業界最高水準のポイント還元率でお小遣いが稼げるi2iポイント

リボ払いのメリット・デメリットを比較

 >  リボ払いのメリット・デメリットを比較

リボ払いのメリット・デメリットを徹底チェック!仕組みを理解しよう

クレジットカードは、現金を持ち合わせていない場合でも買物ができる便利なカードです。
しかし、お金を払っている感覚が薄くなって便利だからといってどんどん使っていると、請求額がとんでもないことに!!・・・頭を悩ますことになるのは予想できますよね。

そうならない為に、計画性のある利用が求められます。
クレジットカードは支払い方法を選ぶことができるので、「今月厳しいから負担を減らしたい」「高額の買物をしたいけど、いっぺんに払えない」などの場合は、一括払いではなく分割払いリボ払いを利用して月々の負担を減らすことも可能となっています。
このようにご自身にあった支払い方法で賢く利用することが重要なのですね。

最近では、ショッピング時の支払いにリボ払いを利用している人が増えているようです。
テレビのCMでも「月々のお支払額がほぼ一定となります」などと宣伝しているのをよく見ますし、クレジットカードのダイレクトメールで「お支払い方法変更期限のお知らせ」と書いてあるものが届いたので見てみると、「今月からリボ払いに変更しませんか?今月分の期限が迫っています」といった内容でした。

テレビ

実際にお得なのか、リボ払いの金利やその内容について詳しく知っている人はあまり多くはないと思います。
そこで、「分割払いはなんとなくわかるけど、リボ払いって具体的にどういうものなんだろう・・・。」というように、リボ払いの仕組みがわからない人やこれから使ってみたいという人もために、リボ払いについて詳しくご紹介します。

▼リボ払いってなに?

リボルビング払い”を略してリボ払いといいます。
支払残高に応じて、月々あらかじめ決められた額をクレジット会社に支払う方法です。月々の支払いを一定金額にすることによって、管理がしやすい、月の支払いに悩まずに済む等の利点があります。

<特徴>

リボ払いは、商品ごとに支払回数期間を決めて利用する分割払いとは異なり、支払残高があるかぎり支払いが続きます。
利用した金額によって毎月の支払額が変わるのですが、その設定方式はカード会社によって異なります。
また、リボ払い専用のカードを使用した際には、ショッピングポイントなどの付与が一般カードよりも優遇されていることがあります
こういったサービスが普及してきたと同時に、リボ払いを活用される人も増えてきたと言われています。

<仕組み>

リボ払いの方法には、いくつか種類があります。

・定額リボルビング方式(毎月一定額)
・残高スライド定額リボルビング方式(設定された残高によって返済額が変動)
・定率リボルビング方式(残高に対して一定割合)

また、それぞれ毎月の支払いには手数料が必ず発生します。
このリボ払い時の手数料を合計の支払額に含めることを「ウィズイン方式」といい、含めずに手数料として別に請求することを「ウィズアウト方式」といいます。

こういった手数料は、クレジットカード会社やカードの種類、購入金額などによって違うのですが、大体10~18%で設定されていつことが多いようです。
また、支払に余裕がある時は繰り上げ返済もできるので、上手に使うと金利負担も少なくなって気持ちもラクになります。

▼リボ払い専用カード

通常のクレジットカードでリボ払いを設定できるものとは別に、「リボ払い専用カード」というものがあります。
この「リボ払い専用カード」とは申込み時にリボ払い金額を設定し、支払い方法が自動的にリボ払いになるクレジットカードのことです。

リボ払いは、カード会社にとっては金利収入が入るため、なるべく多くの人に利用してほしい支払い方式なのです。
したがって、一般カードと比べてポイント付与が優遇されていたり、その他サービスを設定することによって、顧客数獲得に力を入れているのでしょう。

JCB EITカード

JCB EITカード
支払い方法
リボ払い
初年度年会費
0円

JCB EITカードはリボ払い専用のクレジットカード!
リボ払いのみの支払い方法と縛られている代わりにポイントが2倍付与!年会費は永年無料!付帯保険も充実していてオトクが満載のクレジットカードです!!

»詳しくはこちら

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード
支払い方法
1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス一括払い
初年度年会費
0円

三井住友VISAゴールドカードリボ払いが可能なゴールドカード!!
支払い方法の幅が広がる三井住友VISAゴールドカードは初年度の年会費も無料で利用しやすいです!!

»詳しくはこちら

▼リボ払いにおけるメリット・デメリット

リボ払いを利用するメリットはもちろん、デメリットも存在します。
これからリボ払いを利用することが絶対ないとは言い切れません。以下に内容をまとめてみましたので、整理して理解しておきましょう。

☆メリット
・毎月の支払額が一定なので管理がしやすい
・いつでも繰り上げ返済ができるので、その分負担が軽くなる
・リボ払い専用カードだけの特典が豊富に用意されている


☆デメリット
・金利手数料が高い
・知らぬ間に利用額が膨れ上がり返済期間が長くなる

メリットにおいては、年会費無料で特典が豊富なリボ払い専用カードを使えば余計な費用が掛からないですし、支払額が一定で管理がしやすいのでお得といえるでしょう。
デメリッとにおいては、どうしても毎月の支払いに金利がかかってしまいますし、次々に買物をしてしまうと、どんどん返済期間が長くなり後々の負担が大きくなってしまいます。

af9940075318x

多くの人はあまり利息のことなど考えず、完済していようとなかろうと必要を感じたら借り入れを行ってしまいます。
計画的に利用が出来るなら良いのですが、中にはリボ払いで返済を続けていて、やっとのことで完済!といった時期に再度借り入れをしてしまったりと、いつまでたっても返済を続けている人もいます。
これはずっと借金が続いているような状態になるので、良くないサイクルですね。

したがって、リボ払いを利用するときは通常のカード以上に慎重に考えることが必要です。
一度借りたら完済できるまではもう借りない!」というように自分の中で決めて、ショッピングなどの際は心掛けて利用しましょう。

よく探される特徴!

おすすめコンテンツ!

SNS

ページの先頭へ