった場合でも、取引が始まって一定期間が経過した後に、もう一度審査が行われ増額が行われる場合があります。

これは延滞をせずに返済をした利用者が、金融機関から信用を得たためです。
もし増額を希望する場合は、新規契約から半年ほどを目安に再び申し込みしてみましょう。

総量規制の対象にならない金融機関もある

総量規制を超える金額は借りることができませんが、実は総量規制の対象は「貸金業者」のみです。
貸金業者は「消費者金融」「信販会社」「クレジットカード会社」などが当てはまります。

そのため「銀行」や「信用金庫」、「信用組合」などの金融機関であれば総量規制の対象になりません。

ただし銀行などで借入する場合も審査があります。
総量規制を超えて借り入れした場合でも、ちゃんと返済できるのか検討しましょう。

キャッシング会社7社の借入限度額と条件の比較

借入限度額や限度額いっぱいに借りた時の条件などは、キャッシングを行っている会社ごとに異なります。
また会社によってはある一定額を超えた利用や、他社を含めた金額がある一定を超える場合は、収入を証明する書類の提出が必要です。

そのためキャッシング会社では、貸付の対象者を「定期的な収入と返済能力を有する人」と定めています。
現在定期的な収入がない人や年金受給者などは貸付の対象になりません。
ではキャッシング会社ごとの借入限度額と限度額いっぱいに借りた時の条件などをご紹介します。

キャッシング会社ごとの借入限度額一覧
消費者金融 実質年率 借入限度額
アイフル 3.0~18.0% ~800万円
SuLaLi(アイフル) 18.0% ~10万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% ~800万円
プロミス 4.5%~17.8% ~500万円
プロミスレディースキャッシング 4.5%~17.8% ~500万円
レイクALSA 4.5%~18.0% ~500万円
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 10〜800万円

アイフル

アイフル

アイフル の借入限度額は800万円以内に設定されています。
アイフル は総量規制の対象となるので、年収の3分の1までに制限されます。
また以下の場合には収入証明書の提出が必要です。
・利用限度額が50万円を超える場合
・アイフル の利用限度額と、他の貸金業者からの借入合計額が100万円を超える場合
初めての申し込みの場合、最短30分で入会審査結果が電話かメールで連絡されます。
申込時間帯によって翌営業日の対応になります。

実質年率 借入限度額 無利息期間
3.0~18.0% ~800万円

最大30日間

担保・保証人 即日融資 パート/アルバイト
不要


※満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす 方

法人の方には「事業サポートプラン」もある

個人事業主などが事業を行う際には「年収の3分の1以上を借りたい」と思う場合も多いのではないでしょうか。

アイフルでは事業主向けに「事業サポートプラン(無担保ローン)」が用意されています。
これは個人プランと法人プランに分かれており、借入限度額と金利が通常と異なります。

事業サポートプランの借入限度額と金利
プラン名 事業サポートプラン(個人) 事業サポートプラン(法人)
対象 個人事業主 法人
契約形態 個人契約 法人契約
貸付利率 3.0%~18.0% (実質年率)
借入限度額 1万円~500万円
担保・連帯保証人 原則不要 代表者の連帯保証…原則必要
担保・第三者連帯保証人…原則不要

事業サポートプランの限度額は500万円までですが、事業性のある資金の借入は総量規制の対象とならないため、年収の3分の1以上でも借りることが可能です。

SuLaLi(アイフル)

SuLaLi(アイフル)

SuLaLi(アイフル) はアイフルが提供する女性向けのカードローンです。
一番の特徴は借入限度額が「10万円まで」という点です。
これは「借り過ぎてしまうかもしれない」「返せなくなったら困る」というお悩みをアイフル側が考慮した結果、作られた商品です。
飲み会やお祝い、不意な出費などが重なった時でも、無理なく返済できます。
10万円以上を超えて借りたい場合は審査が必要です。
SuLaLi(アイフル) 専用ダイヤルまで問い合わせて審査を受けましょう。

実質年率 借入限度額 無利息期間
18.0% ~10万円

最大30日(初回の方)

担保・保証人 即日融資 パート/アルバイト
不要

不要


※安定した収入がある方

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビット の借入限度額は800万円までに設定されています。
SMBCモビット は消費者金融なので総量規制の対象となります。
そのため年収の3分の1までの金額しか借入できません。
SMBCモビット は申請時に収入証明書が必要です。
またSMBCモビット では法人向けの商品は展開していません。

実質年率 借入限度額 無利息期間
3.0%~18.0% ~800万円

-

担保・保証人 即日融資 パート/アルバイト
不要

不要


※安定した収入がある方

プロミス

プロミス

プロミス の借入限度額は500万円までです。
プロミス は消費者金融ですので、総量規制の対象となります。
また以下の場合、収入証明書の提出が必要です。
・借入額が50万円を超える場合
・プロミス での借入額と他社の利用残高の合計が100万円を超える場合
借入限度額を変更する場合は、インターネットからも申し込み可能です。
申し込み当日から利用限度額の変更ができ、審査結果はメールで連絡がきます。

