» » 法人口座を利用するメリットは?

時間を有効活用してプラス10万円稼ぐ方法
このページで分かること

法人口座とは

疑問 FXの口座を開設する時、普段みなさんは「個人口座」で開設を行い、取引をしている方が多いのではないでしょうか?

副業でFXを行なっている方や年間の利益が1,000万円未満である場合は個人口座でも特に問題はありません。

FX専業トレーダーや利益が1,000万円を超えるような方は法人口座を開設してそちらでトレードを行ってみてはいかがでしょうか?

法人口座で開設することでレバレッジや税金など様々な面でメリットが有ります。

まずはそれらを一つ一つ知っていきましょう!

法人化のメリット

法人としてFXを行う際には多くのメリットがあります。

取引に関するメリットや、儲けた金額に対する税金の対策のメリット、赤字を出してしまった時のお得な対応など、様々です。

一つ一つを自分の取引にあっているか、自分の儲け金額でお得になるのかをチェックしながら見ていきましょう!

?レバレッジの幅が広がる
現在、個人口座でFXの取引を行う場合、レバレッジの上限は25倍となっています。

これは2011年8月1日に金商業等府令の改正によって証拠金についての規制が追加されたために出来た制限で、それ以前は50倍や100倍などといった取引を行うことも出来ました。

しかし法人口座ではその規制が入っていないので、レバレッジも通常の25倍から最大400倍までかけられる会社もあります。

海外のFX会社では高レバレッジで取引を行うことも出来ますが、同じ高レバレッジで取引をするのであれば国内の会社で安心して取引を行いたいですよね。

普段の取引でレバレッジを25倍以上かけて取引をしたいと思ったことがない・・・
と思われる方もおられるかもしれませんが、「規制された中で25倍までの取引をおこなう」のと「規制がない中で25倍までの取引をおこなう」のでは大きな差があると思います。

現在「日本」の「個人投資家」だけがこの25倍の中で取引をしている現状です。

世界の投資家達と交流を行なったり、同じ目線で取引や話をしたりするのであれば「規制が外された中での25倍」を行なってみてもいいのではないでしょうか?

少ない資金で大きな取引

実際にレバレッジが大きいとどれくらいの違いがあるのでしょうか?
漠然と最大400倍!と言われてもピンとこないかもしれません。

実際にどれくらいの資金効率が上がるのか具体例を示してみましょう。

1ドル=120円の時に米ドル/円を50,000通貨の取引を行おうとします。
この時に必要な最低保証金は個人口座(レバレッジ25倍)の場合

120×50,000÷25=240,000円

必要となります。

しかし法人口座(レバレッジ400倍)を利用して同じ条件の取引を行う場合、必要な最低保証金は

120×50,000÷400=15,000円

と同額の通貨の運用を行うのにも少額の資金で行うことが一目瞭然ですね。

FXの口座の中に個人の方が預金されている額というのは約20万円〜30万円と言われています。
そうした中で24万円の証拠金が必要というのはたいへん大きな負担になります。

法人口座を開設することによって、そういった口座内の残高の負担を減らす事もできます。

レバレッジ

この時に注意しなくてはいけないのが、ハイレバレッジをかけることによって1Lot単位に必要な証拠金が減り、大量のポジションを持てるようになった時の危険性です。

証拠金が少ないからといって口座金額を目一杯使ってポジションを持つと為替が少し動くだけで簡単に飛んでしまいます。
これはハイレバレッジをかけた時に限らず、どの取引でも起こりうることです。

ハイレバレッジ=危険
と言うのはよく言われていますが本質は、

ハイレバレッジをかけたことで大量のポジションを持てる→資金管理が麻痺=危険。
ということです。

ハイレバレッジで取引する際は特にもしもの時に損失が出ても大丈夫かどうかの資金管理ができていればハイレバレッジを使っても安心して取引を行うことが出来ます。

?損益通算ができる
法人口座で取引するメリットの中でもFXでの損益や利益について、不動産を含む他の事業によるものと一緒に計算することができるのは大きなメリットです。

