こんにちは!4月になって、若々しい新入社員の人達を電車でよく見るようになりました。
もうそんな時期か・・・とおもむろにスマホを取り出してニュースサイトを見たら・・・いつの間にやら美容業界に激震が走っていたようです。

去年の夏に特定商取引法違反で9ヵ月の業務停止命令を受けていた脱毛サロン「エタラビ」ですが・・・動きがあったようで!?


美容業界に激震。「エタラビ」経営元が破産手続き開始

東京地裁へ自己破産を申請し、つい先日の4月5日に、破産手続き開始決定を受けたそうです。
エステ関連業者の倒産としては、過去2番目の大規模となるとの事。

去年8月、大手脱毛サロン「エターナル・ラビリンス」の経営会社「株式会社グロワール・ブリエ東京」に特定商取引法違反で業務停止命令が出された・・・のは、記憶に新しい所ですが・・・

全国に約100店舗展開し、20~30第前半の女性をメインターゲットとした会員数は約9万人。
エタラビを利用していた女性もいらっしゃるのではないでしょうか?

簡単まとめ!今回のエタラビ破産騒動

破産管財人(エタラビ)のホームページに顧客への情報開示でお知らせが掲載されていたので、見てみました。
難しい言葉が書かれていると、よく解らない・・・という事で、簡単にまとめてみました!

【1】株式会社グロワール・ブリエ東京(エタラビ経営元)、及び、子会社のミスプレミアム株式会社(ラットタット経営元)の、破産手続開始が決定

【2】2社は、ミュゼから支援を受けるなどして事業継続に検討したが、事業継続は不可能であるとの判断に至った

【3】株式会社グロワール・ブリエ東京、ミスプレミアム株式会社と契約している会員は、今後、美容脱毛サービスを受けられない

【4】上記2社と契約している会員で脱毛継続を希望する場合は、一般社団法人日本エステティック経営者会による優遇措置が受けられる(ただし、会員にも一定の負担が生じる可能性あり)
一般社団法人日本エステティック経営者会公式サイトにアナウンス有

【5】上記2社の破産財団は乏しく、一般破産債権に該当する会員の「前払金返還請求債権」や「解約金返還請求債権」に対する配当可能性は現時点では極めて厳しい状態
※簡単に言うと、契約金が返ってくる可能性は低いという事

【6】エタラビ会員・ラットタット会員へは、被害を軽減するための措置である 一般社団法人日本エステティック経営者会の優遇措置の利用を推奨している

【7】上記2社の各店舗(エタラビとラットタット)については、既にミュゼが運営しているけど、本件に関する問い合わせは対応できない

【8】ミュゼと契約している会員は、これまで通りサービスを受けられる(2社の破産手続開始決定の影響は一切なし)


東京商工リサーチの調査によると、エステティック業の倒産は2014年の30件、2015年の43件、2016年の51件と右肩上がりに増えているそう。
こういうニュースを見ると、より慎重なサロン選びが必要になってくると実感させられてしまいますね。

自分でよく下調べをして理解を深めることは勿論ですが、調べるにも基準が解らなかったり中々困ることも事実。
そこで、役に立ちそうなコンテンツをご紹介!貴女の脱毛サロン選びの参考なれば幸いです。

脱毛おすすめコンテンツ、最新キャンペーン情報

最新版脱毛サロンキャンペーンまとめ