業界最高水準のポイント還元率でお小遣いが稼げるi2iポイント

法人カードの基礎を知ろう!扱っているクレジットカード会社比較

 >  法人カードの基礎を知ろう!扱っているクレジットカード会社比較

法人カードの基礎を知ろう!扱っているクレジットカード会社比較

クレジットカードを使っていてあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、クレジットカードの種類の中に「法人カード」と呼ばれるものがあります。

クレカPC

法人カードとはその名の通り、法人企業や個人事業主向けに発行されているクレジットカードのことで、様々なビジネスシーンで活用される法人専用のクレジットカードのことです。
他には、コーポレートカードとも呼ばれています。

どんなに法人カードを作りたいと強く願っても、個人事業登録をしていない限りは作ることが出来ません
ここではそんな法人カードの特徴などについてご紹介していきたいと思います。

法人カードの持つことができる人とは?

まず、なんといっても法人カードの発行は難しいとされています。
個人とは違い、法人カードを作ろうとする際はそれなりの経営状況の会社でなければ作ることが出来ません。
原則として、3年以上の経営歴+黒字であることが前提条件となります。

ただし中には特例もあって、クレジットカード決済などですでにクレジットカード会社と取引がある場合や、親しくしているカード会社などがある場合には、設立されたばかりの会社でも作ることが可能なケースもあります。
限度額は低く設定されてしまうのはどうしても仕方のないことなのですが、決して作成不可能でという訳ではないので、法人カードをどうしても作りたいという方は、申請してみてもいいと思います。

法人カードと個人カード違いとは?

個人カードとの違いは基本的には無いといっても良いでしょう。
使い方の違いを考えるとすると、法人はあくまでビジネスシーンで使われるクレジットカードですので、大人数で使えるようなシステムメインなことがほとんどです。
中には制限が設けられていて、一部で使用できない場合もあるので注意が必要です。

個人カードは、個人向けに作られていますので基本的に目立った制限も無く、どのように利用するのもその人の自由という事になります。
しかし、個人カードにはよくあるポイント制度のことですが、法人カードによっては一切ポイントが貯まらない法人カードも存在するようです。

法人カードを持つメリットとは?

小規模な会社の法人だとしても、個人用カードと分けて法人カードを使うことで、大きなメリットが生まれます。
法人カードは「引き落とし口座を銀行の法人口座にできる」ということが、個人カードと大きく異なる点となり、特徴であります。

法人カードを持つメリットはいくつかあるのですが、その中でも主なメリットをご紹介いたします。

●プライベートとの区別がはっきりとつけることができる

個人用のカードを使っていると、プライベート出費とビジネスで発生する経費とが混ざっていしまい、なんとも使いづらいです。
法人カードを持つことで、ビジネス用の出費を明確に区別できます。

●コストが削減できる

公共料金やオフィス用の備品等を現金や個人カードで支払っていては手間もかかるし、なんと言っても面倒ですよね。
そういった時に支払いを法人カードで行うことで、振込む手間や手数料などのコストが削減できるのです。

●経営の管理が明確になる

ビジネスでの出費を法人カードに統一して決済することで、お金の流れを把握しやすくなります。
また、決済から支払いまで一定の時間があるので、管理がしやすくなるというメリットとなります。

以上のことから、法人カードで決済をすることで会社全体でいくら使ったのかが明確にわかるようになり、コスト削減や管理の徹底に繋がっていくことがわかります。

法人カードを選ぶポイントとは?

法人カードを選ぶ際、個人的な好みで選ぶだけでは賢い利用ができるとは言えません
まず、どの会社がどのような法人カードを出しているのかをあらかじめ調べて知っておくことが大切です。

ポイント

そこで、法人カードを選ぶポイントというのが「自分の会社にとってお得で使いやすいカードを選ぶ」ということになります。

法人クレジットカードは、たくさんのビジネスサポートをしてくれます。
しかしその反面、発行条件が厳しく審査に通らないこともよくあります。
個人カードには普通に付くポイントが付かないといったデメリットがある法人カードもあるので、まずは会社ごとにどんな特徴の法人カードがあるのか、メリットなどをよく調べておく必要があると言うことが重要なのです。

また、経費などをラクにするための法人カードなので、出来るだけ年会費等の費用は安いものを選びたいですよね。
しかし安すぎるものでも問題点も出てきてしまい、特徴的なサービスがないこともあって結果年会費を払ったカードの方がお得だった…なんてことにならないように、そこそこバランスをとれたものを選ぶようにしましょう。

法人カードオススメのブランドとは?

クレジットカードの種類は数えきれない程存在します。もちろん法人カードも数多くあります。
では、法人カードにオススメのブランドとはどこになるのでしょうか。

以下のカードブランドは法人の代表としてつくれますので、新設法人でも審査が通りやすいといえるでしょう。

AMERICAN EXPRESS

年会費は高いのが気になる点ですが、他の法人カードと比べるとサービスがかなり充実。
費用の安さより、サービス内容を重視する個人事業主や企業経営者に向いています。

JCB

特典が充実しています。特に旅行保険に関しては魅力的な特典がたくさんです。
アメリカンエキスプレスよりも年会費が安いため、価格を重視したいならこのカードがオススメ。

・オリエントコーポレーション

サービス内容が<個人事業主・法人・法人代表者>のそれぞれで定められています。
プランの数が多いので、個人事業主の方や経営状況に合わせ、幅広いプランの中から選択をしたいと考えている経営者向けです。

上記のような法人向けのカードも取り扱っているカード会社はコチラ↓

法人・個人事業主にオススメのクレジットカード!

ANA JCBワイドゴールド法人カード

ANA JCBワイドゴールド法人カード
カードブランド
JCB
初年度年会費
19,950円

ANA JCBゴールド法人カードは海外での補償が通常カードより高額になっています。
また、航空便の利用で通常より多くマイルが貰える制度もあり、海外出張などの多い企業様におすすめです!

»詳しくはこちら

会社を経営していない方にはピンと来ない方もいるかと思うのですが、会社経営に関わっている方でしたら、ぜひ法人カードを作って業務を効率化していけるといいですね。

設立直後の法人では作れないカードも多いですが、作れるカードも探せばちゃんとありますので、まずは下調べから始めて積極的に活用していきましょう。

よく探される特徴!

おすすめコンテンツ!

SNS

ページの先頭へ