業界最高水準のポイント還元率でお小遣いが稼げるi2iポイント

ゴールドカードよりもランク上!プラチナカードって一体なに?

 >  ゴールドカードよりもランク上!プラチナカードって一体なに?

最高級のステータス、プラチナカードを知ろう

クレジットカードには階級ランクというものがあり、グレードとも呼ばれています。
クレジットカードでは細かく区別されていて、それぞれランク付けされています。

ランクが高くなるほど、サービスや保険などの内容が充実したり、利用限度額も上がったりします。また、ランクが上がると同時に年会費も高くなり、審査もより厳しくなります。

よくゴールドカードプラチナカードという言葉を耳にしたことがあると思いますが、それがまさに階級ランクの高いカードです。
普段使いとしてのクレジットカードは、ポイント還元率貯めやすさ年会費の安さなどで選ぶのが多いかと思いますが、財布からスマートに出すとかっこいいカードのランクにこだわりたいなら、ゴールドカード、プラチナカードも選択肢のひとつになるでしょう。
今回は階級ランクの高いクレジットカードの中から、ゴールドカードのランクの上を行く「プラチナカード」についてご紹介します。

プラチナカードって何?

プラチナカードとはゴールドカードよりも更に高所得者向けに作られた格上のクレジットカードで、ステータス性が高いといった特徴があります。

また「プラチナ」という名称の由来は、プラチナ(白金)がゴールド(黄金)よりも価値が高いことからつけられたと言われています。

プラチナ

現在のゴールドカードは、審査に通過するための年収勤続年数といった条件が緩和されたので、所持できる人が増えてきました
ステータス性が失われてはカードの存在価値が下がってしまうので、カード会社が富裕層の囲い込みを目的に発行を開始したのがプラチナカードです。

限度利用額やサービスに関しても、ゴールドカードより充実しているプラチナカードですが、年会費もそれなりに高いのが特徴です。
一般的なゴールドカードの年会費が5,000~15,000円程度ですが、プラチナカードは年会費が30,000~50,000円程のものが多く、ゴールドカードの数倍以上の年会費がかかります。
こういった事から、限られたお金持ちしか持つことが出来ないということでしょう。

▼プラチナカードってどんな人が持てるの?

プラチナカード以上(ブラックカード、クリスタルカード)は、クレジットカードを作る際は自分から申し込むことができず、全て招待制となっています。この招待制のことを”インビテーション”といいます。

どうやったらプラチナカードを持てるのか(招待されるか)というと、まず自分が持ちたいプラチナカードと同じ会社のゴールドカードを使い続けます。ゴールドカード会員になってから年間100万円以上利用をしていて、会員歴が2~3年以上の方が目安とされています。
こういった目安条件をクリアしていると、クレジットカード会社に優良顧客と判断されて招待されるという流れです。
年収はだいたい1,000万円前後と言われていて、500万円以上でも他の条件が良ければ持てる可能性はありますが、インビテーションを送る条件には各社で差異があるので、絶対とは言い切れないのです。

プラチナカードの審査について

プラチナカードが欲しいと思った時、気になるのが入会審査ですよね。審査は「厳しい」というイメージを持っている方がほとんどですし、自分がクリア条件に達しているのか不安なところです。
そんなプラチナカードの審査については2通りあるので、それぞれをご紹介します

<現ゴールドカード会員>

goldcard

プラチナカードを発行しているカード会社のゴールド会員の場合であれば、インビテーションが届くケースがあります。
届いたインビテーションからの入会申込みをすることで、多くの方がプラチナカードを手にすることが可能です。
個人情報はゴールドカード申し込みの際に提出しているため、プラチナカードへのランクアップ時には大きく影響しません。
優良なゴールド会員であれば、プラチナカードへの入会ハードルは低くなるのです。

<一般カードまたは新規の方>

通常カード

ゴールドカード会員ではない方が新規としてプラチナカードへの入会を申し込んだ場合は、審査のハードルは厳しいと言われています。
入会を希望する会社の一般カードを持っていれば審査がプラスになる事がありますが、それすらも持っていないとなると、さらに厳しい審査が行われることが確実です。

プラチナカードのメリットとは?

プラチナカード会員になったところで、全く使わないのでは宝の持ち腐れです。
最大限にメリットを感じることができるのは、サービスや特典内容をうまく使いこなせてからこそだと思います。
付帯されているサービスは、経済力がある方に向けの内容が多く、豪華な旅行や高級な食事などを楽しむ機会が多い方にとっては、とってもお得となっています。

主なサービスはコチラ!

ゴルフ

・世界600カ所以上の空港ラウンジの無料
・国際線利用時の手荷物無料宅配サービス(往復)
・付帯保険の充実
・ゴルフ場の予約や高級レストランの優待
・コンシェルジュサービス

プラチナカードの選ぶポイント

プラチナカードを手にするまでは長期戦になりますので、選ぶ際はゴールドカードを申し込む時からよく確認しておくのがよいでしょう。
選ぶポイントは、なんといっても”コスパが良いこと”に尽きます。年会費が安くてもプラチナカードには変わりありませんので、お得なサービスが受けられます。
またクレジットカード会社によってサービス内容はさまざまなので、どういったサービスなのか、自分がよく利用するサービスはあるのかなどチェックしておきましょう。

プラチナカードを持っているとステータス性も得られますし、日々の暮らしの楽しみが増えると思います。プラチナカード会員を目指すのであれば、早めにゴールド会員になっておくことをおすすめします!

最高級のステータスを持つ三井住友VISAカード!

三井住友VISAプラチナカード

三井住友VISAプラチナカード
入会資格
原則として満30歳以上で、本人に安定継続収入のある方
初年度年会費
54000円

三井住友銀行が発行しているVISAカードのなkでも最高クラスの三井住友VISAプラチナカード!
付帯サービスもプラチナカードにふさわしくステータスとロイヤリティーを兼ね備えた超優良クレジットカード!現在ゴールドやクラシックカードを持っていて、ランクを上げたいという方は是非

»詳しくはこちら

まずはゴールドやクラシックカードからいかがですか?

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード
入会資格
原則満30歳以上で本人に安定した継続収入がある方
初年度年会費
0円

三井住友銀行のゴールドカードはオンライン申込みだと初年度の年会費が無料で利用できます!
2年目以降も年会費割引の特典があるので長くもっても負担が少ないです!30歳以上の方ならばまずはゴールドカードをもってみてはいかがでしょうか?

»詳しくはこちら

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード
入会資格
満18歳以上
初年度年会費
0円

初めてクレジットカードを利用する方には三井住友VISAクラシックカードがおすすめ!
年会費無料はもちろんのこと、電子マネーの付帯やマイレージサービスも付帯しています。新社会人や学生の方はここからクレジットヒストリーをためていきましょう!

»詳しくはこちら

よく探される特徴!

おすすめコンテンツ!

SNS

ページの先頭へ