個人情報が保持される期間

個人情報が保持される期間

個人情報

クレジットカードなどを利用する際に取引の情報や支払い遅延といった情報は個人信用情報として保存されます。
個人信用情報は加盟している金融機関からそれらの情報を一定期間保存してその後破棄します。

登録されている情報

氏名、生年月日、住所、性別、電話番号、勤務先、契約日、契約額、契約の種類、支払い回数、毎月の支払の状況、利用残高

契約の申込をした事実の保存期間
CCB 6ヶ月
CIC 6ヶ月
KSC 1年
テラネット 3ヶ月
全情連 3ヶ月
取引の事実の保存期間
CCB 5年
CIC 5年
KSC 5年
テラネット 5年
全情連 5年
延滞の事実の保存期間
(3ヶ月以上の返済遅れ)
CCB 5年
CIC 5年
KSC 5年
テラネット 5年
全情連 5年
自己破産の事実の保持期間
KSC 10年
全銀協 10年
JICC 5年
CIC 5年
債務整理、特定調停の保存期間
約5年

自己破産をしたら今後一生にわたってクレジットカードの発行が出来ないと思われている方がいると思いますが、実はそういうことはなく、上記のように情報を保持する期間が決まっています。
万が一3ヶ月以上の滞納をしてしまった、自己破産をしてしまったなどということがありましたらいつからなのかはしっかりと覚えといてそこから逆算して何年経過しているかは覚えておいたほうがよいでしょう。

この記事にコメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

よく探される特徴!

おすすめコンテンツ!

SNS