» » 噂で買って事実売りは、有効か?

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
だいまんの本当は教えたくないFX戦略
だいまんが厳選
おすすめFX会社
取引
単位
通貨
ペア
超豪華!
キャッシュ
バック
ドル円 ※
ドル円
信頼度 ピックアップ!
ひと言メモ
GMOクリック証券 10,000通貨 19 最大30,000円 0.3銭 独自取引ツール“はっちゅう君”は
スプレッドがたまらない。
ヒロセ通商
(LIONFX)
1,000通貨 50 最大56,000円 0.3銭 食品キャンペーンやトレードバトル、取引高に応じたキャッシュバックなど付加価値が高い。
セントラル短資FX 1,000通貨 24 最大20,000円 1銭 元々プロのブローカー会社で、
プライスの信頼性や安定性が高い。
JFX(MATRIX TRADER) 1,000通貨 24 最大10,000円 0.3銭 為替情報やセミナーなども多く開催。社長本人が毎日配信するトレード戦略なども魅力的。
※スプレッド=原則固定、信頼度=資本金の額によって評価をしています。

2017.10.23

噂で買って事実売りは、有効か?

ポイント 【オススメ】だいまんが認めた圧倒的な約定力のFX業者とは?

昨日のマーケット

金曜日の海外市場は、米予算決議案の上院可決を受けて、減税策に対する期待感からNY株が高値を更新、ドルが堅調な推移となった。
ただ、次期FRB議長人事をめぐる憶測が上値を押さえた。

ドル円は113.47から113.06まで売りに押された後、113.57まで高値を更新、ユーロドルが1.1763まで値を下げた一方、対ユーロでの買いが支え、ポンドドルは、1.3201まで強含んだ。

ユーロポンドが0.8924まで売りに押された。

一方クロス円は、総じてリスク回避の展開。

ユーロ円が133.96から133.50に下落。
ポンド円は149.83まで買いが優勢となり、オージー円は88.98から88.60まで値を下げ、NZD円は政局に対する不透明感から79.24から78.93、カナダ円が弱い小売売上高をうけて90.76から89.78まで売りに押された。

ポジションは、ドル円の113.30の売りは、113円で決済できず、113.20で決済。
113.50の売りは、同額でカットした。

またカナダ円の90.60の売りは、89.80が付かず、89.971で決済となった。
従って、月間損益は+1.65円、累計損益は+4.73円となる。

2017年10月23日(月)の注目材料はこれだ!
(重要度に分けて★3段階で表示しています)
★★★ 14:00 (日) 安倍首相・記者会見
★★★ 18:00 (ユーロ圏) 2016年政府債務・対GDP比 (前回+89.2%)
★★★ 19:00 (英) 10月CBI製造業受注指数 (前回+7)
★★★ 21:30 (米) 9月シカゴ連銀全米活動指数 (前回-0.31)
★★★ 21:30 (加) 8月卸売売上高 [前月比] (前回+1.5)
★★★ 23:00 (ユーロ圏) 10月消費者信頼感・速報 (前回-1.2 予想-1.1)
★★★ 第19回中国共産党大会
★★★ 決算発表:(米)キンバリー・クラーク、ハリバートン、(日)安川電機

ポイント 経済指標発表時もスプレッドが狭い!だいまん氏が愛用中のおすすめFX業者

今日の相場見通し

本日は、日本の衆議院選挙の結果を受けて、円売りや日経平均株高が続くか焦点となるが「噂で買って、事実売り」の面もあるので、やはり追いかけるのは厳しいでしょう。

材料としては、安倍総理の記者会見は自公民の圧勝で影響は出ないが、消費増税の引き上げを引き続き示唆したり、景気対策などに言及がなかった場合、失望の動きには注意です。

一方海外市場では、大きな材料はあまりありません。
まず、ユーロ圏2016年政府債務、英10月CBI製造業受注指数 や米9月シカゴ連銀全米活動指数に対する市場の関心度は低く、相場に対する影響は少なそうです。

カナダの卸売売上高は、金曜日の小売売上高が弱かっただけに注目度は高そうですがもし、この結果も弱い内容となるなら12月の利上げ期待に水を差す可能性に注意

また、ユーロ圏10月消費者信頼感の速報は、結果の良否に注目が集まりますが、良好な内容となっても、ユーロ相場を強く動かす要因とはなりづらそうです。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=113.35〜114.30
ユーロドル=1.1740〜1.1840

今日のデイ・トレード戦略

ドル円は、113.95-05を超えて、114.25-30が視野となるが、押さえると上値追い出来ない。

114.45-55を超えて、114.55-75が視野となるが売りが出易い。
114.75-85や114.85-95を超えて、115.00や115.05-15が視野となる。

一方下値は113.75-80から113.55-60のギャップ、113.35-45の維持では強いが、113.25-30や113.05-10を割れると112.75-00、112.50-70が視野となるが、維持では堅調が続く。

戦略としては、114.00、114.25、114.45に売りで、ストップは114.55に置く。

買いは113.55と113.35に置いて、ストップは112.95として、利食いは売りも買いも50BPとする。

ドル円60分足チャート

ドル円60分足チャート
(チャート:GMOクリック証券より)

ユーロドルは、反発が1.1855-65がCapされて再調整。
上値は1.1785-00、1.1805-10が押さえると弱い。

1.1820-30を超えても、1.1835-45が押さえると上値追い出来ない。
1.1855-85を超えて、一定の上昇期待となる。

一方下値は1.1755-65を割れても1.1740-50の維持では堅調が続くが、リスクは1.1725-35や1.1715-20割れで、その場合1.1705-10、1.1680-90が視野となる。

戦略は、1.1810と1.1840に売りを置いて、ストップは1.1880とする。

一方買いは、深めに置いて、1.1710と1.1680に買いを置いて、ストップは1.1645において、対応したい。
利食いは、売りも買いも30BPとする。

ユーロドル4時間足チャート

ユーロドル4時間足チャート
(チャート:GMOクリック証券より)

それでは、今夜も「Good Deal!

本日の記事に関連するページ