キャッシングの「無人契約機」「電話」「郵送」利用シーンによって使い分け!

キャッシングをしたいなって思う時って、急な出費があったりして今月ピンチ!っていう時だったりしませんか?
親や親戚、友人には絶対話せないから誰にも内緒で、出来るだけスピーディに借りたい人も多いと思います。

すぐに申し込める&すぐに融資をしてもらえるということが、キャッシングするにあたって重要なポイントなのです!

キャッシング申込方法は無人契約機・電話・郵送どれが早い?

お金 そんなキャッシングの申し込み方法ですが、どういった方法が一番早いのか調べてみました。

無人契約機」「電話」「郵送」での申し込みの流れについてそれぞれ解説します。

急いでいる場合はどのやり方がいいのか?など、意外と知らない方も多いと思いますので、興味がある場合は読んでみてください!

ダントツの早さ!すぐ融資を受けたい方は無人契約機

キャッシングを身近な存在にしたのは、この「無人契約機」登場のおかげです。
こちらのメリットは、その場でカード発行してくれて、すぐに利用できる点があげられます。

申込書に記入・規約に同意
(規約をしっかり読んで同意できたら必要事項を記入)

申込書を提出
(無人契約機のスキャナーに読み込ませる)

本人確認書類の提出
(証明書、給与明細、源泉徴収票などをスキャナーに読み込ませる)

在籍確認
(勤務先に電話掛けられます。※この時キャッシングの審査の為だとは、会社の方に気付かれません)

審査
(10分程度で結果がわかる場合が多いです。
WEBで事前に申し込んでから無人契約機を使う場合は、さらに時間が短縮できます。)

契約完了・カード発行
(しばらくすると、審査結果がでます。通過の場合はそのまま融資へ。
審査に通らなかった場合は、画面に審査に通らなかった旨が表示されますので、確認しましょう)

審査通過までの流れがスムーズにいくと、大体30分程度で契約が完了します。
こういったことから、急いでいる方は無人契約機を利用するとよいでしょう。

他の申し込み内容ですが、

キャッシングを電話で申込した場合にかかる時間

電話での申し込みは、無人契約機に比べると時間がかかります。

しかし、電話での申し込みならではのメリットがあるのです。

キャッシング初心者の人は、ほとんどが不安や疑問でいっぱいです。
電話を通して申し込みをすると、質問できるので疑問も解消するし、安心ができます。

急いでいるけど、色々確認したいことがたくさんあるのなら電話申し込みがオススメです!

キャッシングを郵送で申込した場合にかかる時間

郵送での申し込みは、ちょっと時間がかかります。
近くに無人契約機も店舗もなく、自宅にインターネット環境もない方が郵送を利用することが多いかと思います。
流れとしては、まず業者に電話をかけてから必要書類を取り寄せます。

書類一式が届いたら、申込書に必要事項を記入して、身分証明書や源泉徴収票、給与明細等のコピーと一緒に返送します(他、提出を求められた書類全て)。

返送書類が業者に届くと、審査に入ります。
この時、業者から電話がかかってきて個人情報について確認されたり、在籍確認がおこなわれたります。
特に難しい質問はないので、嘘はつかないで話しましょう。

審査が終わると、数日後に業者から郵便で結果が知らされる事が多いようです。
審査に通らなかった場合は、「今回は審査が通りませんでした」などという旨が書かれたものが届きます。

この時、審査に通過した場合は、契約書のコピーとATMで使えるカードが送られてきます。

契約 このように、郵送は時間に余裕がある場合に利用するものと考えられます。

また、申し込みの一連の流れをWEBだけで行うことも出来るのですが、振込融資を利用するので、銀行の窓口営業が14~15時で終わってしまうので、その時間以降に利用する際は翌日扱いとなりますので、無人契約機を利用する方が良いでしょう。

これらのことを考えると、WEBであらかじめ申し込みをしてから、無人契約機で融資を受ける方法が最短だと考えられます。

みなさんも、急にお金が必要になった時は、無人契約機を活用してくださいね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事