妊娠中や産後は基本、脱毛サロンや医療脱毛クリニックで脱毛の施術を行う事ができません。

果たしてそれはどうしてでしょうか? 妊娠中や産後に脱毛出来ない理由や、産後いつから脱毛サロンや医療脱毛クリニックで脱毛して良いか、当サイト管理人が脱毛サロンのスタッフに聞いた内容を紹介します。

妊娠中はホルモンの影響で体毛が濃くなることも

妊娠中はホルモンの影響で体毛が濃くなったりすることがあるようで、ちょっとしたことがとても気になり、脱毛をしたいと思う妊婦さんが増えています。

しかし、妊娠中から産後の女性でも脱毛施術を受けてもいいのでしょうか
脱毛するのは皮膚だからと言っても、多少なり身体に関わることなので疑問に思います。

そこで!
よくよく調べたら、妊娠中から産後までの脱毛情報がわかってきたので、ご紹介します。

妊娠中の脱毛

妊婦 妊娠中はホルモン代謝の関係で、体調を崩す人が多くいます。
妊娠すると、つわりや体質の変化があったり、今までとは違った生活を送るようになります。

多くの脱毛サロンでは、ホームページやカウンセリング時などでも妊娠中の施術は受けられないことが伝えられます。
通っている期間中に妊娠が発覚した場合は「産後の体調が落ち着いてから再開しましょう」とすすめられます。

その理由として、妊娠中は脱毛処理の効果が出にくくなる事があげられます。
妊娠の影響でホルモンバランスが乱れて、体毛が濃くなったり肌のコンディションが整っていない場合だと、光脱毛などの効果が出ない可能性があるそうなのです。

また、妊娠中は肌トラブルが起こりやすくなります。
これもホルモンバランスの影響だと思いますが、脱毛を行った後に何らかの異常が起きた場合のリスクを考えると、脱毛をしない方がいいと考えられるのです。

産後の脱毛はいつから施術して良いの?

産後 産後の脱毛についてですが、出産を済ませたらからといってすぐに脱毛できるわけではありません。

産後しばらくは、ホルモンバランスが乱れた状態が続きます。
サロン側が教えてくれる目安としては「産後、生理が再開したら脱毛しましょう」と言われることが多いようです。

ただ、ホルモンバランスも元の状態に戻ってくると、濃いと感じていた体毛も薄くなり、増えていた産毛も自然に抜け落ちていきます。

妊娠中に気になっていたムダ毛が気にならなくなったという声もあるようなので、焦らずに様子をみてから脱毛をするかどうかを検討した方が良いでしょう。

また、出産後は何かと忙しいものです。
赤ちゃんのお世話はとっても大変で、思うようにエステなどにも通えなくなります。
脱毛をしたいとお考えの方は、妊娠する前に済ませておけるとベストですね!!