業界最高水準のポイント還元率でお小遣いが稼げるi2iポイント

家族カードってなに?作り方~賢い使い方を知ろう!!

 >  家族カードってなに?作り方~賢い使い方を知ろう!!

家族カードを上手に使って得をしよう!

現在、日本で発行されているクレジットカードは数万種類にまで及ぶと言われています。

家族

この中には、同じ種類のカードでもブランドごとに分けられたものも含まれていたり、クラシックカードゴールドカード、さらにはブラックカードやプラチナカードといったステータスカードもあるので、数万種類あるというのも納得です。

世の中に数多くあるクレジットカードですが、上記のように大きく区分けされたカードよりもさらに細分化されたカードがあります。それが「家族カード」というものです。
家族カードは主婦や学生に人気があり、だいたいのクレジットカードは家族カードが作れるようになっています。

家族カードとは?

家族カードとはその名の通り、本会員の家族も使うことが出来るクレジットカードのことです。
この家族カードは本会員の半額ほどの年会費で済んだり、各ポイント制度などが本会員と同様に受けられるので、大変お得なクレジットカードです。

どんな人が家族カードを作成できるの?

その名のとおり、基本的には本会員の家族にあたる人がこの家族カードを作成することができます。
本会員の家族=配偶者、親、子供(高校生を除く18歳以上)となっていますが、クレジットカード会社によって少し条件が違うこともあり、本会員の兄弟でも作成可能という会社もあるそうです。

家族カードの審査とは?

クレジットカードをつくる際に必須な審査ですが、家族カードの審査は一般的なものとはちょっと違います。
ほとんどのクレジットカード会社は家族カードを作成する際、本会員のクレジットヒストリーなどの信用情報のみの審査を行います。

つまり、家族カードを申し込んだ人(本会員の家族)の氏名や生年月日といった簡単な本人情報を調べることはあっても、属性審査などは行わないといったクレジットカード会社が多数なのです。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード
家族カード初年度年会費
400円
2年目以降の年会費
400円

三井住友銀行が発行しているVISAクラシックカードは家族カードも利用できてお得が沢山!
一人目の家族カードは初年度の年会費は無料!二人目以降や次年度からも400円で利用できる大変安く、家族カードとしてはかなり優秀です!

»詳しくはこちら

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード
家族カード初年度年会費
0円
2年目以降の年会費
1080円

なんと三井住友VISAゴールドカードではゴールドカードの家族カードを発行することが出来ます!!
クラシックとは違い初年度は必ず無料ですが次年度以降は1080円かかってしまいます。しかし1,080円でゴールドカードを利用できるのであれば安くないでしょうか

»詳しくはこちら

家族カードの支払いは?

上記のように、家族カードの審査は本会員に対してのみとなりますので、家族カードで利用された分の支払いは、本会員の利用料金と一緒に同一の口座から引き落とされます。
請求書も、本会員分と家族カード分が一緒になって本会員宛に届きます。

ポイントを家族で貯めることができる

クレジットカードを利用することによって貯まるクレジットカードポイントですが、このポイントも本会員カードと家族カードを合算して貯めることができます。
ポイントの有効期限が1年~2年で、いつも商品と替える前に失効していた方も、家族とまとめて貯めることができるとあっという間に貯まります。

ポイントもそうですが、マイルが貯まるカードも多くあるので、そういったポイントを貯めて家族旅行へ!なんていうのも夢じゃないですね。

イオンJMBカード(WAON一体型)

イオンJMBカード(WAON一体型)
家族カード初年度年会費
0円
マイレージ
全日空(ANA)

イオンJMBカード(WAON一体型)はWAONの買い物でもJALマイルを貯めることができるすぐれもの!
もちろん逆も可能で貯めたマイルをWAONに変換することもできるので様々な用途にポイントサービスを利用することが出来ます。

»詳しくはこちら

楽天カード

楽天カード
家族カード初年度年会費
0円
マイレージ
全日空(ANA)

楽天カードは言わずと知れた楽天市場を中心に利用できるクレジットカード!
日頃のお買い物のカードと一緒にマイルを0.5%のマイレージで貯められる大変お得なクレジットカードです。

»詳しくはこちら

家族カード保有者にも付帯保険が適用

家族で旅行にいく機会が多い人は沢山いると思います。
そんな時に安心なのがクレジットカードに付帯されている国内・海外保険ですが、万が一の事故などでこのような保険が適用されるのは、本会員のみです。家族全員が事故に遭ってしまっても、当たり前ですが家族には適用されません

しかし家族カードを持っていれば、本会員のクレジットカードにこのような保険がついている場合は、それらを対象を本会員だけでなく、家族カード保有者にも広げることができます。
こういった保険は活用されないことが一番望ましいですが、何かあった時の為に持っておくと安心です。
また、年会費無料の家族カードであれば、作らないだけ損をしているということになるでしょう。

ハイビスカス

このようにお得が感じられる家族カードですが、家族カードの支払いはあくまでも本会員です。
本会員と相談をしっかりとしたうえで利用するようにしましょう。

家族カードの使いすぎで多額の支払いが請求されたとしても、支払うのは本会員となり、万が一支払えなくて延滞となった場合も信用情報に傷が付くのも本会員だけです。
使いすぎには注意して、計画的な利用をしてくださいね。

よく探される特徴!

おすすめコンテンツ!

SNS

ページの先頭へ