脱毛サロンや医療脱毛クリニックで脱毛中の日焼けNGな理由とは?

脱毛前・脱毛中に日焼けがNGな理由とは?

脱毛サロンや医療脱毛クリニックの中には日焼けしていると施術が出来ない場合があります。
もちろん脱毛中も日焼けは厳禁なので日々、日焼け対策を徹底する必要があります。

ここでは、脱毛サロンや医療脱毛クリニックの中でも日焼けがNGと言われる理由や対策方法、もし日焼けした時にすべき対処などをまとめました。

脱毛サロンの光脱毛や医療脱毛クリニックの医療レーザー脱毛は、毛のメラニン色素に反応する仕組みになっています。

そのため日焼けして肌のメラニン色素が増えると、脱毛機器から発せられる光やレーザーが肌にも反応するようになります。

では、光やレーザーが肌に反応すると何が問題なのでしょうか。
ここでは、その理由を1つひとつみていきましょう。

脱毛効果が弱くなり脱毛回数がかさむ

光やレーザーが肌に反応するということは、それだけ毛に反応する照射エネルギーが弱くなるということ。

そのため、日焼けしていないときに比べて脱毛効果が弱くなってしまいます。
さらに多くのサロンやクリニックでは日焼けした肌に対しては出力を弱めて施術するため、日焼けしているときに十分な脱毛効果を得るのは難しいといえるでしょう。

またムダ毛への脱毛効果が弱くなってしまうということは、その分通う回数も増えてしまうため、日焼けをすればするほどお金と時間がかさむことになってしまうでしょう。

脱毛中の痛みが強くなる

日焼けしていると肌が乾燥し、いつも以上にダメージに弱い状態になります。
これは、乾燥すると肌のバリア機能が低下するためです。

敏感になった肌に対して施術を行えば、当然ながら痛みは強くなりますよね。

特に医療レーザー脱毛はただでさえ痛みが強いので要注意だといえます。

痛みが心配な場合は、麻酔などについて相談することをおすすめします。

肌トラブルのリスクが高くなる

日焼けしているときに施術を受けることで、深刻な肌トラブルにつながる可能性もあります。

これは、日焼けしている肌はいつも以上に敏感なことに加え、脱毛機器の光やレーザーが肌のメラニン色素に反応してしまうため。
これが原因でやけどを負うケースもあります。

そのため、日焼けしている時は施術を断られる場合があることを覚えておきましょう。

日常で出来る!おすすめ日焼け対処法

日常で出来る!おすすめ日焼け対処法

脱毛している、今後脱毛を始めるのであれば、徹底した日焼け対策が欠かせません。

夏しか日焼け対策をしないという人もいますが、紫外線は1年中降り注いでいます。

秋や冬でも油断することなく、しっかりと日焼け対策をするようにしてください。

日焼け止めを塗る!ポイントは商品の選び方

日焼け対策として真っ先に思い浮かぶのは、日焼け止めを塗る方法ではないでしょうか。

日焼け止めが欠かせないのはもちろんのことですが、ポイントとなるのは日焼け止めの選び方
正しく日焼け止めを選んで、効果的に日焼け対策をしましょう。

最初にチェックしたいのは、SPFPAです。

SPFとは肌の赤みや炎症の原因となるUVB(紫外線B波)を防げる時間の長さを示した数値。
数値は1~50+まであり、数値が大きいほどUVBをブロックする効果が強くなります。

そして、PAはシミやそばかすの原因になるUVA(紫外線A波)をどのくらい防御できるかを表します。
PAの強さは+~++++で表され、+の数が多いほど効果的に肌をUVAから守れます。

ここで注意したいのはUVAやUVBに対する防御効果が高ければ高いほどいいというわけではないという点です。
なぜなら、効果の高い日焼け止めはそれだけ肌に刺激を与えるため。

日差しが強い日や長時間外出する日だけ強めの日焼け止めを使うなど、ライフスタイルに合わせて上手に使い分けるようにしてください。

また、日焼け止めの使い方も大切なポイントです。
よくビーチの砂浜で日焼け止めを塗っている人を見かけますが、日焼け止めは塗ってすぐに効果が出るものではありません。

日焼け止めを塗るベストタイミングは、外出する20~30分前
出かける時間から逆算して日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。

