業界最高水準のポイント還元率でお小遣いが稼げるi2iポイント

クレジットカード審査が通らない方必見!通りやすいコツ教えます

 >  クレジットカード審査が通らない方必見!通りやすいコツ教えます

クレジットカード審査が通らない方必見!通りやすいコツ教えます


現在、ほとんどの人が持っているクレジットカード。現金主義者や高齢の方は持つことが少ないかもしれませんが、使っていなくても持っているという人もいるくらい普及していますよね。

しかし、クレジットカードは誰もが簡単に作れるわけではありません。というのも、入会を申し込みする際、発行会社による審査があるからなのです。ここの審査に通らないとクレジットカードは発行されません。

社会的地位の高い人や、信用性がある人には何てことない審査ですが、人によってはかなり厳しいものとなるようです。すごく欲しいカードがあったのに審査に通らずガッカリしたことや、審査に通らない自分にイライラしたこともあるかと思います。

クレジットカード会社は、申込者の属性をチェック信用情報機関を照会するなどして、きちんとした審査を行っているのです。
では、どのようにしたらクレジットカード審査に通りやすくなるのでしょうか?
そのコツをご紹介する前に、審査の基準について確認しておきましょう。

▼クレジットカードの審査は何を見ているのか

はてな

クレジットカードの審査でよく言われる3つの観点として「3C」と呼ばれるものがあります。

Capacity (資力)

Character(性格)

Capital(資産)

信用力を判断する3つの軸を英単語で表し、その頭文字を取ったものです。
こうした上記の観点で審査は行われているのです。

Capacity (資力)

資力を表していて、一定の収入が定期的にあるかという返済能力をみるもの。これがクレジットカードの審査において最も重要視されています。
職業、勤務先、雇用形態、勤続年数、年収、借入額など

Character(性格)

性格を表します。お金に関しての性格、つまり決められた支払日にきちんと返済できるかどうか等の信頼性をみるものです。

Capital(資産)

資産を表し、負債の担保として不動産や車・有価証券・貯蓄があるかをみるものです。
居住形態、居住年数など

▼クレジットカード審査通過の最低基準

クレジットカードの審査通過の基準は各クレジットカード会社によって違いますが、一般的なクレジットカードでの最低限と言われる基準があるので参考にしてみてください。

信用情報に延滞などの事故情報が存在しないこと。

年収が200万円以上あること。

勤務年数、居住年数が1年以上であること。

あくまでもこれは目安であって、年収が200以上ではなくても、200万円近く安定した収入を得ていたら審査が通ることもあります。

▼クレジットカード審査が通りやすい時期とは?

クレジットカードの審査が通りやすい時期なんて本当にあるの?と思った方もいらっしゃるかと思いますが、実はあるのです。

・会員を増やさなければならない時期がある

時計

一般的にクレジットカード会社は、上場企業のグループに属しているケースが多く、ほとんどが3月決算になっています。3月決算というのは、4月からの1年間で業績を見る仕組みのことです。
つまり、クレジットカード会社にとって2月~3月というのは1年を締めくくる「追い込みの時期」になるため、全ての会社がそうであるとは限りませんが、会員数を増やそうとする3月に審査基準のハードルを下げるというところもあるのです。

・暇な時を狙うと審査が通りやすい場合がある

クレジットカードの申し込み数というのは、時期によって大きく変動します。申し込みが混み合う時期は、審査担当も少しでも疑わしい内容と判断した場合、審査NGを出す傾向にあります。
少しでも通過の可能性を上げるためには、申し込みの少ない時期が良さそうですね。

1日で見ると→午前中
1週間で見ると→平日の火曜日、水曜日、木曜日の週中
1ヶ月で見ると→10日~20日の中頃
1年間で見ると→5月~7月

上記が、比較的クレジットカードの申し込みが少なくなる時期になります。
審査通過の可能性が高くなるので、覚えておくと良いと思います。

▼クレジットカード審査が通りやすくなるコツとは?

審査自体は3Cなど基本的な条件で行われますが、申し込み時の記載内容でも判断されることがあります。
申し込みの時からしっかりと記載しておくと審査に通りやすくなるというわけです。

申込書は丁寧な字で書く

最近ではインターネットなどで申し込みが可能になりましたが、未だに紙による申請を行っているのも一般的とされています。
手書きで申し込みをする場合には、丁寧に書くことをオススメします。これは「3C」で言うと、Characer(性格)に関係することになります。
丁寧な文字で書いたからといって、どれだけの評価が得られるかは定かではないですが、少しでも審査落ちのリスクを避けたいのであれば、丁寧に書くことにこしたことはないですよね。

メモ

・埋められる項目はすべて埋める

記入に困った時、面倒くさいという理由や情報を明かしたくないという理由での空欄は避けた方がよいでしょう。
クレジットカードはお金に関わる信用で成り立っているので、埋められる項目は正確に埋めましょう。雑な申請書は、それだけでCharacer(性格)を疑われることになりかねません。

・ウソは絶対に書いてはいけない

クレジットカード会社調査能力はとても優れているので、ウソは簡単にバレます
ウソがバレた時点で審査評価はだいぶ下がるので、絶対にウソは書かないようにします。

以上のことを意識して正確に記入することによって、審査がスムーズに進むことにつながります。クレジットカードを作る際は注意してみてくださいね。

8秒に1人が申し込んでいる!

楽天カード

楽天カード
カードブランド
JCB、Mastercard、VISA
初年度年会費
0円

楽天市場だけでなく生活のいろいろな場面でお得な楽天カード
8秒に1人の申し込みがある楽天カードは難しい審査などはありません!
このページに書いてあることを守りながら申込を行えばきっとあなたも楽天カードマンになれるはずです!

»詳しくはこちら

よく探される特徴!

おすすめコンテンツ!

SNS

ページの先頭へ