みなさんは、もう脱毛を始めていますか?
まだ始めていない方でこれから検討される方は、今回のページは必見です!

脱毛と一言でいっても、脱毛方法は店舗によって様々です。
また、サロンやクリニックでよく使われている脱毛器、自宅で脱毛が出来るといった家庭用脱毛器では、
効果・料金・手間・痛みなどなど、全てが異なります。

自分にはどんな脱毛方法が合っているのか、それぞれ比較してみましたのでこれから脱毛方法選びに、
ぜひ参考にしてみましょ~!

サロン、クリニックでよく使われている脱毛器紹介

脱毛器ってなんだろう? 脱毛したことがない人にとって、脱毛サロンやクリニックは未知の世界。
そもそも、脱毛サロンやクリニックでは一体、どんな脱毛器が使われているか知っていますか?

「脱毛器」とはいっても、海外から輸入してきたものから日本で生産されたものまで数多くの脱毛器があります。

中でもよく使われている脱毛器があり、下記は、脱毛器・脱毛方法はどういったものを採用しているのかなど、
サロンとクリニックそれぞれの脱毛器について解説しています。

サロンでよく使われている脱毛器とは
脱毛サロンで行う脱毛は、ほぼ全サロンが光脱毛器を採用しています。

光脱毛はフラッシュ脱毛とも呼ばれており、脱毛器から照射される光を熱としてダメージに変えて、ムダ毛を作り出す毛根に効いていく仕組みになっています。

最近の脱毛サロンで使われている光脱毛器は「IPL脱毛器」「S.S.C脱毛器」「ルネッサンス脱毛器」
などがよく使われているそうです。

●IPL脱毛器
時間のイメージ 医療レーザーに似ていますが医療レーザーよりも出力を弱いのが特徴。
毛に含まれるメラニン色素に反応する光を利用し、毛根そのものにダメージを与えることで脱毛効果を出します。

元はシミ・ガンなどの治療として発明されたものが脱毛でも使われていて、日本で初めての光脱毛方法です。

肌へのダメージや、施術中の痛みが少ないということで、非常に高い人気があります。
また、広範囲にわたる脱毛ケアができるので、施術そのものにかかる時間も短時間で終了することができます。

●S.S.C脱毛器
肌と女性 ジェルの上から光をあて、安定した光照射とジェルに含まれる美容成分によって高い効果をもたらす脱毛方法です。
肌表面へ直接のダメージが少なく、美肌効果のあるジェルを使用するため、肌にも優しくムダ毛処理ができます。

抑毛ジェルを塗って、上から光を照射して皮膚の中へ浸透させるので、肌に優しい面では「S.S.C脱毛」ということになります。
なるべくなら肌に負担がかからない脱毛をしていきたいところですね!

●ルネッサンス脱毛器
安心と信頼 ルネッサンスは、日本人女性の肌データや毛質をもとに日本の高技術で設計され、製作された純国産の脱毛器です。
製造・メンテナンス・検品まで一貫して日本国内で行っているので、安心感や信頼性があります。
1ショットが連続して行われるのが特徴で、その分の施術時間が短縮!
さらに、女性の手の平にフィットするハンドピースなので持ちやすく、小回りが必要とされる施術に適したデザインとなっています。

クリニックでよく使われている脱毛器とは

お医者さんと脱毛 クリニックでは、医療機関でのみ使用が認められる医療レーザー脱毛器を使用しています。

レーザー脱毛の光線は波長の長さによって決まった色や物質に作用します。
その性質とは、色の濃いもの(青、赤、黒)に感知して、その部分にのみ集中的に熱を加え組織を破壊します。

これを「選択的光熱治療」といいます。

ホクロ・シミ・ソバカスなどのレーザー治療も、この「選択的光熱治療」の方法で傷も残らないキレイな肌にすることができるのです。

レーザー光線を照射すると皮膚の下の黒い毛(毛根)に熱が吸収され、毛が伝導体となって毛包全体に熱が伝わる仕組みです。
やがてその熱が周囲に広がり毛球部である毛母細胞を破壊されると、毛が生えてこなくなる!というものなのです。

医療レーザーは大きく分けて3つほどあります。
最近では光脱毛やレーザー脱毛の技術がドンドン進化しているため、脱毛サロンと同じような光脱毛器を導入しているクリニックもありますが、大手クリニックでは王道とされる医療レーザー脱毛器3種が採用されています。

●ダイオードレーザー
痛みが少なく、ある程度のうぶ毛まで脱毛が可能
現在よく使用されていると聞く「アレキサンドライトレーザー」より痛くないのが特徴です。
サイノシェア社、ルミナス社などの機械があり、アリシアクリニックの全身脱毛はこの「ダイオードレーザー方式」の「ライトシェアデュエット」という肌への負担が少ない機種での脱毛をしています。

