自粛中も脱毛できる!人気急上中の簡単に使える家庭用脱毛器

カミソリや毛抜きでのムダ毛処理は卒業したいけど、脱毛サロンやクリニックの脱毛は価格も高いし通うのが面倒…。
そんな方にぜひおすすめしたいのが、家庭用脱毛器です。

最近の家庭用脱毛器は性能がアップしており、高い脱毛効果が期待できます。
このページでは、SNSや口コミでも効果が高いと評判のおすすめ家庭用脱毛器5選をご紹介します。

その他、家庭用脱毛器の種類や日常でも出来る脱毛効果アップの食品や美容グッズ、脱毛ケア方法なども紹介します。

自宅でケア出来る家庭用脱毛器の種類

家庭用脱毛器 脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは本格的な脱毛が出来るものの、毛が生えてこなくなるまで定期的に通う必要があります。
料金も高額になるため、出来れば自宅で簡単・低価格で脱毛したいと思う方も多いのではないでしょうか。

そんな中で今、人気があるのが家庭用脱毛器です。
家庭用脱毛器は大きく分けて「レーザー方式」「フラッシュ方式」「サーミコン方式」「超音波」の4種類があります。

家庭用脱毛器を購入するときには、それぞれのメリット・デメリットを理解した上で自分に合ったものを選びましょう。
それぞれの脱毛器の特徴やメリット・デメリットをご紹介しますので、脱毛器を購入する際には参考にしてください。

レーザー式の家庭用脱毛器とは

レーザー脱毛は医療脱毛クリニックで採用されている脱毛方式です。
黒いメラニン色素に反応するレーザー光を照射することにで毛を成長させる毛母細胞を破壊します。

レーザー方式は、医療レーザーのパワーを抑えて誰でも使えるように改良したものです。
医療レーザーをベースに開発された家庭用脱毛器だけに、レーザー方式はフラッシュ方式やサーミコン方式と比べると高い脱毛効果があります。
即効性が期待でき、ワキ毛やVライン、男性のヒゲなどの濃い毛でも脱毛可能
剛毛で悩んでいる人でも、しっかり脱毛できるはずです。

ただ効果が高いだけに痛みも強く出ます
慣れるまでは、出力を下げて無理のない範囲で脱毛するといいでしょう。
また照射範囲が直径約1㎝と狭いため、広い範囲の脱毛はやや手間がかかるということも覚えておきましょう。

フラッシュ式の家庭用脱毛器とは

フラッシュ方式の家庭用脱毛器は、メラニン色素に反応する光を照射して脱毛するという点ではレーザー方式と同様です。

レーザー方式と比べると出力は弱いものの、女性のムダ毛であれば問題なく脱毛できます。
家庭用脱毛器で現在主流となっているのは、フラッシュ方式だといえるでしょう。

フラッシュ方式の良い点は痛みが強くないということで、痛みに弱い人でもストレスなく脱毛できます。
さらに肌への負担も軽くなるため、肌が敏感な人でも安心です。
照射範囲が広く、短時間で脱毛を終えられるのも嬉しいですね。

その一方で、濃い毛にはなかなか効果が出ないというデメリットもあります。
腕や足の脱毛はスムーズですが、部位によっては何度も根気良く脱毛する必要があります。

特に毛が濃い人にとっては、やや悩ましい点だといえるかもしれません。

サーミコン式の家庭用脱毛器とは

サーミコン方式の家庭用脱毛器はレーザー方式やフラッシュ方式とは大きく異なり、熱線を使ってムダ毛を焼き切ることでムダ毛を処理します。

肌に垂直に当てて滑らせるだけでムダ毛を瞬時にカットすることができ、カミソリや毛抜きでの処理よりもずっとキレイな仕上がりになります。

なお熱線部分が肌に直接触れることはないため、肌への刺激がほぼないのが大きなメリットです。
熱線でカットするため毛先が丸くなり、チクチクしないのもサーミコン方式の特徴だといえるでしょう。

