» » ああ、新年早々連敗!!やっぱり、ドル円はロングが溜まってい居たようだ…

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
だいまんの本当は教えたくないFX戦略
だいまんが使う
FX会社
取引単位 通貨数 キャッシュ
バック
ドル円 ※
ドル円
ポイント
GMOクリック証券 10,000通貨 19 最大30,000円 0.3銭 独自取引ツール“はっちゅう君”は
スプレッドがたまらない。
※スプレッド=原則固定、信頼度=資本金の額によって評価をしています。

2018.01.11

ああ、新年早々連敗!!やっぱり、ドル円はロングが溜まってい居たようだ…

昨日のマーケット

昨晩の海外市場は、中国当局者が米国債の購入を一時停止、もしくは購入ペースを減速させることを推奨しているとの報道を受けて、米長期金利が上昇も、為替市場では、株価の調整などもあり、リスク回避的な展開が優勢となった。

ドル円は111.27まで下落、ユーロドルは1.1923から1.2018まで一時反発、ポンドドルは、1.3482まで下落後、予想を上回る英11月の鉱工業生産などもあり1.3562まで一時反発したが、その後売りに押された。
一方クロス円では、ユーロ円が133.10、ポンド円が150.37、オージー円が87.36、NZD円が80.12、カナダ円は、弱い加11月建設許可件数、カナダが米国を世界貿易機関に提訴、トランプ米大統領がNAFTAからの離脱を表明するとの報道で、88.50まで売りに押された。

昨晩のポジションは、ドル円の112.25の買いは、後出しで申し訳ないが、112.293で閉じていたが、111.90と111.60の買いが111.449でストップ・ヒット、一方ポンドドルの1.3560の売りは1.35355で決済して、これは0.273のプラスで、従って、月間損益は、▲0.49円となる。

ああ、新年早々連敗!!

本日の注目材料はこれだ!
18:00 (独) 2017年GDP [前年比] (前回+1.9%)
★★ 19:00 (ユーロ圏) 11月鉱工業生産 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.6%)
★★ 20:00 (南ア) 11月製造業生産 (前回+0.7%)
★★★ 21:30 (ユーロ圏) 欧州中央銀行理事会・議事録公表(12月14日開催分)
★★★ 22:30 (米) 12月生産者物価指数 [前月比] (前回+0.4% 予想+0.2%)
★★★ 22:30 (米) 12月生産者物価指数・コア [前月比] (前回+0.3% 予想+0.2%)
★★★ 22:30 (米) 12月生産者物価指数 [前年比] (前回+3.1% 予想+3.0%)
★★★ 22:30 (米) 12月生産者物価指数・コア [前年比] (前回+2.4% 予想+2.4%)
★★★ 22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回25.0万件 予想24.8万件)
★★ 22:30 (加) 11月新築住宅価格指数 [前月比] (前回+0.1%)
03:00 (米) 30年物国債入札(120億ドル)
04:00 (米) 12月財政収支 [前年同月] (前回-275億ドル)
★★ 05:30 (米) ダドリー米NY連銀総裁「経済見通し発表」
★★★ 06:45 (NZ) 11月住宅建設許可 [前月比] (前回-9.6%)

今日の相場見通し

本日は、材料が多く、一昨日来の荒れた動きが続くか注目となる。

まず、独2017年GDP見通しやユーロ圏11月鉱工業生産に対する反応は鈍いとみるが、ECBの議事録では、ドラギ総裁の慎重な姿勢に比して、内部で早期の金融引き締めを要求するような話が高まっている姿が見えるとユーロ相場の押し上げ要因となりそう。

一方米国では、週末の消費者物価指数を前に、12月生産者物価指数が良好を示すと米長期金利の押し上げ要因となる。
ただ、前月分が予想比で大分強かった印象があり、あまり期待感を持たない方が良さそう。
その他では、今年に入って、FRB要人が、利上げ見通しに関して、いろいろ発言しているが、ダドリーNY連銀総裁は、投票権を持っていることで注目が集まりそうだ。
ただ、同氏は今年辞任する予定であり、影響が出ない可能性もありそうだ。
また翌朝のNZの11月住宅建設許可は、強弱次第で注意だが、早朝の終わり際なので、結果で動いた後に考えるのが無難。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=111.00〜112.00
ユーロ円=132.80〜134.30

今日のデイ・トレード戦略

ドル円は調整が続いているが、想定以上の下落スピートが早く、流石にやり過ぎ感。
一定の戻りを期待して、111円前半は押し目買いからスタートしたい。
ただ、上値は重く利食い優先で、しっかりと反発を待って売り場探し。
売り場は112.00-20ゾーンが押さえると弱く、更に上昇しても112円ミドルから売り場を探したい。
一応下値の111円は、本邦からのビッドがありそうで、ショートは買い戻しで、買い場となるが、注意は110.84の安値割れ。
割れると110円ミドル、110円などが視野となるが、やはり買い場との認識。

戦略は、まず現状111.48で1単位買ってもおり、このストップは111.25に置いて、利食いは111.90とするが、付かなければ早々と止めるかもしれない。
更に111.05、110.75、110.60、110.35、110.15に、順次買いを指して、このストップは109.95と深めに置く。
利食いは80BPとする。
売りは112.50にストップを置いて、112円と112.20に売りを指して、利食いは50BP程度として置く。

ドル円日足チャート

ドル円日足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

ユーロ円は、136.64の高値から133.05まで良く落ちた感じ。
下値には日足の薄い雲が控えており、ここは慎重に押し目買いから入りたい。
ただ、ユーロ円は騙しもあるので、雲の下抜けも想定して、買い下がりの余裕を持って対応が良いだろう。
一方上値はレジスタンスから133.50前後押さえると弱く利食い優先。
超えて134円をしっかりと上抜けないと上昇期待も薄いので、デイでは134円手前も利食いながら対応が良いかもしれない。

戦略は133.30、133.00、132.75に買いを入れて、ストップは132.45とする。
利食いは133.95に入れる。
また売りは134.60をストップに、134.10と134.40に置くが、利食いは50BPで、臨機応変に対応する予定。

ユーロ円日足チャート

ユーロ円日足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

それでは、今夜も「Good Deal!

本日の記事に関連するページ