「ライトシェアデュエット」はハンドピースが大きいものも取り付けが可能。
また、家庭用脱毛機のトリアなども、この「ダイオードーレーザー方式」を採用しています。

●アレキサンドライトレーザー
1997年以来、日本に導入され広く使われていた「アレキサンドライトレーザー」は「ダイオードレーザー」より痛みを強く感じるといわれています。
焼却装置という機能がついているため、脱毛の際ジェルの塗布をしないのが特徴です。
その分の施術時間は短縮されかなりスピーディー
キャンデラ社のものが日本では一番よく使用されているそうです。

●ロングパルスヤグレーザー
男性の脱毛に最適とされ、肌の色などを選ばないレーザーが「ロングパルスヤグレーザー」です。
光線が「アレキサンドライトレーザー」や「ダイオードレーザー」よりも深くまで行きわたるのが特徴で、男性のヒゲ脱毛にもよく使われます。
脱毛に不向きとされる肌が黒めの方でも脱毛できるのが特徴です。

「ロングパルスヤグレーザー」は脱毛だけではなく、毛細血管拡張症などの治療にも使われています。
レーザーフェイシャルにも対応でき、ハンドピースさえ変えれば様々な治療ができる複合機として使用されています。

人気脱毛サロンの脱毛方法比較

ミュゼの詳細

ミュゼ

キャンペーン価格 キャンペーン部位 脱毛効果 痛みのなさ サロンの雰囲気
500円 両ワキ、Vライン+選べる20か所のうち3ヶ所 ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★★
脱毛方法:S.S.C.方式(Smooth Skin Control方式)の美容脱毛方法を採用。
ジェルの上から光をあて、安定した光とジェルに含まれる成分で肌を痛めず高効果をもたらす方法とされています。
トリートメントにはミュゼ独自開発の「プラセンタエキス配合ミルクローション」を使用しているので、
美肌効果も期待できちゃいます。
銀座カラーの詳細

銀座カラー

キャンペーン価格 キャンペーン部位 脱毛効果 痛みのなさ サロンの雰囲気
月額制:6,200円(税抜) 全身脱毛 ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆
脱毛方法:IPL(インテンス・パルス・ライト)脱毛は、光のパワーがムダ毛に直接作用する脱毛方法です。
毛に含まれるメラニン色素に反応する光を利用したIPL脱毛は、毛根そのものにダメージを与えることで脱毛を促進。
従来のレーザー脱毛と異なり、肌にやさしいと評価の高い脱毛方法です。
シースリーの詳細

シースリー

キャンペーン価格 キャンペーン部位 脱毛効果 痛みのなさ サロンの雰囲気
月額5,800円 全身53パーツ ★★★★☆ ★★★★★ ★★★★☆
脱毛方法:ルネッサンス脱毛という超高性能脱毛の国産マシンを使用しており、シースリー全店に導入しています。
最近登場した「ルネッサンスGTR」という脱毛マシンは、超高速脱毛が最大の特徴
時間のかかる全身脱毛が最短45分で終わってしまうという夢のような機械。
1秒につき10連射を可能にした「ルネッサンスGTR」は、まだ首都圏店舗のみの取り扱いとなっているようで、
これから続々とシースリー全店に導入されるようです。

医療脱毛クリニックの脱毛方法比較

アリシアクリニックの詳細

アリシアクリニック

キャンペーン価格 キャンペーン部位 脱毛効果 痛みのなさ サロンの雰囲気
月額9,500円
(2ヵ分0円!)
全身(VIO付き) ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆
脱毛方法:ダイオードレーザー方式の「ライトシェア デュエット」という脱毛器を採用。
レーザーの中で最も痛みを感じにくく、肌への負担が少ないと人気の脱毛方法です。
さらに、吸引システム(皮膚を吸い上げながら伸ばして広げる仕組み)があることで、毛包だけにムダなくレーザーを照射することが可能となり、ほぼ「無痛」という脱毛を実現しています。
サロン・クリニックで使われている脱毛器のメリットや効果
IPL脱毛器 ルネッサンス
脱毛器
ライトシェア
デュエット
脱毛方式 IPL ルネッサンス ダイオードレーザー
導入サロン
クリニック
銀座カラー シースリー アリシアクリニック
痛み 痛くない 痛くない レーザー脱毛の中では痛くない
施術時間 早い 早い 早い
脱毛効果
の評価
★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★★
自宅で出来る!家庭用脱毛器とは?

家庭用脱毛器」でネット検索してみると、大手メーカー発売しているものや、これどこの会社が作ってるんだろう・・・?といった怪しいものまで、実にたくさんの種類の家庭用脱毛器がヒットします。

その家庭用脱毛器は、大きく分けて2種類あります。

フラッシュ フラッシュ型
連続照射のフラッシュライトによって脱毛をしていく方法です。
日本では一般的な脱毛方法で、毛根と肌を判別して毛根そのものにダメージを与えます。
ということは肌にも優しいので、日本人女性の敏感肌×毛質にも相性が良いということになります。


レーザー レーザー型
レーザーでムダ毛の毛根から除去する脱毛方法です。
クリニック等の医療機関でも使用されているレーザー脱毛で、その効果は大!
レーザー型はもともと海外で人気が沸騰したのがキッカケで、日本でも人気に火がついた脱毛器と言えます。

自宅で出来る最近人気の脱毛器!