そして、日焼け止めは2時間ごとを目安に塗りなおしてください。
そうすることで、紫外線をブロックする効果が持続します。

化粧崩れが気になるという場合は、UVカット効果のあるファンデーションを上から重ねるのがおすすめです。

紫外線の強い時間帯は外出を避ける

通学や通勤の時間をずらすことはなかなかできませんが、ショッピングの時間などは自分の都合に合わせて変えることができますよね。

外出するときには、できるだけ紫外線の強い時間帯を避けるようにしましょう。
日焼けは、毎日浴びる紫外線の積み重ね。
このような少しの工夫だけでも、習慣にすれば大きな差になるはずです。

日差しが最も強くなるのは、朝の10時から午後2時までの間です。
この時間帯の放射量は1日の放射量の約60%だといわれているため、冬でも要注意だといえるでしょう。

10時から2時まではできるだけ屋内で過ごすようにし、比較的日差しが弱くなる朝または夕方に外出するようにしてください。

できるだけ日陰を歩くことを意識する

同じ季節、同じ時間帯でも、日向を歩くか日陰を歩くかでは浴びる紫外線の量は段違いです。

日向での放射量は、なんと日陰の2倍
紫外線は地面や建物に当たって反射するため日陰にいても紫外線を浴びることには違いありませんが、その量は大きく減らすことができます。

どうしても日影が見つからないという場合は、できるだけ下を向くようにするといいでしょう。

ちなみに、日陰を歩いたほうがいいのは曇りの日でも同じです。
曇っていると紫外線の量は減るように感じられますが、実際の紫外線の量は晴れの日の80%。

私たちが感じるほど紫外線の量が少ないわけではありません。
天気が悪い日でも、油断せずに日焼け対策をすることを心掛けましょう。

日傘を差す、帽子をかぶる

日傘を差したり帽子をかぶったりするのも、日焼け対策として効果的です。

日傘はポリエステル製だと紫外線カット効果が高く、黒など濃い色だとなお良いでしょう。
また、購入時には紫外線防止加工が施されているかも必ずチェックするようにしましょう。

帽子も、紫外線防止素材を使ったものが効果的です。
そして、重要なのがツバの長さ。

ツバが長い帽子のほうが多くの量の紫外線をカットすることができ、7㎝以上のツバの帽子なら60%の紫外線をカットできるといわれています。

帽子は、コーディネートのアクセントにもなる優秀アイテム。
自分のファッションと合わせながら、楽しく取り入れたいですね。

日焼けをしてしまったときの対処法

日焼けをしてしまったときの対処法

脱毛するなら日焼けしないのが一番ですが、うっかり日焼けすることもあると思います。

そんなときは、焦らずにすぐ対処することが大切。

ここでは、日焼けしてしまったときにするべきことをご紹介します。

冷やして肌をクールダウンさせる

日焼けは、言い換えれば軽いやけどだといえます。
肌が赤い、ヒリヒリするなど症状を落ち着けるため肌を冷やしてクールダウンさせましょう。

日焼けの炎症は時間が経てば経つほど進行するため、少しでも早く対処するのが効果的です。

クールダウンの方法としては、冷たいシャワーを浴びる、水で絞った濡れタオルを当てるなどがあります。
軽い日焼けであれば、これだけでもかなりクールダウンできるはず。
肌のほてりが落ち着くまで、しっかり冷やすようにしてください。

しかし、ひどく日焼けしてしまったときにはシャワーや濡れタオルでは不十分です。
保冷剤をタオルやハンカチなどで包み、日焼けした部分に優しく当てましょう。

このとき、保冷剤を直接当ててしまうと逆に肌への負担が大きくなるので注意してください。

クリームなどを使って十分に保湿する

肌をクールダウンできたら、次は保湿です。
日焼けすると肌の表面が乾燥してカサカサになるため、そのまま放置していると新たな肌トラブルにつながりかねません。

肌のバリア機能を回復させるためにも、しっかりと肌に潤いを与えてあげましょう。

ここで注意したいのは、美白用化粧品は使わないということ
日焼けするとつい美白用化粧品を使いたくなってしまいますが、他の化粧品に比べて肌への刺激が強いため逆効果です。

赤ちゃんでも使えるワセリンなど、肌に優しいもので保湿してください。
もちろん保湿は日焼けの直後だけではなく、毎日継続して行ってくださいね。

どのレベルまでの日焼けなら大丈夫?

どのレベルまでの日焼けなら大丈夫?

