» » あまりやる気が起きなくなってきた 〜忘れた頃に?〜

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
だいまんの本当は教えたくないFX戦略
だいまんが厳選
おすすめFX会社
取引
単位
通貨
ペア
超豪華!
キャッシュ
バック
ドル円 ※
ドル円
信頼度 ピックアップ!
ひと言メモ
GMOクリック証券 10,000通貨 19 最大30,000円 0.3銭 独自取引ツール“はっちゅう君”は
スプレッドがたまらない。
ヒロセ通商
(LIONFX)
1,000通貨 50 最大56,000円 0.3銭 食品キャンペーンやトレードバトル、取引高に応じたキャッシュバックなど付加価値が高い。
セントラル短資FX 1,000通貨 24 最大20,000円 1銭 元々プロのブローカー会社で、
プライスの信頼性や安定性が高い。
JFX(MATRIX TRADER) 1,000通貨 24 最大10,000円 0.3銭 為替情報やセミナーなども多く開催。社長本人が毎日配信するトレード戦略なども魅力的。
※スプレッド=原則固定、信頼度=資本金の額によって評価をしています。

2017.10.13

あまりやる気が起きなくなってきた 〜忘れた頃に?〜

ポイント 【だいまんオススメ】個人投資家が認めた圧倒的な約定力のFX業者とは?>>

昨日のマーケット

晩の海外市場は、揉み合い気味も、米9月生産者物価指数が、市場予想を上回りドル相場を支えた。

ドル円は112.50から112.13で推移、ユーロドルは、1.1827まで下落、 ポンドドルは、バルニエ英EU離脱・交渉官が「ブレグジットの話し合いは建設的だったが、何も前進はしなかった」と発言したことで、 1.3122まで下落後、「EUが英に対し2年間の離脱移行期間を許すのではないか」という報道を受けて1.3292まで一時上昇した。

クロス円では、ユーロ円が132.79まで下落、ポンド円は、147.29から149.15まで反発、オージー円が87.68から87.99で揉み合い、 NZD円は79.75から80.18まで値を上げ、カナダ円は89.92まで下落後も安値圏でもみ合った。

昨日は、ポジションの成約は無し。
従って、月間損益は+0.03円、累計損益は+3.11円と変わらない。

2017年10月13日(金)の注目材料はこれだ!
(重要度に分けて★3段階で表示しています)
★★★ 未 定 (中) 9月貿易収支 (前回+419.9億USD(+419.2億USD) 予想+380.5億USD)
15:00 (独) 9月消費者物価指数・確報値 [前年比] (前回+1.8% 予想+1.8%)
★★★ 21:30 (米) 9月消費者物価指数 [前月比] (前回+0.4% 予想+0.6%)
★★★ 21:30 (米) 9月消費者物価指数・コア [前月比] (前回+0.2% 予想+0.2%)
★★★ 21:30 (米) 9月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.9% 予想+2.3%)
★★★ 21:30 (米) 9月消費者物価指数・コア [前年比] (前回+1.7% 予想+1.8%)
★★★ 21:30 (米) 9月小売売上高 [前月比] (前回-0.2% 予想+1.4%)
★★★ 21:30 (米) 9月小売売上高・除自動車 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.9%)
★★★ 23:00 (米) 10月ミシガン大消費者信頼感指数・速報 (前回95.1 予想95.3)
★★ 23:00 (米) 8月企業在庫 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.4%)
★★ 23:25 (米) エバンス・シカゴ連銀総裁講演
★★ 00:30 (米) カプラン・ダラス連銀総裁講演
★★★ 02:00 (米) パウエルFRB理事講演
★★ 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(ワシントン)
★★ 国際通貨基金(IMF)・世界銀行春季総会(ワシントン)
★★ 米企業決算:バンク・オブ・アメリカ、ウェルズ・ファーゴ

ポイント 経済指標の発表時でもスプレッドが広がらない!キセキのFX業者をだいまん氏は愛用中!>>

今日の相場見通し

今夜も注目は、米国の経済指標です。
まず中国の貿易収支は、強弱次第だが、最近の中国指標に対する反応は鈍い。

一方米国では、昨日の9月生産者物価指数は、若干のプラスで、影響は少なかったが、 今夜は米経済を見る上で重要な指標が続くので、相場に一定の動きが見えるか注意。

ただ、最近ミシガン大消費者信頼感指数に対する反応は鈍くなっており、注目は9月消費者物価指数や9月小売売上高で、 ハリケーンの影響にも強い数字が出た場合、ドル相場を押し上げる動きとなるのか、失望となるのか注目したい。

また、今夜もFRBの要人発言が続くが、次期議長候補と目されるパウエルFRB理事は、昨日緩やかなペースでの利上げを支持する発言をしており、同様の発言に留まるなら影響は限定される。

その他G20財務相・中央銀行総裁会議や国際通貨基金・世界銀行春季総会などは、 現状金融市場に、朝鮮半島リスク以外、大きな問題点はないので、サプライズが無ければ影響は少ない。

ただ週末、米財務省が四半期の「為替報告書」を発表する可能性があり、恐らく現状、「為替操作国」の認定はないと思うが、 引き続き中国や日本に対して、貿易額の多さから批判が出る可能性には注意。

加えて週末を睨むと、引き続き北朝鮮リスクは意識されるだろう。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=111.60〜113.20
ユーロドル=1.1800〜1.1900

今日のデイ・トレード戦略

ドル円は揉み合いが続いているが、若干煮詰まりも見えるので次の動きには注意しておきたい。

上値は112.4-55が押さえると弱いが、112.55-60を超えると112.65-75、112.80-90を超えて、112.95-05、113.15-20の窓の上限が視野となるが、売りが出易い。 あくまで113.35-45や113.55-75を超えないとあく抜けない。

下値は112.10-20の維持では良いが、111.95-112.10を割れると111.55-80が視野となるが、維持では堅調が続く。リスクは111.45-50割れとなる。

戦略は、大き目の動きがあれば参入する程度。113.00と113.20に売りを置いて、ストップを113.55に置く。

買いは、入らなくとも良いつもりで、111.85と111.65に置いて、ストップは111.45として、利食いは50BPとする。

ドル円60分足チャート

ドル円60分足チャート
いいね! 抜群の操作性、サクサク感が癖になる、高機能取引ツール「プラチナチャート+」
(チャート:GMOクリック証券より)

ユーロドルは、反発も上値もなかなか重い。

下上値は1.1845-70が押さえると弱い。1.1880-90超えて、1.1895-1.1925が視野となるが、売りが出易い。 1.1935-45のギャップの上限や1.1945-55を超えて、更なる上昇期待となる。

一方下値は1.1825-30の維持では強いが、割れると1.1800-20が視野となるが、 維持では堅調も1.1795-00を割れると1.1770-90が視野となるが買いが入り易い。 リスクは1.1755-65割れとなる。

戦略は、昨日とあまり変わらないが、1.1895と1.1925に売りを置いて、 ストップを1.1955に置く。利食いはあまり大きく動いてないので30BPとする。

買いは1.1800、1.1780に置いて、ストップは近めなら1.1750割れだが、一応1.1735に置いて対応する。 利食いはこちらも30BPとしたい。

ユーロドル60分足チャート

ユーロドル60分足チャート
いいね! 上記「プラチナチャート+」以外の注文ツール「はっちゅう君FXプラス」はスピード感がたまらず、だいまん氏も愛用中>>
(チャート:GMOクリック証券より)

それでは、今夜も「Good Deal!

本日の記事に関連するページ

ポイント 低スプレッドは必須条件byだいまん