ただしサーミコン方式は実質的には脱毛ではありません
脱毛効果を期待するのであれば、レーザー方式やフラッシュ方式の方が向いているといえるでしょう。

また使用方法そのものは簡単なものの、上手に使いこなすには少々コツが要ります。
初めのうちはなかなか上手にムダ毛の処理ができないかもしれません。

超音波の家庭用脱毛器とは

超音波方式の家庭用脱毛器は、ムダ毛1本1本に超音波で振動を与えることで脱毛します。

先端がピンセットのような形になっており、それでムダ毛を挟んで振動を与えます。
毛根や周囲の組織にむかって、1秒間に何万回もの振動を与えます。
振動を与える事で毛根の組織を破壊し、毛が抜けるという仕組みになっています。

レーザーやフラッシュのように熱処理をしない方法のため、肌への負担は少なく痛みもほとんど感じません
あまり毛が長すぎると、超音波が毛根まで伝わらない事もあるため、超音波脱毛器は短毛処理におすすめです。

あごやワキに1本、2本ひょっこり生えたピンポイントムダ毛の処理にも便利です。
一度処理すると2、3週間はムダ毛が生えてきません。

基本情報
種類 レーザー フラッシュ サーミコン 超音波
特徴 毛根部に光を与えてる。医療機関でも使用 光を照射し毛根部にダメージを与える 熱線を使用し肌表面のムダ毛を焦がし無くす 毛根や周辺組織に超音波を与え、組織を破壊
痛み かなり痛い 部位によって痛い 部位によって痛い チクッとする程度
肌へのダメージ 赤み・かゆみが出る事もある
脱毛効果
効果が出るまでの時間 効果が高く時間も早い 効果は高いが時間が掛かる 除毛効果がメイン 2.3週間はムダ毛が生えてこない
照射面積 やや狭い 広い やや狭い 狭い(1本ずつ)
難易度 普通 簡単 簡単 やや難しい

家庭用脱毛器のメリットとデメリット

家庭用脱毛器で脱毛ができるなら、脱毛サロンや医療脱毛クリニックに行かなくても良いじゃないか!
と思う方もいるかもしれません。

確かに家庭用脱毛器なら自宅で自分の好きなタイミングで脱毛できるし使い方も簡単です。
しかし家庭用脱毛器にはメリットもあればデメリットもあります。
どういったメリット・デメリットがあるのかを確認してみましょう

家庭用脱毛器のメリット

・予約を入れる手間も無く、マイペースに脱毛できる
・アンダーヘアのように脱毛サロンでは恥ずかしい部分も大丈夫
・サロンに通うよりも、トータル価格を安く抑えられる
・いつでも自宅で気軽に脱毛ができるので、予約の必要がない
・使い続ければ、半永久的な脱毛ができる
・家族とシェアすることができる

家庭用脱毛器のデメリット

・製品によってはカートリッジ(消耗品)に費用がかかる
・照射面積や機能の問題で、サロンに通うよりも時間がかかる
・自分では見えない&手の届かない箇所の処理が難しい(背中、襟足)
・全て自己責任なので、脱毛時のトラブルは自分でケアしなくてはならない
・自分で思っていたよりも使用頻度が低く、もったいない思いをすることもある
・うぶ毛の処理はできない機器が多い

家庭用脱毛器は脱毛サロンや医療脱毛クリニックと比較すると、どうしても効果の高さや肌へのケア、安全面などで劣る点が多いです。

専門スタッフが揃っている環境下で、脱毛だけでなくお肌のケアも考えられた施術法で、脱毛するなら費用はかさんでも脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通った方が良いです。

どちらかというと、家庭用脱毛器は脱毛サロンや医療脱毛クリニックで処理しきれなかった残り毛や、1本、2本変なところに生え続ける濃い毛、プランの中に含まれていない部分の個所を自分で脱毛するなどの目的で使用するのが良いでしょう。

