抑毛なら、美肌からムダ毛処理まで幅広く効果あり!

ムダ毛の処理の方法は、大きく分けて「脱毛」「除毛」「抑毛」の3つに分かれます。

抑毛は、毛の成長を抑制して毛を細く目立たなくする処理方法です。
その為、脱毛や除毛などと比べて即効性は有りません。
毛根に抑毛効果のある成分が働きかけて徐々に効果を発揮する為、継続性が重要になります。

「毛」についての基礎知識を学ぼう

毛は、男性ホルモンの影響が強いほど濃く・太く・多くなるとされています。
逆に、女性ホルモン「エストロゲン」には無駄毛の成長を抑制する働きがあります。

●女性ホルモン「エストロゲン」とは?

エストロゲンの分泌量

女性が母として妊娠出産をするために働く黄体ホルモン・プロゲステロンと周期的に優位を交代させながら、月経をはじめとした女性の健康をコントロールしているホルモンです。

エストロゲンは、月経直後から排卵をピークに約1~2週間優位になります。
女性を美しくさせるホルモンとも言われ、ボディラインや肌をキレイにする働きがあり、頭髪を除く体毛の抑毛効果もあります。

しかしエストロゲンは、一生の内にティースプーンで1杯ほどしか分泌されないのだそう。

代表的な抑毛成分「イソフラボン」

一生でティースプーン1杯って、毛を薄くするとか無理ゲーじゃない?・・・と思った方もいると思います。

ご安心ください!!
エストロゲンに代わる同等の効果が期待できる成分が、貴女の身近に既にあります!

それは、豆類に多く含まれている「イソフラボン」という成分です。

使う度に肌が白く透明感が出るイソフラボン

代表的な抑毛成分である「イソフラボン」は、女性ホルモン「エストロゲン」とよく似た働きをするそうです。
なお、化学合成したエストロゲンを直接取り込むと、発がん性が高くなるそうです。
イソフラボンにはその心配はない為、安心して成分入りの抑毛アイテムを使用することができます!

さらに、使う度に肌が白く透明感がでてくるので、黒ずみや色素沈着にとても有効です。

直接大豆製品を飲んだり肌に塗っても、効果が出るの?

直接大豆製品を摂取した効果があるの? ここまで記事を書いていて、「豆乳とかを飲んだり、直接塗ったら抑毛効果はどうなの?」と不思議に思ったのですが・・・

製品に含まれている『イソフラボン』が、加熱やビタミンCの作用による活性化で発生する『活性化大豆イソフラボン』となり、これが抑毛効果を発揮するようです。
その為、大豆製品を直接摂取しても、抑毛効果が出ない可能性が高いです!

市販の豆乳ローションも、全てではないですが脱毛効果がないものもあります。
抑毛効果を期待して市販の豆乳ローションを購入する場合は、よく成分を確認してから購入しましょう。

イソフラボン以外にもあります!抑毛成分を一挙ご紹介

前述したイソフラボンは勿論のこと、他にも抑毛効果のある成分があります。
代表的な成分を一覧にしてみましたので、チェックしてみてくださいね。

●代表的な抑毛成分

・イソフラボン
抑毛の代表的な成分。
抑毛効果の他に、ヒアルロン酸の生産を促進させる効果による美肌効果があります。
サポニンと併せて使うと、より効果的。

・パパイヤ果実エキス
パパイヤの酵素にはたんぱく質を溶かす効果があり、古くなってしまった角質を溶かしてくれる効果が期待できます。

・ラレアディバリカタ葉エキス
抑毛効果でもとくに有能な成分で、毛を生成させるのに必要な細胞が増えるのを抑えてくれます。

●プラスアルファで使うと良い成分

・サポニン
大豆に含まれる苦み成分。
皮脂を溶かして毛穴をきれいにする働きがあるので、イソフラボンが毛穴に浸透しやすくなります。
イソフラボンと併せて使うと効果的。

