» » スプレッド最狭水準の0.3銭の取引会社をチェック!

スプレッド最狭水準の0.3銭の取引会社をチェック!
もくじ

FXの取引を行う時に必ずついてまとってくるのが取引をする際に発生するスプレッドです。

名目上の取引手数料はかからないことが大半よね。
しかしスプレッドとしてトレーダーはFXでは会社に手数料を支払っているのです

近年ではFX会社によるスプレッドの値下げが行われています。

今回はその中でも最狭水準となる0.3銭で米ドル/円の取引を行える会社を3社ピックアップして紹介します!

スプレッドの仕組み

そもそもFX取引におけるスプレッドと言うのはなんでしょうか?

スプレッド[Spread]とは直訳で「」という意味がありますとおり、スプレッドとは通貨の売値と買値の差のことです。

FX口座の取引画面を見ると各通貨ペアごとに2つのレートが表示されていますが、その差がスプレッドのことです。

例えばスプレッドが0.5銭の時に1万通貨を買ったとしましょう。
そうすると0.5銭×1万=50円が取引手数料となってFX業者に支払う金額となります。

1円以下の変動を見逃してはいけないFXの世界で考えると50円という手数料は物凄く大きな金額になってしまいます。
この手数料を少なくするためにスプレッドの狭いFX会社を皆さん選んでいるというわけです!

スプレッドで比較

今回紹介するのはDMM FXGMOクリック証券外為どっとコムの3社です。

これらのFX会社では初心者から上級者まで幅広く取引の基本として使われる「米ドル/円」のスプレッドが原則0.3銭の会社です。

まずはこれらの会社と米ドル/円のスプレットがそれぞれ0.5銭、1.0銭の会社のスプレッドの差を比較してみましょう。

スプレッド
会社 DMM.com証券
(DMM FX)
GMOクリック
証券(FXネオ)
外為どっとコム A社 B社
米ドル/円 0.3銭原則固定 0.3銭原則固定 0.3銭原則固定 0.5銭原則固定 1.0銭原則固定
ユーロ/円 0.6銭 0.6銭 0.6銭 0.8銭 2.0銭
豪ドル/円 0.7銭 0.7銭 0.7銭 0.9銭 3.0銭
ポンド/円 1.1銭 1.1銭 1.1銭 1.3銭 3.0銭
NZドル/円 1.5銭 1.5銭 1.6銭 1.7銭 6.0銭
ユーロ/米ドル 0.5pips 0.5pips 0.5pips 0.7pips 1.0pips

米ドル/円のスプレッドが同じ3社は他の通貨ペアでのスプレッドもほとんど同じというのがわかりますね。
また、A社とB社を合わせてみると米ドル/円のスプレッドの差がそのまま他のスプレッドの差にも影響しているのもわかります。

ここで紹介している会社以外にも全体的な数値を比較する前にまずは米ドル/円のスプレッドをチェックしてみて、その会社がどれくらいのスプレッドを提示しているのかを見極めてみるのがいいかもしれませんね。

米ドル/円を0.3銭で取引できる会社

次は米ドル/円のスプレッドが0.3銭のDMM FX、GMOクリック証券、外為どっとコムの3社のその他の数値を比較してみましょう。
スプレッドは同じような幅でしたがそれ以外の点では何か大きな変化があるでしょうか。

会社 DMM.com証券
(DMM FX)
GMOクリック証券
(FXネオ)
外為どっとコム
取引単位 1万通貨単位 1万通貨単位 1,000通貨単位
通貨ペア 20通貨ペア 14通貨ペア 20通貨ペア
レバレッジ 25倍 25倍 25倍
スマホアプリ
デモトレード
サポート 電話、メール、LINE 電話、メール 電話、メール

実際に差を比べてみよう!

実際にスプレッドが狭いと言われてもピンと来ないかもしれません。 ですので実際にどれくらい差がでるのかを検証してみましょう!

比較するのはスプレッド0.3銭で取引を行った場合とスプレッド1.0銭で行った場合。 スプレッド以外の条件は下記を共通して使います!

1回の取引で1万通貨単位
1日の取引は5回
1ヶ月間取引を続けた場合の手数料を計算

スプレッド0.3銭の場合
0.3銭×10,000=30円
30円×5回×31日=4,650円
スプレッド1.0銭の場合
1.0銭×10,000=100円
100円×5回×31日=15,500円
15,500 - 4,650 = 10,850円

なんと1ヶ月間同じ条件で取引を行い続けると1万円以上も差が出ています!

つまりスプレッドを見直すだけで年間10万円以上もお得に取引ができる可能性があるというわけです!

FX会社紹介

いかがでしたでしょうか?デイトレードなど、トレードの頻度が多い人ほど狭いスプレッドというものは恩恵が大きくなります。

まずはスプレッドの狭い会社を選んで、それからその他のスペックを比較して会社を選んでみてはいかがでしょうか?

そうすれば自分にあったFX会社が選べながら、お得に取引ができる会社が自然と選ばれるのではないでしょうか?同じ取引でも一つ一つをお得にしていきましょう!

DMM.com証券
(DMM FX)
スマホアプリやサポートが充実
DMM FXではAndroidでもiPhoneでも利用できるスマートフォンアプリDMM FX Tradeが人気。
簡単操作でチャートの確認から取引、ニュースの確認まで全てがひとつのアプリで可能に!
わからないことが出ればLINEカスタマーサポートを利用して直ぐに回答が手に入る!
当サイト一番人気のFX会社です!
GMOクリック証券
(FXネオ)
独自システムが使いやすい!
独自システムとして「はっちゅう君FXプラス」はスピード注文という独立の注文パネルが標準装備!
チャートや情報を見ながら1クリックで注文決済が完了できるスグレモノ!
非常にわかりやすいパネルで、初心者でもすぐわかる、大人気の機能です。
外為どっとコム 「サブ取引用」
上記2会社と異なった大きな点として1000通貨からの取引が可能!
初めからガッツリと取引をしないでまずは実戦でなれてみようという初心者にも大変人気のFX会社です。
公式サイトにツールの使い方の詳細も詳しく載っており、初心者に使いやすく、わかりやすい内容となっています。
前ページ次ページ

FX業者を項目別で徹底比較!業者比較の関連記事