ムダ毛にさよなら!おすすめ家庭用脱毛器5選

近年では様々なメーカーからたくさんの家庭用脱毛器が販売されているため、どれが良いか迷ってしまう方も多いはず。

そこで、ここではおすすめの脱毛器とその特徴についてまとめました。
ぜひじっくりと比較検討してみてくださいね。

おすすめ家庭用脱毛器① ミュゼ

S.S.C. EPI PHOTO SKIN CARE PRO(ミュゼより) MUSEE(ミュゼ)より

脱毛サロンとして有名なミュゼプラチナムから、2019年に「S.S.C. EPI PHOTO SKIN CARE PRO(エスエスシーエピフォトスキンケアプロ)」が新発売。

最大の特徴は、ムダ毛ケアと美肌ケアの両方を行えるということ。
脱毛するときには肌のダメージが気になりがちですが、ミュゼの家庭用脱毛器ならより美しい肌を目指せます。

「ムダ毛ケアモード」と「フォトスキンケアモード」の2つが用意されており、ムダ毛ケアモードではミュゼが独自開発した「S.S.C. エピフォト スキンケア プロ ローション」(別売)を肌に塗布した後にライトを当ててムダ毛を処理します。

安定した光とミストの効果によって、優しくスピーディーに脱毛できます。
ボディの脱毛はもちろんのこと、フェイス脱毛にも使えるのが嬉しいですね。

フォトスキンケアモードでは、光が肌の奥の角質層にアプローチしてキメのある肌へと導きます。
美肌に適した波長の光によって、潤いたっぷりのつやつや肌になります。
美肌を研究し続けたミュゼの家庭用脱毛器だからこその機能だといえるでしょう。

なおミュゼではアフターケア用の美容液として「S.S.C. エピフォト スキンケア プロ FD セラム E」や「S.S.C. エピフォト スキンケア プロ FD セラム C」も販売しています。
ミュゼの家庭用脱毛器は肌への負担が軽いのが特徴ですが、しっかりとアフターケアをすることでさらに艶のある肌になれますよ。

おすすめ家庭用脱毛器② ケノン

ケノン公式より ケノン公式より

家庭用脱毛器の定番中の定番といえば、ケノンです。
ケノンの脱毛器はこれまで数々の脱毛器ランキングで1位を獲得しており、楽天市場脱毛器ランキングでもトップを走り続けています。

そして、2019年にはそんなケノンから最新バージョンの「スーパープレミアムCT」が販売開始されました。
ケノンの家庭用脱毛器の特徴は、カートリッジが4個搭載されているということ。これが高性能の脱毛を可能にしています。

長寿命で照射回数が多いのも特徴で、レベル1であれば300万発まで打てます。
最大出力のレベル10で脱毛をした場合でも、50万発打つことが可能です。

スーパープレミアムカートリッジが付属しているのも嬉しいポイントで、自分でほぼ全身を脱毛できるので独り暮らしでも問題なく使えます。
使い方は簡単で、脱毛したい部位の毛を沿ってからよく冷やし、付属のゴーグルをかけて光を照射するだけ。終わった後は、照射した部位をもう一度冷やしましょう。

これを2週間に1度行うだけで、ムダ毛のないツルスベ肌にどんどん近づいていきます。
ポジティブな口コミの多いケノンの脱毛器ですが、最新バージョンのプレミアムCTでは従来品に比べて出力が120%と大幅にアップしました。
口コミ以上の効果が期待できるといえるのではないでしょうか。

おすすめ家庭用脱毛器③ トリア

トリア公式より トリア公式より

トリアの家庭用脱毛器は、米国FDAに認可を受けた唯一のレーザー方式です。
太く濃い毛もしっかりと脱毛することができ、毛根から抜くことができるため肌のすべすべ感をしっかりキープできます。

その効果の高さから97%という高い満足度を誇っており、全世界でのシリーズ売り上げは500万台を突破しています。
トリアの脱毛器には「トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X」「トリア・パーソナルレーザー脱毛器プレシジョン」の2種類があり、トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xは腕や足、お腹周りなどの広い場所の脱毛に適しています。