例えば個人口座であれば『FXで損失が出たが別口で行なっている不動産業で利益が出ている
と言った時に賃貸不動産による利益とFXの損失を相殺することが出来ません

これは個人にとっての賃貸不動産の所得は「不動産所得」であって、FXで生じた所得の「先物取引に関わる雑所得等」とは区分が異なり、通算が認められないからです。

法人口座でFXの取引を行うことで上記のように異なる所得の区分であっても「法人の所得の合計額に対して」課税がされますので損益の通算が可能というわけです。

通算

?損失の繰越期間が長い
個人口座では最大3年間繰越控除をすることが可能ですが、法人口座ではこの期間が最大9年間認められることになります。

例えばある年の損失で100万円、翌年の利益が30万円合った場合には3年間の総延期通算により70万円の損失となるために課税対象をならないことになります。

赤字を出してしまった時に繰越期間はながければ長いほど課税に対して有利に働きますのでこういった細かいリスクヘッジを考えながら運用を行っていくことも大事ですね。

繰越

?節税が行い易い
個人口座で取引をしている場合、大きな利益が出た場合には利益そのものに課税がされます。

しかし、法人口座であればそもそも経費計上の範囲を広げて考えることが可能です。

例えば、通常の会社が行うような家賃の一部を法人の経費にすることも可能になります。

他にも家族を社員やパートにして雇給与を支払えばそれだけでも節税となります。
もちろん給与には所得税がかかりますが、法人税を下回る水準の給与にすれば問題ありません。

また役員報酬によって給与以外の面で経費として支払うことも可能です。
人件費以外にもパソコン関係や備品、消耗品等を経費で支払うことも出来ます。

特にオンライン取引で利用するためにパソコンやインターネットに接続する通信環境が必要になりますがこういったものも経費にすることが可能です。

ただし、家庭用と共用する場合は全額を経費として利用することは出来ず、合理的な数字を算出する必要があります。

法人化のデメリット

ここまでは法人口座を開くことによるメリットを中心にお話を進めました。
しかし、世の中メリットばかりではありません。

メリットしか無いのであれば全員法人口座を開設してそれを利用していますよね?
それでは次に知っておくべき法人口座のデメリットを紹介したいと思います。

?手続きの手間やお金がかかる
法人化を行うにあたっては登記などの手間がかかります。

もちろんすべてを個人で行う必要もなくそういった諸々の手続きを肩代わりしてくれる行政書士や税理士にお願いすることも可能ですが、それらにも当然費用がかかってきます。
例えば株式会社を設立するときには

会社設立に必要なお金(例)
定款承認印紙代 約40,000円
定款承認手数料 約50,000円
登録免許税 約150,000円
合計 約240,000円

とスタートの時点でかなりのお金がかかってしまいます。

これに税理士や行政書士に依頼をするとなるとここからさらに依頼料がかかってきますので、
法人口座を開きたい!→直ぐに開設だ!というわけには行かないので注意しましょう。

?維持費がかかる
個人口座でFXを行なっている場合は特に維持費などはかかりませんが、法人口座で運用するとなると法人であることに対しての維持費というものが色々かかってきます。

例えば地方税の均等割としてたとえ損益が赤字であっても毎年7万円前後の税金を必ず収めなくてはなりません
数年に一度、税務調査が入ったりすることもありますので、そういったものへの対応を行わなければいけません。

また、財務負担として主なものに年に1回の確定申告(中間申告を行う場合は2回)を月に1度の帳簿の記帳です。

確定申告はだれにでも簡単にできるものではなく会計ソフトを買いながら作業を行うにしても簿記の知識が必要で、その勉強のための費用や時間がかかります。

個人でする手間や勉強のための費用を省くとしても税理士に委託するための費用がかかりますので何かしらの費用は必須となります。
毎月行う帳簿に関しては、費用はあまりかかることはありませんがそのために時間を割かなければいけないという点で費用はかかってしまいますね。

?儲けたお金を使いにくい
毎月、決まった金額を役員報酬や給料としての支払いとして受け取る形になるのでFXで儲けたお金をそのまますべて自由に使えるというわけではなくなってしまいます。

FXに関係するものであればメリットのところでも書いたように経費である程度は落とすこともできるのですがそれでも限界はあります。

経費 また、今月は儲かったから役員報酬の金額をあげよう!と思っても、保険事務所への届け出や議事録の作成などが必須となっているために簡単に変更することは出来ません。
あまり頻繁に役員報酬を変更し過ぎると財務省に税金対策の疑いをかけられてしまう可能性もあります。

