厳選3社!大手キャッシング会社を徹底比較しました!

大手キャッシング3会社それぞれの特徴を比較

テレビCMや広告など、一度は耳にしたことがある!という大手キャッシング会社3社を厳選し、様々な情報ごとに比較しました。

キャッシングを利用したいけど、どの業者にすればいいのか迷ってる方や、はじめてのキャッシングなら有名・大手で借りたい!
と思っている方は是非キャッシング会社選びの参考にして下さい。

大手キャッシングサービス厳選3社の基本情報を比較

サービス名 SMBCモビット アイフル プロミス
実質年率 3.0%~18.0% 3.0~18.0% 4.5%~17.8%
借入限度額 ~800万円 ~800万円 ~500万円
無利息期間

-

最大30日間

30日
※メール登録とweb明細利用登録必要

審査時間

即日(申込日当日)
※様々な要因により即日借入が出来ないことがあります。

即日も可(申込日当日)
※様々な要因により即日借入が出来ないことがあります。

即日(申込日当日) 
※様々な要因により即日借入が出来ないことがあります。

自動審査

不要


審査は最短30分

担保・保証人 不要 不要 不要

キャッシングサービスの金利で比較!

サービス名 SMBCモビット アイフル プロミス
実質年率 3.0%~18.0% 3.0~18.0% 4.5%~17.8%

それぞれのキャッシング会社の審査によって使う人の限度額が決定して、それにより適用される金利率が決まります。

たとえば審査の結果「限度額250万円・利率4.5%」と設定された人がいた場合、5万円でも100万円でも利率4.5%で借りることが出来ます。

通常は、限度額が大きく適用されるほど低金利で設定されます。
ただ、はじめての利用で数百万円単位の限度額が設定されることはまずありません。

はじめは多くても100万円以下の限度額が設定されることがほとんどですので金利を比較する際は最低金利よりも、最高金利をチェックするようにしましょう。

キャッシングサービスの限度額で比較!

サービス名 SMBCモビット アイフル プロミス
借入限度額 ~800万円 ~800万円 ~500万円
総量規制の対象 対象 対象外 対象

この金額は消費者金融としては最高水準となっていて、個人が借りられる金額としては十分な金額だと思います。
参考:日本の給与所得者の平均年収が約439万円
※ただ、実際に設定される限度額は審査によって決まるので、必ずこの額が借りられるわけではありません。

注意が必要なのは総量規制の対象となっているのか、なっていない会社なのかという点。
総量規制の対象となっていると年収の3分の1以上の金額を借りることができません。

かなり大きな金額を借りたい場合は限度額だけでなくそのキャッシング会社が総量規制の対象になっているのか、なっていないのかも一緒にチェックしておくと良いですね。

申込方法や審査時間で比較!

サービス名 SMBCモビット アイフル プロミス
申込方法

インターネット、携帯サイト、スマートフォン、SMBCモビットローン申込機、電話、FAX、書類郵送等

インターネット、携帯サイト、スマートフォン、店舗、電話、FAX、書類郵送、等

インターネット、自動契約機、電話、店舗、郵送等。各申込方法が異なる

審査時間

即日(申込日当日)
※様々な要因により即日借入が出来ないことがあります。

即日も可(申込日当日)
※様々な要因により即日借入が出来ないことがあります。

即日(申込日当日) 
※様々な要因により即日借入が出来ないことがあります。

申し込み方法
キャッシング会社での申し込み方法はどこもWEB申込(パソコン・スマートフォン・携帯電話)、電話、店舗、自動契約機があります。

各社によって、対応していないものもあるので、自分が申込しやすいところがある会社を選びましょう。

また、店舗に行って申込をして、誰かに会ったりしてバレるのが嫌だ!また、お店に行っている時間がない!という方はWEBだけで申込から返済まで済んでしまう会社もあります。
そのあたりも一緒にチェックすると良いかもしれません。

急ぎで借りたいのであれば、店舗か自動契約機などを使うのが手っ取り早いです。

本人確認書類(必要であれば収入証明書)を事前に用意しておくと契約がスムーズにいくと思います。

オペレーター
無人自動契約機で借りたいけど、初めてでやり方がよく分からない方。

無人といっても一人で機械の操作をするのではなく、オペレーターと電話で話しながら手続き出来るので、やり方がわからなくても問題なく利用出来ます。

審査時間に関してはホームページや電話で申込をした場合、約30分~1時間程度で終わります。
※混雑状況によってはそれ以上かかることもあります。

店舗、または無人自動契約機で申し込んだ場合は当日中に回答がとどきます。
時間は最短で30分程度のところが多いです。

とにかくスピード重視で借りたいのであれば、店舗か無人自動契約機に行くことをオススメします。
層でない場合や、誰かに遭遇するのが嫌だ!という場合は電話やメール、ウェブからの申込がよいかと思います。

お金の借り方で比較!

