キャッシングというと、手軽にお金が借りられるというイメージをお持ちの方が多いと思います。

給料日前に手持ちのお金が足りなくなった時や、急な出費があったような時には便利なサービスです。

お金とインターネット
キャッシングできる業者は銀行系や信販系、消費者金融とたくさんありますが、消費者金融のキャッシングなら比較的審査も早く、即日融資が可能な業者が多いです。

しかしキャッシングのサービスは便利な反面、きちんと返済をしないと大変な事になってしまう恐れがあります

利用者の多くはきちんと返済をしている為、返済が遅れるとどうなるかという事は詳しく知られていませんが、確実な返済計画を立てていても、キャッシングを利用する上で具体的にどうなるか知っておく必要があります。

返済が遅れた場合の利息はどうなるの?

まず利息に関してですが、遅れた日数分だけ利息が多くかかってしまう事になります。

返済のためのお金が工面出来ずに何日も返済が遅れると、それだけ利息が膨らんでいき負担が重くなります。

申込みをする際には、期日まで返済可能かどうかをきちんと考えてから申し込む事が大切です。

信用情報機関に記録が残る
また、信用情報機関に返済が遅れた旨の記録が残る事になります。

この記録が残ると、他社から借入を行う際やクレジットカードを新規で作る際、ローンを組む際の審査に影響が出て来ます。

さらに返済が3ヶ月連続で遅れると異動という扱いになり、借入やローンなどの審査に通る事が極めて困難になってしまいます。
※異動とは…金融用語で「金融ブラック」の事を指します。

利息も大きく膨らむに加えてブラック扱いになるため、出来るだけ早めに返済を済ませるべきでしょう。

こうした信用情報機関の情報は一定期間が経過すると、記録が消える仕組みになっています。

しかし消えるまでの間は不便を強いられる事になり、信用情報機関の記録が消えた後も社内記録には残ります。
そのため、極力返済の遅延は避ける事が大切となってきます。

返済が遅れてしまうと、今後の生活において困ることが増えてしまいます。

借入れをする前に、きちんと返済ができるのかをよく考えてからキャッシングを利用しましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事