» » 堅いのか重いのか? 判断がつかない

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
だいまんの本当は教えたくないFX戦略
だいまんが厳選
おすすめFX会社
取引
単位
通貨
ペア
超豪華!
キャッシュ
バック
ドル円 ※
ドル円
信頼度 ピックアップ!
ひと言メモ
GMOクリック証券 10,000通貨 19 最大30,000円 0.3銭 独自取引ツール“はっちゅう君”は
スプレッドがたまらない。
ヒロセ通商
(LIONFX)
1,000通貨 50 最大56,000円 0.3銭 食品キャンペーンやトレードバトル、取引高に応じたキャッシュバックなど付加価値が高い。
セントラル短資FX 1,000通貨 24 最大20,000円 1銭 元々プロのブローカー会社で、
プライスの信頼性や安定性が高い。
JFX(MATRIX TRADER) 1,000通貨 24 最大10,000円 0.3銭 為替情報やセミナーなども多く開催。社長本人が毎日配信するトレード戦略なども魅力的。
※スプレッド=原則固定、信頼度=資本金の額によって評価をしています。

2017.11. 8

堅いのか重いのか? 判断がつかない

ポイント 【オススメ】だいまんが認めた圧倒的な約定力のFX業者とは?

昨日のマーケット

昨晩の海外市場は、株価に利食いが優勢となったことで、オセアニア・資源国売りや円の巻き戻しが優勢となった。

ドル円はロンドン時間に、トランプ米大統領が、北朝鮮との外交交渉の可能性に言及したことで、114.34まで上昇後113.82まで売りに押され、ユーロドルは1.1554まで下落後1.1590まで反発。
ポンドドルも1.3109まで下落後1.3160まで値を戻した。

一方クロス円では、ユーロ円は132.42から131.85まで売りに押され、ポンド円は150.33から149.55、オージー円が86.94、NZD円が78.53、カナダ円が88.98まで売りに押された。

昨日のポジションは、ドル円の113.95と113.20の売りを、113.906で決済。
ユーロドルの1.1560の買いは1.15795で決済しており、一応トータルは+0.533円。
従って、月間損益は▲0.10、累計損益は+3.36となる。

本日の注目材料はこれだ!
(重要度に分けて★3段階で表示しています)
★★★ 未 定 (中) 10月貿易収支 (前回+284.7億USD(+286.1億USD) 予想+380.0億USD)
★★ 22:15 (加) 10月住宅着工件数 (前回21.71万件(21.73万件))
★★ 22:30 (加) 9月建設許可件数 [前月比] (前回-5.5%)
★★★ 00:30 (米) 週間原油在庫 (前回-243.5万バレル)
03:00 (米) 10年債入札(230億ドル)
★★★ 05:00 (NZ) RBNZオフィシャル・キャッシュレート発表 (現行1.75%)
アジア太平洋経済協力会議(APEC)・閣僚会議(ベトナム・ダナン)

今日の相場見通し

本日の注目はまず、中国の10月貿易収支。
ただ、直近では以前ほど中国指標に対する反応は敏感ではないが、丁度トランプ大統領の中国訪問に合わせて、貿易黒字の増大が懸念として持ち上がると注意。

またトランプ大統領がこの結果を受けて、厳しい発言を続けるとリスク回避志向につながり易い。

海外市場では、材料に薄く、カナダの住宅関連指標は結果次第。
米週間原油在庫は、直近原油価格がサウジのリスク懸念から値を上げているが、ハリケーンの影響が一巡しており、在庫の積み上がりには注意しておきたい。

また、トランプ大統領の韓国国会での演説や訪中に絡めて、北朝鮮が挑発行動に出る可能性には、引き続き留意しておきたいが、何もなければ、揉み合いから逸脱できないのかもしれない。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=113.30〜114.30
NZD円=77.50〜79.00

今日のデイ・トレード戦略

ドル円は上値が重いのか、下値が堅いのか良く分からない相場で揉み合いが続いており、基本レンジのブレイクがあるまでは、逆張りで軽く抜くしかなさそう。
上値は113.95-114.15が押さえると弱い。

114.25-35を超えて、114.35-45、114.55-65が視野となるが押さえると上値追い出来ない。

一方下値は113.45-65の維持では良いが、割れると113.15-40が視野となるが維持では堅調も112.95-00を割れると112.75-85の窓の下限、112.50-70が視野となるが、買いが入り易い。

リスクは112.35-45や112.25-35を割れるケースとなる。

戦略は、売りは113.95、114.15、114.45に売りを指して、ストップは114.70に置く。

このターゲットは70BPとしておくが、もし、113.45-65を割れないなら買い戻しながら対応する。

買いは113円ミドルは避けて、113.30、113.10に買いを入れて、112.95をストップとする。
利食いは50BPとして、あとは任意に対応だが、一応113円割れも期待して、112.80、112.60に買いを指して、ストップは112.25とする。

こちらの利食いは70BPとしたい。

ドル円4時間足チャート

ドル円4時間足チャート
(チャート:GMOクリック証券より)

政策金利の発表を控えたNZD円は、一応発表を前に、買い戻しが入り易く、突っ込み売りは出来ないが、戻りではやれやれの売りが出易そう。

上値は78.70-80が押さえると弱く、超えても79円前後は売りが出易い。
79.15-25を超えて、79.35-40、79.45-50や79.55-65を超えて、80.10-20が視野となる。

一方下値は78.45-55の維持では堅調も、割れると78円、77.65-70、77.45-60が視野となるが、維持では堅調が続くが、リスクは77.25-35割れとなる。

戦略は、79円に売り差し置いて、ストップを79.20前後に置くと騙されそうで、79.40に更に売り上がりを置いて、ストップを79.65としておきたい。

ターゲットは一応70BPとしておきたい。
また買いは77.70に買いを入れて、ストップを77.30とする。

利食いは78.30に置いておく。

NZD円4時間足チャート

NZD円4時間足チャート
(チャート:GMOクリック証券より)

それでは、今夜も「Good Deal!

本日の記事に関連するページ

ポイント 経済指標発表時もスプレッドが狭い!だいまん氏が愛用中のおすすめFX業者