・ブロメライン
パイナップル酵素の一つで、毛母のタンパク質を破壊して毛が育つのを抑え、さらに抗炎症作用があります。
ヒアルロン酸の生産を促進させる効果もあり、美肌効果も。

・パパイン
パイナップル酵素の一つで、角質やたんぱく質を分解するピーリング効果が期待できます。
ヒアルロン酸の生産を促進させる効果もあり、美肌効果も。

自宅で作れる「抑毛」ローションと有効に使うポイント

自宅で作れる「抑毛」ローション お店やインターネットでも購入できる抑毛アイテムですが、なんと!
自宅で作れるそうです。料理のついでに作ってみてはいかがでしょう?

ここでは、自宅で作れる抑毛ローションをご紹介しますね。
豆乳ローションとパイナップル豆乳ローションの2種類をご紹介しますが、少しずつ材料や工程が違うので、お好きな方を選んで是非チャレンジしてみてください。

●材料

手作り豆乳ローション

  • 無調整豆乳:200ml
  • レモン:1/2個
  • 消毒用エタノール:20ml(脂性肌は多めに、乾燥肌は少なめに)

手作りパイナップル豆乳ローション

  • 無調整豆乳:500ml
  • レモン:2個
  • パイナップルの芯:1個分
  • にがり:大さじ2

●作り方

①豆乳を加熱する

  • 小鍋に入れ、弱火でかき混ぜながら温める(※直加熱の場合)
  • 耐熱用の容器に豆乳を入れて5分程加熱する(※レンジ加熱の場合)

温度が上がり過ぎると有効成分が壊れるので、膜(湯葉)が出来ないように気を付けましょう。
膜ができていたら、取り除きましょう。
加熱した豆乳が、60度~70度になっていたらOKです。

②③材料を混ぜる
※手作り豆乳ローションの場合

②加熱した豆乳に、絞ったレモン汁とエタノールを入れる
③かき混ぜて5分ほど放置(中身が分離していくので、冷めるのを待ちましょう)

②③材料を混ぜる
※手作りパイナップル豆乳ローションの場合

②加熱した豆乳に、絞ったレモン汁を入れてかき混ぜて5分ほど放置
③パイナップルの芯とにがりをミキサーにかけて、②と混ぜる

にがりがフルーツ酸の効果を活性化させ、お肌を保護してくれます。

④作った③をこして、液体を抽出する

ざるに、コットンタオルやキッチンペーパーを重ねて、作った③を流し入れましょう。
それを絞って、液体を取り出します。
※残った豆乳かすは使わないので捨ててOK

⑤④で作った液体を小分け容器に移して、粗熱が取れたら冷蔵庫で保存する

※冷蔵で1カ月、冷凍で半年程度保存が可能です
※冷凍の場合は、使用する際に冷蔵庫内で徐々に解凍しましょう

●作った抑毛ローションを有効に使うポイント

①朝・晩各1回ずつが基本的な塗り方
特に、お風呂あがりで毛穴が開いているときに使うと効果的です。

②ムダ毛処理後に塗る
前もって毛は伸ばしておき(毛根を育てる為)、塗る前に剃るようにします。
※剃るのは初回だけでOK
※既に生えているムダ毛が変化するわけではなく、抑毛ローション使用後に生えるムダ毛が変化する為

③尿素入り製品を併用しない
豆乳には、『ウレアーゼ』という尿素を分解してアンモニアにする酵素が含まれています。
豆乳ローション使用後には、尿素入り製品を塗らないようにしましょう。

④肌の異常、ベタつきやにおいが気になる場合は、洗い流す
化粧水と同じ感覚で使用するので、基本使った後は洗い流さないです。
肌に異常がある場合も、使用を控えるようにしましょう。