サービス名 SMBCモビット アイフル プロミス
お金の借り方

口座振込、ATM/CD(提携金融機関)、ネットにて入金依頼可、コンビニエンスストアに設置のATM/CD等
※詳しくは店舗情報をご覧下さい。

口座振込、ATM/CD(自社)、ATM/CD(提携金融機関)、店舗窓口、コンビニエンスストアに設置のATM/CD等
※詳しくは店舗情報をご覧下さい。

口座振込、ATM/CD(自社)、ATM/CD(提携金融機関)、店舗窓口、ネットによる入金依頼可、コンビニエンスストアに設置のATM/CD等
※詳しくは店舗情報をご覧下さい。

ホームページや電話、メール1本だけで、依頼したら自分の口座に振込んでもらえるのはとっても便利ですね。

ただ、当然のことながら振込依頼をしてから銀行口座に反映されるまでタイムラグが生じる場合があります。
(土日祝実に依頼した場合は反映されるのは翌営業日です)

急いでお金が必要な場合はATMを利用したほうがよいでしょう。

ATM
ATMなら、手数料がかからないキャッシング会社や、土日祝日でも朝早くから、夜遅くまで営業している会社もあります。

展開している店舗数や、提携ATMがあるかどうかも重要な点です。
そちらもしっかりチェックしておきましょう。

大手キャッシング会社だと、店舗数が多かったり、提携ATMも銀行やコンビニなどにあったりと、使い勝手が良いところが多いです。

ですが、提携ATMから借入れをする場合に手数料がかかる会社もありますので、そこも合わせてチェックしておきましょう。

最初は小さな金額でも、何度も利用していたらバカに出来ない金額になってきます。

無利息期間で比較!

サービス名 SMBCモビット アイフル プロミス
無利息期間

-

最大30日間

30日
※メール登録とweb明細利用登録必要

大手のキャッシング会社では初回、無利息期間を設けている会社が多いです。

大体最大30日間ですが、中には180日間も無利息期間を設けている会社もあるので、無利息期間を重要視しているならこの情報はしっかりチェックしておきましょう。

無利息期間中に返済してしまえば、当然のことながら利息はつきませんので、借りた金額のまま返済することが出来ます。

借りる際に、すぐにお金が返せるメドが立っているのであればこういったサービスを利用して借り入れをしたほうが、断然お得でしょう。

お金の返し方で比較!

サービス名 SMBCモビット アイフル プロミス
返済方法

借入後残高スライド元利定額返済方式

口座振込、ATM/CD(自社)、ATM/CD(提携金融機関)、店舗窓口、コンビニエンスストアに設置のATM/CD等
※詳しくは店舗情報をご覧下さい。

ATM/CD(自社)、ATM/CD(提携金融機関)、口座振込、店舗窓口、口座自動引落、コンビニエンスストアに設置のATM/CD等

初めての方は「え?なにそれ?」と思ってしまうかと思いますので、それぞれ説明していきます。

多くのキャッシングサービスで採用されている「残高スライドリボルビング(借入金額スライドリボルビング方式とも言います)とは毎月の残高によって、返済金額が変わっていく(スライドしていく)ことです。

たとえば残りの返済額が30万円以下なら月々1万円、40万円以下なら月々2万円ずつ返済する、といったように残高によって返済額が変わります。

利用残高が高いほど毎回の支払額は高く設定され、返済が進んで利用残高が小さくなれば支払い金額は少なくなります。

借り入れをする際、自分が返済しやすい方式はどれなのか、も最初にチェックしておくとよいかと思います。

いかがでしたでしょうか。
誰もが名前くらい聞いたことがある大手キャッシング会社の、各情報を見比べてみて自分が最も借りやすい、返済しやすい会社はどこなのか。

是非、キャッシング選びの参考にしてもらえればと思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事