業界最高水準のポイント還元率でお小遣いが稼げるi2iポイント

オススメのSuica対応のクレジットカードとチェック!

 >  オススメのSuica対応のクレジットカードとチェック!

おすすめのSuicaカードを紹介!

今や私たちの生活に欠かせない存在となっている電子マネーSuica。

suica_logo2

電車バスはもちろん、コンビニスーパーなどで使えるようになったりと、ますます利用範囲の広がりをみせています。

電子マネーのSuicaで支払ったり、クレジット払いをしたりと、1枚のカードで2通りの使い分けが出来るのが特徴的ですね。
どちらの支払い方法にしても簡単決済が可能で、それぞれのポイントが貯まるのも魅力なポイントの一つです。

毎日の通勤で電車に乗る人、出張や旅行へよく行く人、毎日コンビニやスーパを利用する人など、各カードの特徴や特典から自分にお得だと思える一枚を見つけましょう。

Suica対応カードのいいところ

Suica対応カードとは、Suicaとしての機能とクレジットカードの機能を一体化したカードのことをさします。
Suicaの機能だけでなく、普段の買い物時にクレジットカードとしての決済が可能なので、利用する場所によって決済方法が選べるのが便利とされています。
また、コンビニなどの少額の支払いは電子マネーのSuicaまとまった買い物の支払いはクレジットカードで行うといったように、1枚で使い分けが可能なのでお財布の中身もすっきりさせることができます。

他には、Suica対応のほとんどのカードでクレジットカードの機能を利用してのオートチャージが可能なところ。
自動改札の「ピッ」と鳴る入場時に自動的にチャージされるので、Suicaのチャージ残高の心配もなく、券売機や精算機でチャージの手間が省けてスムーズにできます。

初期費用のデポジット(預り金)500円も不要なので、お得なポイントや優待特典、機能などを比較して自分に合ったクレジットカードを選べば、Suica機能のみのICカードを持つより便利ですし、余計なことを省けるので持っていてそんは感じないカードと言えるでしょう。

Suica対応カードはこんな人におすすめ!

通勤・通学での利用

改札

毎日の通勤や通学でSuicaを利用するなら、定期券機能を付けることが可能+オートチャージ機能が付帯されているクレジットカードがおすすめです。
Suicaの残高が少なってきても、わざわざ券売機に並んでチャージをするといった手間が省けます。
定期券の購入やオートチャージでもポイントが貯まるので、意識して使っていないのにポイントだけはがどんどん貯まっていくという夢のような話。

休憩時のコンビニなどのちょっとした買い物は、電子マネーのSuica決済にすれば、いつもの通勤・通学はSuica対応のクレジットカード一枚でOKなので、お財布の中もスッキリできます!

旅行や出張での利用

飛行機

国内、海外問わず旅行や出張に出かけられる方には航空系のSuica対応クレジットカードがおすすめです。
もちろんポイントはちゃんと貯まります。貯まったポイントはSuicaマイルどちらに移行も可能なので、お好みで。
さらに国内・海外旅行に安心の付帯サービスや優待特典もあるので、旅行先はもちろん、空港でも快適に過ごすことができます。

コンビニ・スーパーでの買い物

スーパー

Suicaは電子マネーの中でも全国的に使える場所が多いので、電車やバスに普段あまり乗らないって方でも、いたるところでSuica使う場面は出てくることでしょう。
電子マネーのSuicaとクレジットを使い分けて幅広く活用できます!提携店舗の割引サービスやポイントUPなど、クレジット払いでもSuica払いでもお得になる特典が豊富なことも魅力です。

Suica付きクレジットカード比較一覧

Suica対応カードは、さまざまな会社と提携をして数多く登場しています。
下記は、Suica対応カードの中でも人気のあるおすすめクレジットカードをピックアップしたものです。
特徴などの詳細を比較していますので、カードを選ぶときのご参考にしてみてください。

▼イオンsuicaカード

JR東日本が発行する電子マネーSuicaと、イオン銀行との提携クレジットカードです。
これ一枚でショッピングはもちろん、クレジットカード付帯のキャッシングサービス、駅改札、駅ナカ売店などでの決済サービスが利用できます。

