クレジットカードとデビットカードを比較

クレジットカードとデビットカードを比較

クレジットカードデビットカード、両方ともよく聞く名称で、似たようなもののイメージがありますが、具体的にはどう違うのでしょう。
両社はとても似通っていますが、支払方法や利用可能限度額、本人確認方法などを比較するとその違いが見えてきます。

2種類のカード

まず、支払方法の違い。クレジットカードはお店で買い物をした利用日によって支払日が後日決定しますが、デビットカードの支払日は後日ではなく即日です。
利用したその時に即時で銀行口座からの引き落としになるという違いがあります。

これにより、クレジットは利用時に口座に残高が無くても支払日までに入金すればいいというメリットがある反面、使いすぎる心配があるというデメリットがあります。
一方、デビットの方は使いすぎる心配がないというメリットがある反面、利用時の口座に残高がないと買い物ができないというデメリットがあります。

また、発行する際の手続きにも違いがあります。クレジットカードは発行の際に審査があり、この審査を通らないと発行することができません。
対して、デビットカードは、クレジットカードと違い即時決済で支払いを行うので発行の際に審査が必要ないことが多いです。

そのため、クレジットカードの発行が難しい人でも発行することが可能なカードです。

この記事にコメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

よく探される特徴!

おすすめコンテンツ!

SNS