» » 株のこの呆気らかんとした動きも追いかける危険?

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
だいまんの本当は教えたくないFX戦略
だいまんが使う
FX会社
取引単位 通貨数 キャッシュ
バック
ドル円 ※
ドル円
ポイント
GMOクリック証券 10,000通貨 19 最大30,000円 0.3銭 独自取引ツール“はっちゅう君”は
スプレッドがたまらない。
※スプレッド=原則固定、信頼度=資本金の額によって評価をしています。

2018.02. 7

株のこの呆気らかんとした動きも追いかける危険?

昨日のマーケット

昨晩の海外市場は、株価の乱高下も最終的にNYダウが、600ドル近い反発で終了し、一旦リスク回避の巻き戻しが優勢となった。
米12月貿易収支が予想より悪化したが、影響は小幅に留まった。

ドル円は108.88から109.65まで反発、ユーロドルが一時1.2315、ポンドドルが1.3836まで売りに押された後は、巻き戻しが優勢。
クロス円では、ユーロ円が135.79から134.53、ポンド円が152.87から151.30で上下、オージー円は85.51から86.40まで反発、NZD円が79.37から79.99、カナダ円は86.77から87.60で総じて底堅く推移した。

昨日のポジションは、ドル円の108.60の買いが109.10で成約、売りは109.15を108.971、109.45を109.252で成行き決済した。
またユーロドルの1.2355の買いは、1.2395で成行き、1.2420の売りは、オーダー通り1.2370で決済となった。
動いてくれたので、比較的良かった。
従って、月間損益が+1.84円、累計損益は+5.08円となる。

本日の注目材料はこれだ!
16:00 (独) 12月鉱工業生産 [前月比] (前回+3.4% 予想-0.7%)
★★ 18:00 (ユーロ圏) ラウテンシュレーガーECB理事、ヌイECB銀行監督委員長講演
★★ 20:00 (米) カプラン・ダラス連銀総裁講演
★★★ 22:30 (米) ダドリー米NY連銀総裁講演
★★ 22:30 (加) 12月建設許可件数 [前月比] (前回-7.7%)
★★ 00:15 (米) エバンス・シカゴ連銀総裁講演
★★★ 00:30 (米) 週間原油在庫 (前回+677.6万バレル)
03:00 (米) 10年物国債入札(240億ドル)
★★★ 05:00 (NZ) RBNZオフィシャル・キャッシュレート公表 (現行1.75%)
05:00 (米) 12月消費者信用残高 (前回+279.51億USD 予想+200.00億USD)
★★★ ペンス米副大統領と安倍首相、麻生財務相と会談

今日の相場見通し

株価の乱高下が続いており、今日はあまり重要な指標もなく株価を睨んだ展開が続きそう。
ただその面では、要人発言の機会が多く、特にダドリーNY連銀総裁など講演において、FRBの要人が過度な利上げ見通しに対し、火消し的な発言をする可能性もありそう。
その場合、リスク回避的な動きに巻き戻しが出るのか注目しておきたい。

その他では、カナダの12建設許可件数や週間原油在庫の結果を受けて、カナダドル相場が一定の動きとなるか注目。
また明朝はNZ準備銀行が、政策金利を公表する。
一応据え置きがコンセンサスだが、少なくとも利上げの可能性はない。
そうなると、直近の弱めの経済指標などを考えると利下げがサプライズ、また利下げはなくてもハト派的な声明が出易く、もしかしたらNZドル売りが強まるリスクもあるか注目したい。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=109.00〜110.00
NZDドル=0.7280〜0.7380

今日のデイ・トレード戦略

ドル円はなんだかんだも110.45-50で上値を押され、下値は108.45-50が支えるという結局2円のレンジ。
そうなると109円ミドルを挟んだ展開となりそう。
従って、動いても逆張りだな。

上値は、109.65-70の窓の上限を超えて109.90-110.20が視野となるが、押さえると上値追い出来ない。
上抜けは110.25-35や110.40-50超えとなる。
一方下値は109.30-40の維持では強いが、割れると109.05-10.108.85-95.108.55-75が視野となるが、維持では更に突っ込み売りは出来ない。

ということで戦略は、108.45をストップに109.10、108.90、108.75に買いを入れて、売りは109.90、110.20に売りを置いて、ストップは110.55とする。
利食いは比較的レンジなら鈍い可能性があり、30BPとしたい。

ドル円60分足チャート

ドル円60分足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

NZドルは、政策金利の発表を前に、ショート・カバーが出易いが、サプライズを期待してみたい。
(こういう時は、やられるケースも多いが) 上値は0.7355-65、0.7375-85のレジスタンスが押さえると弱い。
リスクは0.7405-25超えとなる。
下値は、0.7295-05、0.7275-85のサポートの維持では良いが、リスクは0.7265-70や0.7240-50割れとなる。

戦略は、0.7380、0.7400に売りを置いて、ストップは0.7455とする。
利食いは0.7310としておきたい。
ただ、もし、政策金利の発表を前に、利食えるなら、利食いを優先するかも(根性無し!)

NZDドル60分足チャート

NZDドル60分足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

それでは、今夜も「Good Deal!

本日の記事に関連するページ