先ほども、家庭用脱毛器はたくさんの種類があると説明しましたが、中でも利用者が多くて人気の
家庭用脱毛器について調べてみました。
今回は有名な3つのメーカーの脱毛器をご紹介!

脱毛器 料金 脱毛タイプ 特徴
ケノン
ケノン
98,000円 フラッシュ 照射面積が業界一広く、短時間で脱毛処理が終えられます!
10段階レベル調節が可能で自分のペースで脱毛が出来ます。
音も静かで、時間を気にせず脱毛出来るのも嬉しいポイント。
小回りがきく分、眉毛などの細部脱毛もできちゃいます!
トリア
トリア
54,800円 レーザー レーザー脱毛なので、脱毛効果が高いのが最大の特徴。
コンパクトサイズで普段や旅行時の持ち運びに便利。
購入から30日間であればどんな理由に関わらず返品可能!
センスエピ
センスエピ
39,800円 フラッシュ 料金が圧倒的に安いので人気となっています。
家庭用脱毛器は安くても50,000円以上がほとんど。
そんな中で、この値段は破格です!
多くの女性誌で紹介され、愛用者が多く実績もあります。
(美STORY、an・an、VoCE、bea’s up)
色黒さんでも大丈夫な肌色センサー機能搭載!(特許申請中)

フラッシュ脱毛タイプと、レーザー脱毛タイプがあり、料金も様々です。
特徴もこだわっているポイントがメーカーによって違うので、比較してみると良いでしょう。

【画像参照】
ケノン:公式サイトより(http://xn--rckyc9e.jp/)
トリア:公式サイトより(http://www.triabeauty.co.jp/)
センスエピ:公式サイトより(http://www.sensepil.jp/)

自宅で出来る脱毛器のメリット、デメリット

自宅でも家庭用脱毛器で脱毛ができてしまうし、脱毛サロンに行かなくても脱毛できちゃうじゃん!
と思う方もいるかもしれません。
確かに使い方も簡単だし、何よりも脱毛サロンに通わなくて済むし、良いな~と思いますよね!
しかし、家庭用脱毛器にはメリットもあればデメリットもあります。

どういったメリット・デメリットがあるのかを確認してみましょう

家庭用脱毛器のメリット
・予約を入れる手間も無く、マイペースに脱毛できる
・アンダーヘアのように脱毛サロンでは恥ずかしい部分も大丈夫
・サロンに通うよりも、トータル価格を安く抑えられる
・いつでも自宅で気軽に脱毛ができるので、予約の必要がない
・使い続ければ、半永久的な脱毛ができる
・家族とシェアすることができる
家庭用脱毛器のデメリット
・製品によってはカートリッジ(消耗品)に費用がかかる
・照射面積や機能の問題で、サロンに通うよりも時間がかかる
・自分では見えない&手の届かない箇所の処理が難しい(背中、襟足)
・全て自己責任なので、脱毛時のトラブルは自分でケアしなくてはならない
・自分で思っていたよりも使用頻度が低く、もったいない思いをすることも
・うぶ毛の処理はできない

上記に記載したメリット・デメリットを見ていただくとわかるように、いくら値段が安いからといって家庭用脱毛器で処理をしても、結果的に脱毛サロンやクリニックに通っていたほうが良かったのでは・・・
と思う方もいることでしょう。

ここで脱毛サロン・クリニック・家庭用脱毛器の3つの脱毛法でメリットや効果を比較してみました。
これからサロン・クリニックに通う派になるのか、自宅でセルフ脱毛派になるのか、じっくり検討してみてください。

サロン
サロン
クリニック
クリニック
ケノン
ケノン
トリア
トリア
センスエピ
センスエピ
脱毛方式 フラッシュ レーザー フラッシュ レーザー フラッシュ
照射出力 クリニックより弱い 強い 家庭用の中では強い 普通 普通
連射 あり あり あり なし あり
痛み ほとんどなし 少し感じることも ほとんどなし ほとんどなし ほとんどなし
部位別料金
ワキ 100円
※キャンペーン
15,000円
(1年:6回)
98,000円 54,800円 39,800円
両ヒジ上下 25,000円
(1年:6回)
80,000円
(1年:6回)
ヒザ下 25,000円
(1年:6回)
90,000円
(1年:6回)
全身 200,000円
(1年:6回)
280,000円
(1年:6回)

今回は、大きく分けて3つの脱毛方法についてご紹介しましたが、結局のところ家庭用脱毛器がいいのか?
脱毛サロンがいいのか?クリニックがいいのか?どこが良いのかというのは一概には言えず…。

個人によって生活スタイルは変わりますし、最終的にはご自身の希望に合うか、メリット・デメリットなどを見て「これだ!」と思うものを選ぶのが良さそうですね。