照射レベルは5段階で調整でき、液晶では照射回数が確認できます。
それに対し、トリア・パーソナルレーザー脱毛器プレシジョンは口周りやワキ、Vライン、指先などの細かい部位の脱毛に向いており、照射レベルは3段階調整です。
なお、どちらも商品の顔の鼻から上の部分とIライン・Oラインには使用できません。

保証やサポートが充実しているのも大きなポイントで、商品に満足できなかった場合には30日以内であれば返品可能です。
また2年保証が付いているため万が一の場合には無償で対応してもらえます。

おすすめ家庭用脱毛器④ ヤーマン(YA-MAN)レイボーテ Rフラッシュ ダブル

ヤーマン(YA-MAN)レイボーテ Rフラッシュ ダブル Amazonより

ヤーマン(YA-MAN)レイボーテ Rフラッシュ ダブルは、メンズでも使える家庭用脱毛器です。
照射口の面積が広く、肌に当てて滑らせるだけでハイパワーフラッシュが高速連射されます。

全身のムダ毛ケアがなんと、最短約3分で完了するという驚きの早さです。
肌の色に合わせ、適正な出力レベルを自動で判別するオートモードが付いているので、毛が濃く痛みが強い箇所は自動的に光の強さを弱めてくれます。
肌にやさしく、かつ効率的にムダ毛ケアが行えるという人気の商品になっています。

また、ローラ―モードを使用している時、専用のアプリを使うとアプリと連動し、脱毛の部位によってヘッドの交換タイミングをお知らせしてくれる便利な機能も付いています。

おすすめ家庭用脱毛器⑤ 脱毛ラボより

脱毛ラボホームエディション(脱毛ラボより) 脱毛ラボより

脱毛エステとして有名な脱毛ラボが販売している家庭用脱毛器が「脱毛ラボホームエディション」です。
脱毛ラボは、全59店舗を展開する大手の脱毛エステ。
実績は34万人以上で、脱毛ラボで開発されたというだけで信頼性と説得力がありますね。

その最大の特徴はサロン級のパワーの強さで、波長570nm~1200nmの出力が可能です。
これは従来の家庭用脱毛器よりもはるかに強く、しっかりと脱毛効果を実感できるといえるでしょう。
それでいて、肌が敏感な顔にも使用可能です。

さらに痛みを抑える冷却クーリング機能も搭載されており、脱毛しながら肌を冷やします。
これによって照射時の痛みが軽減されるのはもちろんのこと、脱毛による赤みも即座に沈静させることができます。

照射パワーは5段階で設定することができ、肌が弱い人でも肌の状態に合わせて調整しながら使用できるので安心です。
そして、軽くてコンパクトなため持ち運びにも便利。
バッグに入れておけば、出かけ先でもサッと脱毛できます。
海外対応のプラグなので、夏の旅行では大活躍するのではないでしょうか。

身体の中からアプローチ!脱毛効果がある食品・飲み物

脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通う、家庭用脱毛器を使っての脱毛ですが、日ごろから行うケアによっても脱毛効果を高める方法もあります。

例えば数ある食品や飲み物の中には、脱毛効果を得られるものがあるということはご存じでしょうか?

それらを摂取したからと言ってムダ毛がゼロになるわけではありませんが、脱毛にプラスして内側からのアプローチを行えば、さらにキレイな肌を目指すことも可能です。
ぜひ日々の食生活に取り入れてみてください。

大豆製品(抑毛効果があると言われている)

大豆製品に含まれているイソフラボンは体内で女性ホルモンの一種であるエストロゲンと近い働きをするため、大豆製品には抑毛効果があると考えられています

納豆や豆乳などを積極的に摂取するようにすれば、脱毛はもちろんのことダイエットや健康にも効果的なので一石三鳥ですね。

ほうれん草(GI値が低い食品の代表)

GI値が低い食べ物にも抑毛効果があるといわれています。
これはGI値が低い食べ物を食べると血糖値の上昇が緩やかになり、男性ホルモンの分泌と関連するインスリンの量が抑えられるためです。