手作りが面倒な貴女におすすめ!ムダ毛対策化粧水サラサリス

自宅で手作りなんて面倒!時間がない!そんな忙しい社会人もいると思います。
そこで、ムダ毛対策化粧水『サラサリス』をご紹介します。

ムダ毛対策化粧水「サラサリス」

サラサリスは、自宅で手軽にをコンセプトに、通わなくて解決するムダ毛ケア商品として開発されました。

脱毛サロンの普及が一般化してきた昨今ですが、「時間がない」「通うのが面倒」「他人に処理して貰う恥ずかしさ」「高額な施術代」などの理由から、自己処理で済ませる女性が未だに多いのも周知の事実。
しかし同時に、自己処理による肌トラブルに悩む女性も増えています。

サラサリスは、ムダ毛ケアと同時にお肌のトータルケアもしてくれる化粧水
ムダ毛ケア多種保湿成分美肌サポート毛穴サポート肌バリア機能サポートなど、全ての女性にとって嬉しい効果が詰まっています。
無添加にこだわった成分配合なのも、おすすめポイントです。

実際に効果は実感できるのは、人の毛が生え変わる周期である3ヵ月が目安。
スプレータイプの化粧水で、毎日のお手入れに最適!
全身の気になる所に使えるので、手軽に利用しながらサラスベ肌になっていくのを実感出来ちゃいます!

イソフラボンの抑毛効果は、実は女性の50%にしか効かない!?

ここまで、イソフラボンの抑毛効果について書いてきたのですが・・・
どうやらこのイソフラボン・・・効果範囲が限定的と言う疑惑が・・・?!

抑毛には色々な対応の商品があり、含まれる成分もそれぞれなので、自分の体質にあった成分のアイテムを使う事が鍵になってきます。
代表的な抑毛成分のイソフラボンですが、『実は女性の50%にしか効かない』と言う調査結果があります。

●ポイントは、『ダイゼイン』から『エクオール』に変化させる腸内細菌を持っているか

イソフラボンに含まれている『ダイゼイン』という成分が、腸内細菌によって『エクオール』に変化することによって、大豆の健康効果を効率的に得られます。
※ダイゼインのまま吸収するよりもエクオールに変化した方が、より女性ホルモンに似た働きをする
日本女性医学学会(旧:日本更年期医学会)の研究より)

ところが、『エクオール』は人によっては作れない場合があります。

エクオール変換可能比率

日本人でも50~60%、欧米人では20~30%の人しか、ダイゼインからエクオールに変化させる腸内細菌を持っていないとされているらしいです・・・。
さらに日本の若い世代でも、食生活の欧米化などの影響下から、比率が欧米並みに下がってきているのです。

=現状、日本人の2人に1人は【エクオールを生み出せない】ということになります!

積極的に大豆イソフラボンを摂取してきたのに効果が実感できないという人は、エクオールを作るための腸内細菌を持っていないという可能性があるかも・・・?
抑毛にこだわっていないのであれば、別の自己処理や脱毛サロン・クリニックでの処置を検討してみてもいいかもしれませんね。

手っ取り早く脱毛したい!オススメの脱毛サロン・クリニック

ミュゼ

ミュゼの詳細
総合評価 口コミ満足度 無料
カウンセリング
予約の
取りやすさ
無理な勧誘
★★★★★ ★★★★★ あり なし

脱毛サロンで選ぶなら価格やお手入れスピード、人気度を総合してもダントツ!
毎月お得な脱毛キャンペーンを開催しているので、キャンペーンを活用してお手頃価格でつるすべ肌を手に入れよう!

アリシアクリニック

アリシアクリニックの詳細
総合評価 口コミ満足度 無料
カウンセリング
予約の
取りやすさ
無理な勧誘
★★★★ ★★★★★ あり なし

医療脱毛で脱毛を考えているなら、アリシアクリニックがおすすめ!
脱毛サロンと比較すると値段が高い医療脱毛ですが、通う回数や効果の早さが全然違うので、脱毛サロンに通うよりお得に済む場合も!
まずは無料カウンセリングで、あなたの肌質や毛質のチェックをしてみましょう!

最新版脱毛サロンキャンペーンまとめ