» » 安心するのは時期尚早?〜今日は世界同時多発テロのメモリアルデーである〜

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
だいまんの本当は教えたくないFX戦略
だいまんが使う
FX会社
取引単位 通貨数 キャッシュ
バック
ドル円 ※
ドル円
ポイント
GMOクリック証券 10,000通貨 19 最大30,000円 0.3銭 独自取引ツール“はっちゅう君”は
スプレッドがたまらない。
※スプレッド=原則固定、信頼度=資本金の額によって評価をしています。

2017.09.11

安心するのは時期尚早?〜今日は世界同時多発テロのメモリアルデーである〜

昨日のマーケット

曜日の海外市場は、一時のドル売りも巻き戻しが優勢。 米7月卸売売上高が予想を下回ったが影響は限定された。

ダドリーNY連銀総裁は、「次の利上げのタイミングを判断するのは早すぎる」、「ハリケーンの影響で第3四半期の成長率は下がるだろう」とハト派的意見を述べたが影響は見えなかった。

ユーロドルは1.2092の高値から1.2018まで売りに押され、ポンドドルは、英指標が強弱入り混じったが、対ユーロでのポンド買いから1.3224まで値を上げ、ユーロポンドは0.9114まで値を下げた。

またドル円は、北朝鮮が9日の建国記念日に合わせて、一段の挑発行動に踏み切るとの懸念で107.32まで下落後、108.08まで反発した。

クロス円では、ユーロ円が129.47まで下落、ポンド円は142.55まで上昇、オージー円が86.67、NZD円が78.21、カナダ円が86.57まで値を下げた。

週末のポジションは、ポンドドルの売りが1.3145、1.3180、1.3200と成約したが、利食いチャンスがなく、1.3190で全て決済したことで、 これが▲0.49円となったが、ドル円の107.80、107.60、107.35の買いを107.95で利食っており、 トータルでは、月間損益が+2.56円、累計が▲0.57円となる。

あと少しでプラス回復だが、まあ慌てずやろう。

2017年9月11日(月)の注目材料はこれだ!
(重要度に分けて★3段階で表示しています)
13:30 (日) 7月第3次産業活動指数 [前月比] (前回0.0% 予想+0.1%)
★★ 21:15 (加) 8月住宅着工件数 (前回22.23万件)
02:00 (米) 3年債入札(240億ドル)
★★★ 国連・北朝鮮制裁決議
★★ 世界同時テロ・メモリアルデー
世界フォーラム・サマーダボス会議

今日の相場見通し

金曜日の相場はリスク回避の展開で終了したが、週末北朝鮮が、何も行動を起こさなかったことで、週初は巻き戻しでスタートしている。

ただ、今夜国連が、原油の輸出制限などの厳しい制裁措置を裁決することで、不透明感は続く。 恐らく中国やロシアが反対すると見られ、その場合大きな問題とはならないが、もし、何か出て来ると、これに対する北朝鮮の報復的な行動も想定される。

何が起きるか未だ不透明で、安心してリスク志向となるかは時期尚早と見ておきたい。 経済指標としては、日本の7月第3次産業活動指数 やカナダの8月住宅着工件数の発表しかなく、材料的には動きづらい。

ただ、本日は世界同時多発テロのメモリアルデーで、こういった日には、何かテロ紛いの事件が、米国で多発するケースがある。 この点も注意して対応したい。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=107.80〜109.00
ユーロドル=1.1950〜1.2050
ポンドドル=1.3050〜1.3200

今日のデイ・トレード戦略

ドル円は、金曜日に107.32まで下落したが、この位置は日足のネック・ラインに位置することなどから、 相当良い位置に調整した感じがある。

下値は107.75-108.10のギャップの下限、107.45-65の窓が支えると強く、こういった位置への調整があれば買い狙い。

上値は108.45-50や108.55-60が抑えると弱く、利食い優先となるが、108.70-80を超えて、108.95-05、109.10-20が視野となるが、抑えると上値追い出来ない。 一定のあく抜けには、109.35-45、109.55-60や109.80-90越えが必要となる。

戦略は、108.10と107.80、107.60で買い注文。ストップは107.30に置く。 ターゲットは70BPとして、売りは109円、109.30に売りを置いて、ストップは109.60として、このターゲットは30BPとする。

ドル円60分足チャート

ドル円60分足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

ユーロドルは、上昇が1.2092まで大も、更なる展開とならず、上値は1.2045-75が抑えると弱い。 1.2092やサイコロジカルな1.2100、1.2105-15の上抜けから1.2135-50の窓、1.2155-65が視野となる。

下値は1.2015-20、1.1990-00の維持では良いが、1.1985-90や1.1965-75を割れると1.1945-55、1.1925-35、1.1900-10、1.1875-90が視野となる。

戦略は1.2055において、ストップは1.2090、ターゲットは50BPとする。 買いは、1.1955、1.1925に置いて、ストップは1.1850に置いて、このターゲットは70BPとしたい。

ユーロドル60分足チャート

ユーロドル60分足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

ポンドドルは、1.3224まで上昇も一旦上値を押さえており、上値は1.3200が再Capすると弱い。

下値は1.3175-85を割れて、1.3150-60、1.3130-40が視野となるが維持では良いが、1.3115-25を割れると、 1.3100前後、1.3085-95を割れると、1.3065-85が視野となるが、一旦買いが入り易い

戦略は、既に1.31876で売っており、このターゲットは1.3160とする。 ストップは1.3225の高値。買いは1.3005、1.2955に置いて、ストップは1.2895に置く。ターゲットは70BPとしたい。

ポンドドル60分足チャート

ポンドドル60分足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

それでは、今夜も「Good Deal!

本日の記事に関連するページ