そして、GI値が低い食べ物の代表がほうれん草です。
お浸しにしたりみそ汁に入れたりして、献立に取り入れてみてください。

白湯(冷え性におすすめ)

身体を冷やして代謝が下がると、結果として女性ホルモンの分泌量の減少につながってしまいます。
これを防ぐためには、白湯が効果的。

また、しょうが湯やゆず茶などもおすすめです。 冷え性の人は特に意識したいところですね。

脱毛&美肌に効果が期待できる美容グッズ

ドラッグストアやネットサイトなどでは、脱毛と美肌の両方に効果が期待できる美容グッズが販売されています。

ムダ毛ケアは大切だけれど、美肌も譲れないところ。
いろいろな商品を試して、自分の肌に合うものを探してみてはいかがでしょうか。

美肌効果にもバツグン!脱毛にも効果的な豆乳ローション

全身美肌! 大豆製品に抑毛効果が期待できるのと同じ理由で、豆乳ローションもムダ毛対策におすすめです。

豆乳をメインにした豆乳ローションも脱毛に効果的とされています。
さらにターンオーバーを整えてくれるため、つやつやの美肌を目指せます。

豆乳ローションは購入することもできますが、自宅で手作りすることもでき、ローションを肌に塗るだけなので、簡単にケアすることができます。

プラセンタ配合!脱毛サロンミュゼのミルクローション

ミュゼのミルクローション 脱毛サロンミュゼでは、サロンでも私用している「ミルクローション」を店舗で販売しています。

プラセンタが配合されているのでお肌にも優しく、敏感肌の方や乾燥肌の方でも使うことが出来ます。

当サイト管理人も実際にミュゼのミルクローションを自宅で使っているのですが、ローションの伸びが良くベタつき感もないのにとっても潤うのですごくお気に入りです。

私も乾燥肌なので、今まではボディローションを塗っていても、特に冬は肌がかゆくなってしまっていたのですが、ミュゼのミルクローションを使うようになってからはかゆくなることもなくなったので、それもお気に入りの理由のひとつです。

ムダ毛に限らず自己処理で肌ダメージを与えてきた素肌にも、いたわりのケアグッズとなるでしょう。

身体や顔、デリケートゾーンにも使用できるので、全身美肌ケアする目的としても有効です。

自宅で脱毛したい!すぐに効果が出る脱毛テープ

脱毛テープ 脱毛サロンや医療脱毛クリニック、家庭用脱毛器を購入するなど、脱毛にかかる費用の負担が大きいという人は、自宅で出来る脱毛テープといった商品もあります。

文字通りテープでムダ毛を抜くものですが、毛抜きで一本ずつ処理するよりも早く、そして綺麗にムダ毛を抜くことができます。
手間や時間を掛けずにムダ毛処理をしたい人には最適でしょう。

ただ、脱毛テープやカミソリをつかった自己処理は肌への負担が大きく、より濃い毛を生やす原因となってしまったり、肌がかぶれる・荒れるなどの症状が出てしまう場合があります。

それから脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通っても、毛が太く濃い状態ですと回数がかさんでしまい、最初に予定していたよりも料金が掛かる可能性もあります。
当サイト管理人は、脱毛サロンに通ってから家庭用脱毛器を使っていますが、まずサロンやクリニックに通うお金がない!という人は最初に家庭用脱毛器を買ってみるのも良いでしょう。

自宅で行うムダ毛処理は家庭用脱毛器を使い、少しずつお金を貯めて目標金額がたまったら、脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通ってみるのも良いでしょう。

家庭用脱毛器なら「通う」必要も無く、最初の購入金額だけでずっと使用することが出来ます。
仕上がりが良いだけではなく、カミソリや毛抜きと比べて肌へのダメージが少ないのも嬉しいところです。

家庭用脱毛器を利用することで、ムダ毛知らずのすべすべ美肌を目指せます。
ぜひこの記事を参考に、家庭用脱毛器でのムダ毛ケアを始めてみてください!