実質年率 借入限度額 無利息期間
4.5%~17.8% ~500万円

30日
※メール登録とweb明細利用登録必要

担保・保証人 即日融資 パート/アルバイト
不要


審査は最短30分

急に資金が必要な自営業者のための「自営者カードローン」

自営者カードローンは最大300万円の借入限度額が特長のカードローンです。

スピード審査で、希望によっては当日中の融資も可能です。
また事業資金だけでなく、プライベート資金にも利用できます。

プラン名 自営者カードローン
借入利率 6.3%~17.8%(実質年率)
借入限度額 300万円まで
申込可能年齢 年齢20歳以上、65歳以下の自営者の方

申し込みには「確定申告書」または「青色申告決算書」などの収入証明書類のほかに、事業実態を疎明する書類が必要です。

プロミスレディースキャッシング

プロミスレディースキャッシング

プロミスレディースキャッシング は、プロミス が提供する女性向けのカードローンです。
女性専用ダイヤルがあり、女性オペレーターが対応してくれます。
プロミス と同様に総量規制の対象です。
借入限度額変更の手続きはインターネットから申し込みできます。
またプロミス と同じく
・借入額が50万円を超える場合
・借入額と他社の利用残高の合計が100万円を超える場合
には、収入証明書類が必要です。

実質年率 借入限度額 無利息期間
4.5%~17.8% ~500万円

30日間無利息
※メールアドレス登録とweb明細利用登録必要

担保・保証人 即日融資 パート/アルバイト
不要


審査は最短30分

レイクALSA

レイクALSA

レイクALSA も総量規制の対象となります。
会員ページから取引状況を確認し、借入可能額があれば申し込みできます。
現在の借入可能額の増額が検討できるかも、会員ページから確認できます。
また以下のいずれかの場合には収入証明書類の提出が必要です。
・レイクALSA での利用限度額の総額が50万円を超える場合
・レイクALSA での利用限度額と他社の借入総額が100万円を超える場合
・既に提出した収入証明書類の発行日から3年以上経過している場合
レイクALSA では法人向けの商品は扱っていません。

実質年率 借入限度額 無利息期間
4.5%~18.0% ~500万円

Web申込で60日間無利息
借入額5万円まで180日間無利息
※初めてなら

担保・保証人 即日融資 パート/アルバイト
不要


※安定した収入がある方

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

銀行ですので、総量規制の対象となりません。
借入限度額は審査によって決定されます。
申込時には申込書のほか、本人確認書類と収入証明書類が必要です。
資金の用途は原則自由ですが、事業用資金には利用できません。

実質年率 借入限度額 無利息期間
1.9%~14.5% 10〜800万円

-

担保・保証人 即日融資 パート/アルバイト
不要


※安定した収入がある方

個人事業主や法人対象の「楽天銀行ビジネスローン」もある

楽天銀行ビジネスローン個人事業主または法人の方が申し込めるローンです。
申し込みは以下の条件が定められています。

・楽天銀行の普通預金口座を持っている方 ・確定した決算書もしくは確定申告書3期分を提出可能な方 ・申込時に税金の対応や他の金融機関からの借入延滞がない方 ・楽天銀行の審査基準を満たす方
プラン名 楽天銀行ビジネスローン
借入利率 固定・変動金利
借入限度額 100万円以上(10万円単位)1億円以下

楽天銀行ビジネスローンは運転資金のみに利用できます。

クレジットカードのキャッシングも総量規制の対象となるので注意

消費者金融や銀行などの、金融機関でのキャッシングのほか、クレジットカードで現金が借りられるキャッシングサービスもあります。

これは総量規制の対象となり、年収の3分の1を超える金額を借りることはできません。
これはクレジットカード会社も「貸金業者」となるからです。 しかしクレジットカードで行うショッピングには貸金業法は適用されないので、総量規制の対象外となります。

借入を行う場合は借入限度額と総量規制について知っておこう

総量規制は過度な借入から消費者を守るために制定されました。
年収などを基準に3分の1を超える貸付は原則禁止されています。

ただし総量規制の対象となるので貸金業者の貸付のみなので、銀行などのローンは総量規制の対象となりません。

借入限度額が思ったより少ないなと感じたら、総量規制の計算をしてみましょう。
また総量規制の範囲内で増額を行いたい場合は、増額の申し込みを検討してみるのがおすすめです。

借入のルールを知っておくことで、いざという時に困らないで済みます。

いかがでしたでしょうか。
人気キャッシング会社の情報を見比べてみて自分が最も借りやすい、返済しやすい会社はどこなのか。

是非、キャッシング選びの参考にしてもらえればと思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事