脱毛するにあたって気になるのは、どのレベルまでの日焼けであれば施術を受けられるかということなのではないでしょうか。

日焼けといっても、ほんのりと焼けているだけであればそれほど問題はありません。
1カ月ほどは脱毛を休む必要がありますが、その後は予定通りに脱毛することができます。

しかし、日焼けしていない部位との差がはっきり分かるほどに日焼けしてしまった場合は、1カ月休むだけでは不十分です。

最低でも3カ月は施術を行えないと考えたほうがいいでしょう。
ただし施術を長期間休んだからといって脱毛の効果がなくなるわけではないので、その点は安心してください。

脱毛回数から逆算してスケジュールを立ててみよう

脱毛回数から逆算してスケジュールを立ててみよう

海で思い切り楽しむために脱毛をしたい!」という人は多いと思います。
しかし、海へ行ったら当然ながら日焼けしてしまいますよね。

日焼け止めを塗るだけで、日焼けを完全に防ぐことはできません。
このような場合は、海に行きたい日から逆算して脱毛を開始するのがベストです。

例えば5回コースで3カ月おきに施術を受けるなら、トータルで1年と3カ月かかります。
施術を受けた直後に日焼けすると肌トラブルの原因になってしまうので、最低でも1年6カ月前には脱毛を始めたいですね。

脱毛を終わらせる目標を定めておくのは、効率的に脱毛するためにも効果的です。
脱毛は長期間かかるため、どうしてもダラダラして通うのをさぼってしまいがち。

いつまでに終わらせる」という目標があればしっかり時間を作って通おうとするはずです。

ぜひ、自分なりに脱毛スケジュールを立ててみてはいかがでしょうか。

「SHR脱毛」なら日焼けしていてもOK!?

「SHR脱毛」なら日焼けしていてもOK!?

基本的に、日焼けしているときに脱毛することはできません。
しかし、例外として「SHR脱毛」なら日焼けしていても受けることができます。

SHR脱毛は新しい脱毛方法で、従来の脱毛方法とは違いメラニン色素には反応しません。

毛包に弱い熱を繰り返し当てることで脱毛効果を発揮する仕組みのため、肌の色とは関係なく脱毛可能です。
また、肌に優しいというメリットもあります。

中には「日焼けしているけれどすぐに脱毛を始めたい」という人もいると思います。
そのような場合は、SHR脱毛を検討してみるといいかもしれませんね。

日焼けに注意して安全な脱毛を!おすすめ脱毛サロン

日焼けに注意して安全な脱毛を!おすすめ脱毛サロン

トラブルなく脱毛したいのであれば、日焼けは一番といっていいほどの大敵です。
ここでご紹介した方法を参考に、毎日十分に日焼け対策を行うようにしてください。

また日焼けは脱毛するときに問題になるだけではなく、肌荒れなどの原因にもなります。
丁寧に日焼け対策をすることによって、肌そのものもキレイになるはずです!

最後に、日焼け肌でも脱毛出来るサロンや、日焼け対策やケア、日焼けに関する相談に親身に乗ってくれる脱毛サロンをピックアップしました。

日焼けの悩みを相談したい人、自分の肌が脱毛出来るのか知りたい人も、ぜひ一度無料カウンセリングを利用してみてください。

LACOCO

LACOCOの詳細

LACOCO(ラココ)はルミクス脱毛(SHR脱毛)を採用している脱毛サロンで、日焼け肌やほくろの上からでも脱毛が可能です。

料金は少し高めになりますが、LACOCOでは月額支払いにも対応しています。
毛量や毛質を見ながら希望に合った回数や部位を決められるオーダーメイド脱毛が出来るので、予算に合わせて気になる箇所を脱毛することが可能です。

脱毛方式 日焼け肌へ脱毛 通える頻度
ルミクス脱毛(SHR脱毛) 対応可能 月1~2回

ミュゼ

ミュゼの詳細

ミュゼの脱毛方式は、S.S.C.方式(Smooth Skin Control方式)といって、ジェルの上からライトを当てて脱毛するタイプです。

この方法では日焼け肌への脱毛は対応できず、万が一日焼けしてしまった場合は「お休み期間」となり脱毛出来ません。

ただ脱毛しなかった部分(お尻、VIOなど)があればその箇所だけ施術は可能です。

脱毛方式 日焼け肌へ脱毛 通える頻度
S.S.C.
(Smooth Skin Control)方式
対応不可 最短2週間に1度