» » 米長期金利や株価がやばい!リスク・オフに注意!!

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
だいまんの本当は教えたくないFX戦略
だいまんが使う
FX会社
取引単位 通貨数 キャッシュ
バック
ドル円 ※
ドル円
ポイント
GMOクリック証券 10,000通貨 19 最大30,000円 0.3銭 独自取引ツール“はっちゅう君”は
スプレッドがたまらない。
※スプレッド=原則固定、信頼度=資本金の額によって評価をしています。

2018.02. 5

米長期金利や株価がやばい!リスク・オフに注意!!

昨日のマーケット

金曜日の海外市場は、米1月雇用統計が良好な結果を受けて、米長期金利が上昇、ドル買いが優勢となった。
米1月非農業部門雇用者数は、+20万人と市場予想の+18万人を上回り、12月分も上方修正、注目の1月平均時給は前月比で+0.3%と予想通りも、前年比が+2.9%と予想を上回り、前月分が+0.4%に上昇修正された。
また、1月ミシガン大学消費者信頼感指数の確報値や12月製造業受注指数も予想を上回り、ドルをサポートした。

ドル円は110.48まで上昇、ユーロドルが1.2410、ポンドドルが1.4102まで売りに押された。
一方クロス円では、ユーロ円が137.50まで上昇したが、ポンド円は155.43、オージー円が87.24、NZD円が80.38まで値を下げ、カナダ円は原油の下落もあり88.60まで売りに押された。

金曜日のポジションは、まずユーロドルの1.2460の買いが1.2425でストップ、ドル円の109.95と110.30の売りは、成行きで110.188で損切となり、トータルは▲0.476円、従って、月間損益は▲0.02円、累計損益が3.22円となる。

本日の注目材料はこれだ!
★★ 17:50 (仏) 1月サービス業PMI・確報値 (前回59.3)
★★ 17:55 (独) 1月サービス業PMI・確報値 (前回57.0 予想57.0)
★★ 18:00 (ユーロ圏) 1月総合PMI・確報値 (前回58.6 予想58.6)
★★ 18:00 (ユーロ圏) 1月サービス業PMI・確報値 (前回57.6 予想57.6)
★★★ 18:30 (英) 1月サービス業PMI (前回54.2 予想54.0)
★★★ 19:00 (ユーロ圏) 12月小売売上高 [前月比] (前回+1.5% 予想-1.0%)
23:45 (米) 1月マークイット総合PMI・確報値 (前回53.8)
23:45 (米) 1月マークイットサービス業PMI・確報値 (前回53.3)
★★★ 00:00 (米) 1月ISM非製造業景況指数 (前回55.9(56.0) 予想56.5)

今日の相場見通し

今夜の注目としては、まずユーロ圏のサービス業PMIは、確報なので、前回からブレなければ、影響は大きくないが、12月小売売上高などは予想比の変化に注意。
ただ、これでユーロ相場が売られても、押し目では買いが入り易そう。
一方英国のPMIは、1月分の製造業や建設業のPMIは、弱い結果となっており、サービス業も弱い結果となる可能性に注意しておきたい。

また米国では、マークイットPMIは、確報なので影響は少ないが、注目のISMの非製造業景況指数は、製造業が強かったので、期待は良好な結果も、ただ、1月の景況感指数は、寒波の影響などもあり、想定外の弱い内容となるなら若干注意。
ただ、既に大分ドルが売られていることもあり、影響は限定されるかもしれない。

その他では、上昇を強めている米長期金利や先週末大きく下落したNY株式市場の動きにも注意して対応したい。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=109.35〜110.35 オージードル=0.7860〜0.7980

今日のデイ・トレード戦略

ドル円は、強い米雇用統計を受けても、110円ミドルを超えられず、やはり上値は重い。
今日は株価も注意で、やはり慎重に戻り売りから、押し目をしっかりと待って買いも検討したい。

上値は110.25-35が押さえると弱い。
110.40-60を超えて、110.70-80、110.95-05が視野となるが売りが出易い。
一方下値は109.75-85を割れると109.55-75、109.25-50などが視野となるが、維持では良いが、109.15-25を割れると109.05-15、108.95-05、108.75-85が視野となる。

戦略は、既に下落を強めており、売りは手遅れかもしれず、押し目の買いだけ入れておきたい。
まず、109.60と109.35、109.10に買いを入れて、ストップは108.90としておきたい。
利食いは35BP程度と軽くしておく。

ドル円60分足チャート

ドル円60分足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

明日にRBAの政策金利の発表を控えているオージードルは、若干下げ過ぎ感。
政策金利の発表を前にショート・カバーも入り易いそうで、買いから狙ってみたい。

下値は0.7885-95の維持では良いが、割れると0.7835-50、0.7805-10や0.7785-95を割れると0.7750-60、0.7700-20が視野となるが、日足の雲が控え維持では堅調が続く見通し。
一方上値は、0.7925-50が押さえると弱い。
0.7955-65を超えて、0.7985-95、0.7995-00を超えて、0.8010-20が視野となるが、レジスタンスから売りが出易い。

戦略としては、まず0.7905に買いを入れて、この下値はストップを入れず、0.7855、0.7810に買いを入れて、ストップを0.7785とする。
また売りは、0.7995、0.8045に置いて、ストップを0.8140としたい。
利食いは全て50BPとする。

オージードル日足チャート

オージードル日足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

それでは、今夜も「Good Deal!

本日の記事に関連するページ