?やめる時が大変・・・
個人でのFXの取引は「儲からない!FXはやめだー!」といって軽くやめることが出来ますが、法人化してしまうと気軽に辞められるものではありません。

法人化した時と同様に登記や税金、決算など様々な対応を行わなければなりません。
会社をたたむときの手続きは2段階になっており、まずは解散とその確定申告、及び登記を行います。

その後一定の作業が完了しましたら今度は生産とその確定申告、及び登記を行うことになります。

その後会社が無事終了することになります。
始める時以上に手間がかかるのが法人をたたむときの特徴となります。
もちろんこれらも行政書士や税理士に依頼をすることが出来ますが当然のようにお金がかかってしまいますので注意が必要です。

いかがでしたか?
法人口座で取引を行う際には多くのメリットが有るとともに、手続きや初期費用、ランニングコストなど多くの手間(デメリット)がついてきます。

自分自身のトレードの利益を見て、貴方自身にとってより良い講座の開設方法を選んで、損のないFX取引を行いましょう。

こちらもチェック!関連するページ

・FXにかかる税金って何がある?
個人、法人にかかわらずFXの取引を行ってく上でかかる税金などについてまとめてあります。
FXの取引を行う際は必ずチェックしておかないといけない項目なのでこれを機会にあわせて見ておきましょう!

法人口座の開設なら!当サイトおすすめFX会社

GMOクリック証券
(FXネオ)
GMOクリック証券は法人取引を行うとレバレッジは最大200倍での取引が可能となります!
もちろんFXネオだけでなく、くりっく365取引口座も合わせて開設することも出来ます。
当サイト1番人気のFX会社で法人開設をしてみてはいかがでしょうか?
外為どっとコム 外為どっとコムは法人のお客様宛ての新規口座開設までの流れが非常に見やすくわかりやすいです!
初めて法人口座を開設する人に非常にオススメの作りになっています!
レバレッジも最大200倍まで利用することができるのでハイレバレッジで取引したい方にもオススメできます!
外為オンライン 外為オンラインでは初回預入金額が5,000円から法人口座を利用することが出来ます。
レバレッジも安定の200倍まで利用することが出来、他のFX会社との遜色はありません!
個人取引で外為オンラインを選んでいた方は他に乗り換える必要なく引き続き外為オンラインを利用することが出来ます!
DMM.com証券
(DMM FX)
DMM.com証券ではレバレッジは個人取引と同じくレバレッジは最大25倍になりますが、会社としての安定感や実績、信頼は他のFX会社より高いです!
2015年第1四半期にて世界第1位の取引高を獲得しているDMM.com証券で安心した法人取引を行なってはどうでしょうか?
みんなのFX みんなのFXの法人口座はなんといっても他の会社よりも圧倒的に高いレバレッジが魅力。
その倍率はなんと400倍!高いレバレッジだけでなく、法人口座でも1,000通貨単位からの取引が可能なので約500円程度の少額資金でも始められるのも大きな特徴です!
法人口座の魅力であるハイレバレッジを最大限に活かしたみんなのFXで取引してみてはいかがでしょうか!

FXジャンル別ランキング

初心者人気No.1
No1 まったく新しいFX取引
GMOクリック証券
No2 取引ツールが使いやすい
DMM FX
No3 進化した魅力!
外為どっとコム
スプレッドNo.1
No1 ドル/円 0.27銭原則固定
SBI FXトレード
No2 ドル/円 0.3銭原則固定
GMOクリック証券
No3 ドル/円 0.3銭原則固定
DMM FX
取引システムNo.1
No1 年間取引高No,1が物語る
外為オンライン
No2 初心者でも扱いやすい!
DMM FX
No3 Ajaxの取引画面は必見!
みんなのFX
スワップ金利No.1
No1 金利 米ドル円:5円
GMOクリック証券
No2 金利 米ドル円:3円
SBI FXトレード
No3 金利 米ドル円:3円
YJFX!(外貨ex)
口座数No.1
No1
DMM FX
No3 口座数:44万口座突破!
外為どっとコム
No2
外為ジャパンFX
シストレNo.1
No1 圧倒的なストラテジー数!
インヴァスト証券シストレ24
No2 ストラテジーパックが使える
FXプライム byGMO
No3 エコトレFXが使える
ひまわり証券