毎月20・30日は「お客さま感謝デー」としてイオン系列の店舗でイオンカードを利用もしくはご呈示された際に、5%割引でお買物ができます。
また、毎月5日・15日・25日は全国のイオン、ビブレ、マックスバリュ、メガマート、イオンスーパーセンター、ミニストップの各店舗にて利用すると、それぞれポイントが2倍たまる仕組みです。

Suica一体型カードの機能としては、オートチャージサービス・モバイルSuicaで定期券としても使えので、毎日の通勤や通学にも便利です。

さらに旅行傷害保険も付帯されており、最高1,000万円(死亡・後遺障害)が補償される他、お買い物された商品(5,000円~50万円/品)を偶然の事故により破損してしまった場合、購入日から180日間、年間50万円まで補償する「ショッピングセーフティー保険」も付帯されています。

イオンSuicaカード

イオンSuicaカード
初年度年会費 引落日 カードブランド ポイントサービス
0円 翌月2日 JCB、Mastercard、VISA ときめきポイント
年会費(2年目~) 締め日 マイレージ 利用限度額
0円 10日 日本航空(JAL) 10万円~50万円
»詳しくはこちら

▼ANA VISA Suicaカード

全日本空輸と、東日本旅客鉄道、三井住友カードの提携カードで、ANAカードにSuica電子マネーがついたクレジットカードです。

ANA VISA Suicaカードは、ANAマイレージが貯められる他、日々使うSuicaのサービスを快適に利用していただけるカードとして活用いただけます。
ショッピングやレストランなどの支払いをANA VISA Suicaカードを使用した際に貯まったワールドプレゼントポイントを、ANAマイレージまたはSuicaへ移行することが可能な上、ANAカードマイルプラスの提携店・対象商品を利用の際、ANA VISA Suicaカードでお支払いただくと、ワールドプレゼントポイントの移行分とは別に、100円=1マイルまたは200円=1マイルが貯まります。

その他にも、国内・海外旅行傷害保険が1,000万円、年間100万円までのお買物安心保険も付帯されているので、豊富な保険があるおかげで安心して利用いただけます。

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカード
初年度年会費 引落日 カードブランド ポイントサービス
0円 翌月10日 VISA ワールドプレゼント
年会費(2年目~) 締め日 マイレージ 利用限度額
2,000円+税 15日 全日空(ANA) 10万円~80万円
»詳しくはこちら

▼ビックカメラSuicaカード

家電量販店の大手「ビックカメラ」と、ビューカードが提携されたクレジットカードです。
初年度年会費無料で、次年度以降も一定の条件をクリアすると無料になる条件付き年会費無料カードとなっています。

カードの特徴としては、ビックポイント機能クレジット機能電子マネーSuica機能が一体になった多機能カードとして利用できる他、ビックカメラでの利用がさらにお得になります。
普段からビックカメラをよく利用している方にはおすすめです。

ビックカメラ店舗で使うとクレジット払いでも現金同様のビックポイントが貯まります。
さらに、JR東日本の駅の売店(コンビニ)やびゅうプラザでの利用なら、1,000円につき1.5%(1,000円単位で6ポイントが貯まる計算)のビューサンクスポイントが貯まるので、意識しなくともポイントが貯まっていきます。

また、通常Suicaカード購入時にかかる預り金(デポジット)500円は必要ありません
今お持ちのビックポイントについてはそのままビックカメラSuicaカードに引継ぎができますので、ポイントを失効する心配なく利用できます。

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード
初年度年会費 引落日 カードブランド ポイントサービス
0円 翌々月4日払い JCB、VISA ビューサンクスポイント
年会費(2年目~) 締め日 マイレージ 利用限度額
477円+税 末日締め 日本航空(JAL) 15万円~40万円
»詳しくはこちら

今後もSuica提携カードは続々と登場してくるかもしれませんが、今のところお得感と利便性、ポイントの貯まりやすさからすると上記の3社がおすすめと言えるでしょう。
どの機能が自分に合うかをよく検討して、お気に入りの1枚を選んでくださいね。

よく探される特徴!

おすすめコンテンツ!

SNS

ページの先頭へ