» » やっと落ちたドル円も下げは加速しないだろうね。

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
だいまんの本当は教えたくないFX戦略
だいまんが使う
FX会社
取引単位 通貨数 キャッシュ
バック
ドル円 ※
ドル円
ポイント
GMOクリック証券 10,000通貨 19 最大30,000円 0.3銭 独自取引ツール“はっちゅう君”は
スプレッドがたまらない。
※スプレッド=原則固定、信頼度=資本金の額によって評価をしています。

2018.01.10

やっと落ちたドル円も下げは加速しないだろうね。

昨日のマーケット

昨晩の海外市場は、日銀の超長期国債オペ減額を受けた円買い圧力が継続したが、米10年物国債利回りが2.54%台まで上昇、NY主要株式指数が、史上最高値を更新したことで、円の上値は抑えられえた。

ドル円は112.37まで一時下落、ユーロドルが1.1916、ポンドドルは1.3506まで値を下げた。
一方クロス円では、ユーロ円が134.05、ポンド円が151.95、オージー円が87.87、NZD円が80.57、カナダ円が90.14まで下落した。

昨日のポジションは、ドル円の112.75、112.55の買いが約定も、最初の反発で利食っておらず、その後112.35のビッドが付かず、結局112.65のチャラで決済の一方、ユーロドルの1.1955と1.1935の買いは、利食いが出来ず、1.19332で決済でマイナス。 従って、年初最初の取引は、▲0.25円となった。

ちょっと年初から縁起が悪いなあ。

本日の注目材料はこれだ!
★★ 18:30 (英) 11月鉱工業生産 [前月比] (前回0.0% 予想+0.4%)
★★ 18:30 (英) 11月製造業生産 [前月比] (前回+0.1% 予想+0.3%)
★★ 18:30 (英) 11月貿易収支 (前回-107.81億GBP 予想-110.00億GBP)
★★★ 22:00 (英) 英国立経済研究所GDP見通し (前回+0.5% 予想+0.5%)
★★ 22:30 (加) 11月建設許可件数 [前月比] (前回+3.5%)
★★ 22:30 (米) 12月輸入物価指数 [前月比] (前回+0.7% 予想+0.4%)
★★ 23:00 (米) エバンス・シカゴ連銀総裁「経済見通し発表」
★★ 00:00 (米) 11月卸売売上高 [前月比] (前回+0.7%)
00:00 (米) 11月卸売在庫・確報値 (前回+0.7% 予想+0.4%)
★★★ 00:30 (米) 週間原油在庫 (前回-741.9万バレル)
03:00 (米) 10年物国債入札(200億ドル)
★★ 03:30 (米) ブラード・セントルイス連銀総裁「経済見通し発表」

今日の相場見通し

今日は、材料自体は多いですが、重要な指標の発表はなく、結果で動いても、揉み合い程度見て対応するのが良さそう。
まず英国では、11月鉱工業・製造業生産や国立研究所のGDP見通しの発表に注目となるが、昨年末の英経済指標には、弱めの内容が見えており、リスクは予想を下回る結果となりそう。

一方米国では、12月輸入物価指数、11月卸売売上高や在庫に注目となるが、良い数字でも、関心度は低く、相場に対する影響は限定される見通し。
また、週間原油在庫では、直近在庫の縮小などが原油相場を支えているが、既に需要期入りしていることを考えると、やはりリスクは在庫の増加。
ただ、原油価格が大きく下げることがなければ、株価や為替市場に対する影響は限られるのかもしれない。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=112.25〜113.10
ポンドドル=1.3450〜1.3550

今日のデイ・トレード戦略

ドル円は久々に下げた感じだが、引き続き押し目は買いが入り易そう。
ただ、上値も重く、逆張り戦略となる。

上値は112.75-90が押さえると弱い。
112.95-00を超えて、113.05-15、113.15-25や113.35-40を超えて113.45-60が視野となるが、Capすると上値は追えない。
一方下値は112.45-55の維持では良いが、112.35-40の窓の下限を割れると112.25-30、112.15-25や112.05-10を割れると111.95-05、111.75-95、111.50-60が視野となる。

戦略は、112.85と113.10に売りを指して、ストップは113.40とする。
買いは、112.25、111.90、111.60と買いを指して、ストップは、111.45とする。
利食いは全て50BPとしたい。

ドル円60分足チャート

ドル円60分足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

ポンドドルは、上昇後も1.3614の高値を超えておらず、上値は重そう。
レジスタンスの1.3560-70が押さえると弱い。
1.3585-90や1.3610-20を超えて一定の上昇期待。
一方下値は、1.3490-00の維持では更に下落は拡大しないが、割れると1.3460-70、1.3440-50などが視野となるが、維持では堅調が続くが、リスクは1.3425-30や1.3380-90割れで、その場合1.3345-55が視野となるが、維持では更に突っ込み売りは出来ないが、リスクは1.3325-35や1.3295-05割れとなる。

戦略としては、1.3560、1.3595に売りを指して、ストップは1.3615とする。
利食いは1.3465としたい。
また買いは深目の1.3405、1.3355に指して、ストップは1.3330とする。
買いの利食いは100BPとする。

ポンドドル2時間分足チャート

ポンドドル2時間分足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

それでは、今夜も「Good Deal!

本日の記事に関連するページ